スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうの昼食@ホームパーティー

昼下がり、友だち夫婦が遊びにきてくれた。
息子は野球の練習でいない。久しぶりに大人だけのホームパーティー。
人数も4人だけだし、気の置けない友だちだったので、和洋ごちゃごちゃに身体に良さそうなものを考える。何しろ、妊婦さんだから。

前菜のテリーヌは、ネット上で見つけたレシピ。カッテージチーズとコンソメを寒天で固めたもの。
彩りのよいお野菜入りで、低カロリー。
大豆のサラダには、ベランダで一番先に新芽を出したアップルミントを入れました。

魚は、ジャガイモを極細く切り、白身魚をそれで包んで、バターでカリッと焼いたもの。塩味が強すぎたのが反省点。
肉は、鶏胸肉とエリンギ、アスパラ、タマネギなど野菜をオーブンで焼いただけ。こちらは、お友達にいただいたお手製の柚胡椒でいただきました。この柚胡椒が、市販のに比べて香りは高いし、本当にさわやかでおいしいの。気持ち的には、肉を食べるための柚胡椒、というより、この柚胡椒をおいしくたべるためにメインディッシュを考えたようなものでした。

飲み終わった後は、ジュンサイのすまし汁(どうも味に安定感がなかった)。
それから、塩昆布と梅干しを炊き込んださっぱり炊き込みご飯。これ、夏ばてした時の我が家の定番ですが、「妊婦さん=酸っぱいものが好きかも……」という安易な連想で、久しぶりに作ってみました。

スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。