スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の動物園

家探しの話は、大家さんが旅行中とかで、返事待ち。
ちょっとイライラ。

というのも、米国 (というか、引っ越し先の州)では、引っ越せばすぐに学校に行ける、というわけではないんですねえ。賃貸契約書がなければ、学校の手続きは進められません。契約書があって初めて、教育委員会に予約を取り、面接を受けたり、予防接種をしたりして、学校の入学許可をもらえるのです。

ちなみに夫の仕事の都合で、車を選びに行くのが今週末日曜日、引っ越しは来週土曜日の27日。となると、できるだけ早く契約だけ済ませて、学校手続きだけでも引っ越し前に済ませてしまいたい、と思っちゃうじゃないですか。

しかし……車がない状態で、いったいどうやって、この車社会の国で教育委員会に行くのだ???
高い買い物するんだから、車のディーラーさんに車を出してもらえないか交渉しようかしらん。
とほほ。

そんなこんなで、またしても少々ブルーな朝。
からりと秋晴れの空を見て、悔し紛れに宣言。

よーし、今日も動物園だっ!

2度目なんですけどね。
こういう日は、難しい歴史物の博物館やら、お勉強ちっくな史料館は絶対にダメ。
できれば屋外。
単純なやつ。
となると、やっぱ、動物でしょー。

さて。動物園は2度目でしたが、今回も収穫は山盛りでした。
まず、パンダ。
アメリカのパンダはとってもアクティブって話は前回書きましたが、今回は非常にアグレッシブな食事風景を見ることができました。

パンダって、笹の葉っぱを一つずつポリポリと食べていくのだと思っていたら、違うのねえ。
ワシントンDCのパンダたちは、大きな笹の木を体中で抱え込んだかと思うと、口を使って葉っぱのついた部分だけを上手にかみ切り、口の端にどんどんと貯めていくの。口いっぱいに葉っぱの束ができたころを見計らって、今度はおもむろにその葉っぱの束を手で上手につかみ、いっぺんにムシャムシャムシャとまとめ食いしていくの。
あれには驚いた。
あんまり見事なので、ぼーっと見とれてしまいました。
上野動物園では、見たことのない光景だったなあ。

さらに今回見事にはまっちゃったのが、無脊椎動物の展示館。
なんと2時間も、観察しちゃった。
タコにエサをやる時間に見に行ったら、そのスタッフのオジサンを息子がすっかり気に入り (いや、息子が気に入ったのはスタッフの方ではなく、『エサやりを見る』という行為のほうだったんだけれど)、そのオジサンに付いて回っちゃったのね。

そしたら、次々に。
コウイカのエサやり。
イソギンチャクのエサやり。
ウニのエサやり……。
ね、シュールでしょ。

オジサンが 「ウニには5枚の歯が裏側についていて……」なんて説明を始めたから、「ああ、知ってる知ってる。よく海岸で拾って、開いて食べたよ」と言ったら、

「おお、君たちはもしかして日本から来たのか? いいなあ、日本は! 南北に細長い国土だから、北の海と南の海と、本当にまったく違うんだよ。ああ、一度行きたいなあ!」
だって。

私の目にはアメリカの国土のほうがよっぽど変化に富んで見えるんだけどなあ。そう言うと、
「でも、日本はあんなに小さい国なのに北と南で全然違うなんてすごいじゃないかっ」と反論された。
うむむ。
海の無脊椎動物を愛する男、って感じでありました。

あとは彼に、
タコのオスメスの見分け方や、交尾風景がいかに美しいか。
ゴキブリがいかに、不思議な昆虫か。
タコがいかに、かしこいか。
イソギンチャクとだって意思疎通ができること。
(ちとオーバーだが)
あれこれ熱く語っていただいたのでした。

そうそう。
発見といえば、もう一つ。
は虫類館の玄関に、タラの木が群生してた。
この季節だから、もちろん芽などでてないけれど、間違いないと思う。
春になったら、タラの芽の天ぷらだっ、と思ったけど、さすがに場所柄、山菜採りは、まずいかしらん……。

とまあ、そんなこんなでたっぷり1日遊びほうけているうちに、不動産仲介のK女史から電話報告。
「すべてうまくいってます。大家さんに、息子さんの学校の事情を話したら、旅行から帰る前に契約書だけ交わしてくれるそうです」

なんとなんと。
あさって、いよいよ賃貸契約書を交わすことになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そーなんだ。

うち、誰も教育委員会なんて行ってないよ。。。。。
学校に書類出しただけだし、その時点で引越しも予防注射もしてなかったし。。。。イリノイがいいかげんなのか、うちの学校だけがそうなのかは不明です。
海を愛する男の気持ちはよく伝わったが、ご○○○の話だけが余計だと思うのでありました。

豪快なパンダ!

家や学校が決まりそうでよかったね!

うーみゅ、豪快なパンダの食事!
私もみたーい!!

どこか私も行きたいなぁ~!
日本(東京)も今日は良い天気だし。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。