スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職します。

突然ですが、仕事を辞めることにしました。
8月下旬、夫に米国ワシントンDC赴任の命が下り、さてどうしたものか、と。
会社では、休職は1年しか認められないし。
家族は、やっぱり一緒にいたい、と思うし。
あれこれ、あれこれ、あれこれと、かなり迷った末の結論が、
「いったん仕事を辞めて、家族みんなで渡米しよう」でした。

折しも、国の次世代育成法を背景に、社内に再雇用制度ができたばかり。子育てを理由にした退職の場合、あれこれかなり制限はあるものの、再雇用してもらえる、という制度です。
3年とか3年半とか先の帰国後、また、毎日新聞社にお世話になるかどうかは、その時になってみないと分からない気がします。
でも、今思うのは、私はこの仕事も、この会社の仲間も、本当に好きだったんだなあ、ということ。

夫の海外赴任の可能性は、もう随分と前から分かっていたことで、私自身も随分と長い時間をかけて出した結論です。
だから、いざ、具体的な退職の日取りが決まった後も、心の平静を保ったまま、淡々と退職に向けた日々を送れるだろう、と予想していたのですが……。

驚きました。
とんでもない!

いざ退職手続きが始まると、やはり無性に寂しいんですよね。
これは意外な発見でした。

今、一番ダメなのは、新聞で、見知った記者の書いた心を打つ記事を読んじゃったりした時。
「こんなに素晴らしい仕事を私は自ら手放すのか……」と情けなくなります。
記者生活17年余、言葉の持つ力に疑問を感じたり、自信を失ったりの連続だったけれど、結局のところ、私はやはり、言葉の力を信じていたし、それを大事にしたかったから、ずっとここにいたのだなあ、と。
今更ながら気付いたのでした。

まあね。
迷った時は、「未経験のほうを選ぶ」が信条なので。
40代で何を甘いことを! とあきれられてしまいそうだけれど、やっぱり1度の人生なら、最後の最後まで、あれもこれも試してみたい。
私にとっては、いわゆる「専業主婦」体験も、会社を辞める体験も、海外暮らしの体験も、未知のものだから、そこで自分がどんな風に悩むのか、迷うのか、あるいはカラカラと笑って歩いていけるのか、ものすごく不安で、そして、ちょっと楽しみ。

退職を前に悩んだり迷ったり落ち込んだりもしたわけですが、最後は、「どう転んでもたぶん、ただでは起きないだろー」と開き直れるあたり、やはり「不惑の歳」を超えた者の強みなのかも。

渡米までちょうど3週間。
残る仕事をきちんとすること。
そして……大の苦手の引っ越し作業。
ゆっくりピアノを弾く時間がないのが、かなりつらい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

退職されるのですね。いろろ考えられたのでしょうね。渡米されてもこのブログが続くことを願います。私事では、30で子育てのため退職し専業主婦になったけど、またまた教師にもどります。ひさしぶりの中学生と話してみて心に問題を抱えている子どもの多さを痛感しました。

一ヶ月に数回の割合でHPを拝見していたのですが、きてみてビックリです!
退職&渡米されるのですね(T.T)。

小国さんとの出逢いは「ベイビーパッカーでいこう!」の本でした。
当時子育て真っ最中、あの本で何度元気づけられたことか。

最近では小国さんの書評がとても気に入っていて、何冊も同じ本を読んでカンドウしていました。
渡米してもブログは続けてください!

お疲れ様でした

退職されるのですね。先に次の野球少年の方を読んだので、途中でびっくりしました。お疲れ様でした。
でも、おぐにさんがDCでゆっくりされるとも思えず。。。どんなUSライフを送られるのか、それも楽しみです。あまりご興味はないかもしれませんが、向こうは社会人でも大学に通ったり、または取材して本を書かれたりなど、いろいろ可能性が広がりますんで。
これからもブログは楽しみにしていますので、ぜひぜひ続けてください。

日本語が

あう、日本語が変になりました。「広がりますよね」です。。。(なぜか、編集できませんでした。)

うわあ、びっくり!!

でも、小国さんのことだから、向こうでも溌剌と過ごされる姿が目に見えるようです。
連れ合いの兄上が、やはり数年前から何年かアメリカ勤務だったのですが、彼の連れ合いさんは今でも「あちらの方が格段に暮らしやすかった~」と懐かしんでいます。
アメリカだけでも広大ですが、カイシャに縛られず全世界を股に掛けて飛び回る姿をお知らせくださいね~!!!

退職するんですね

再雇用制度があるとのこと。とはいえ、退職(しかも
渡米もある!)はエネルギーを使いますね。

帰国する頃には、私の嶋くん(え?)も日本を代表する
キャッチャーになっていることでしょう。
そのときには独占インタビューして下さいね。

ブログはぜひぜひ続けてね!!!

祝!ご退職

最近、定年退職式に出ることの多い私にとって、おぐにさんの今回の決断にはいろいろ考えさせられました。しかし家族は一緒にいるのが一番というところにまず、拍手を送りたいと思います。ま、どこにいても書ける方だから、海の向こうからの「行った見た書いた」を期待しています。その後はその後のこと。まだまだお若いのだから前途洋々ではありませんか。いよいよとなると、かーちゃんは強いねー。

お疲れ様です

退職なさるのですね。
今まで、小国さんの本や記事・このブログで
凄く励まされてきました。渡米されたらかな
り忙しいと思いますがこのブログが継続され
ることを願っています。
慣れない生活大変かと思いますが、無理せず
頑張ってくださいね^^

そっか、退職なのですね。
私の方はそれに比べたら大した変化ではないのですが、会社が合併します。
企業広報と記者という立場を利用(?)して公用で会いたかったなあ。
毎日新聞夕刊を読む楽しみが1つ減ってしまいました。

USでのあやちゃんのご活躍をお祈り申し上げます!!
ブログも続けてほしいです。息子さんのことや書評などなど、とっても楽しみに読んでましたので...

新天地での

コメントは初めてですが、いつも楽しく拝見しています。
退職のお話はびっくりしました。もったいな~いとも思います。が、「家族いっしょに」というおぐにさんにとても共感しました。(私事ですが、この4月より夫が転勤により単身赴任生活を始めました。1日ごとに変化する子供の成長をともに喜び合えないのは思った以上にストレスです。)
これからもできればブログを続けて、新しい生活でのあれこれを綴っていただけたらうれしいです。

そうだよね。それでなくても長年勤めた職場を去るというのはすごく寂しいよね。私も上息子が小学校に入るときに転職したけど、それがやっぱり勤続18年の会社で、2度の産休・育休を乗り越えたとこだったのよね。周りにも恵まれてたし、感慨深かったけど。。。。おぐには再雇用の可能性もあるんだから、アメリカで自分磨き、がんばってね!!

ええ??? 
あと3週間でおぐにが日本の地を離れちゃうの?

私は術後5年を経過しました。いまのとこ健康に暮らしてます。
おぐにとは同じ東京の空気を吸って、お互い母乳育児の苦しみのくぐり抜けた同士と思っておりました。だから、なんかさみし・・・(涙)
行かれる前に、ちょっとでも逢いたいな。
どうかお元気で。息子さんとアメリカ生活をエンジョイされますように。
#きっとおぐにのことだから、アメリカ中旅してまわってしまうのでは??

P.S.

ついさっきまで、私の敬愛する師匠(ってカウンセラーなんですが(^^ゞ)と「自由」について語り合っていました。
私が「私に取っての『自由』の定義って『複数の選択肢から自分の好きなものを選ぶ力があること』ですね」って言ったら、師匠応えて曰く「貴方の定義に付け加えたいことがある。それは『選択肢を創る力』」。
今の小国さんには、その両方の力が溢れているようにお見受けします。どうぞ広大な地で、その力を存分に羽ばたかせてくださいましね!

 ご退職とのこと。
夫の転勤なのになぜ、妻が退職しなければならないのか。しかも、それが男女共同参画を華々しく打ち上げている新聞社の人事の結果であることに少々疑問を感じますが、「家族本位」の選択をされた「おぐに」さんに敬意を表します。
 落ち着かれたら、現地でのブログを再開されることを期待します。

お久しぶりです

覚えてらっしゃいますか?
その節は数々のご無礼を..。。(略)

陰ながら応援させていただいておりました。
(著書も買ったし)
退職とのこと、今まで本当にお疲れさまでした。

今後も幸多からんことを。

私事雑談ご容赦ください

人のブログのコメント欄でchatしちゃってごめんなさい!
でも気になっちゃって....

タナベさんって、ひょっとして私(女子寮→Y寮)より2学年下のタナベさんでしょうか?
もしそうでしたら、下記のメーリングリストにいらっしゃいません?同寮生がワサワサいますよん♪
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kiha22/

以上、私事で申し訳ありませんでした m(__)m >小国さん

お久しぶりです。
>言葉の持つ力に疑問を感じたり、自信を失ったりの連続だったけれど、結局のところ、私はやはり、言葉の力を信じていたし、それを大事にしたかったから、ずっとここにいたのだなあ、と。

なんかここを読んでうるうるしてしまいました。
私も仕事について、未だ仕事をしていると言うか生きている実感が持てずにいる中で前ほど頻繁には見れなくなりましたが、それでも欠かさず読んでいました、小国様のブログ。
ブログは続けられるのでしょうか?
色々言葉があるような気もしますが、この辺で。
小国様は一生記者を続けられるんだろうなと思っておりましたが、こういう形もあるのですね。
向こうに行っても「?」が「!」に変わるような日々を健やかに過ごされますように。

お疲れさまでした

コインパーキングのじゅんぺいです。

しばらくブログを拝見していなかったのですが、退職された
のですね。
お疲れさまでした。

ワタシも2年前に20年務めた仕事を退職しました。
退職する前も、退職してからも、
いろいろと悩みました。
でも、それから、新しい出会いがたくさんあって、
今も楽しく主婦 兼 仕事をしています。

渡米されてからもしばらくは忙しい日々が続くことと
思います。
でも、新しい出会いを楽しんでくださいね。

又、お会いできるのを楽しみにしています。

 退職されるとのこと、驚きました。
私はおぐにさんと同じ仕事をしています。
日々悩んで迷っての連続ですが、おぐにさんの紡ぐ
言葉に、何かヒントが見えるような気がして、
ちょくちょくブログを読みに来ていました。
 たくさんの言葉をありがとうございました。
できれば、これからもブログを続けてください。

私がおぐにさんを知ったのは・・。
七年前。一人目の育休中にベイビーパッカー~を読み、
楽しくなり元気づけられた。
次は、西原理恵子のああ息子のコメントで久しぶりに
お名前拝見した。
このブログは、なんとなく眠れずふと思いついた
おぐにあやこさんの名前検索でたどり着き、
はじめて見ました。そして退職の報にびっくり!

私も来春14年働いている今の職場を退職します。
育児との両立が厳しくなり、2年間考えた末の決断です。
悩んだ期間の長さ分、上司への退職の意思報告をした今週からはもう迷わない・・と決めていました。
でも、仕事からの帰り道、この充実感手放すの?と揺れることもしょっちゅう。
公務員なのでやめたら復帰はありません。

迷ったときは「未経験の方を選ぶ」という信条、
読めてよかったと感じます。
そうだ、私も新しいこといっぱいできるな。
心が開けた気分です。ありがとう。

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。