スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯れたマリーゴールド

息子が先週末から夫の実家の仙台に行っている。
私は仕事三昧、夜遊び三昧で、自堕落生活まっしぐら。

そしてとうとう……。
気付いた時には、息子が学校から持ち帰ったマリーゴールドの鉢植えは完全にカランカランに立ち枯れていたのだった。
何でも、この鉢の水やりは、息子の「宿題」らしい。
「留守中はお願いします。絶対にお願いね」と息子に念を押された気がする……。
がぁあああああん。
母ちゃん、大失敗の巻。

一方、学研の科学の付録についていたスズムシの卵。
大事に大事に育てたら、卵から孵った10匹の幼虫が1匹も欠けることなく見事成虫に。
昨夜から、りーんりーんと鳴いている。
うれしい!!
こっちは息子の不在中も、エサの取り替えを怠らなかったもんなー。

飼育系は好きなのだけれど、植物はサボテン以外は枯らしてしまう私です。反省。

本日から1泊で大阪出張。
数時間ほど空き時間をみつけて、生まれた街を歩いてこようと思います。30年ぶりくらいだから何も覚えてないだろうけれど。
「文化住宅」という名の長屋が並んでいた大和川と高速道路のそばの住宅地は、グーグルマップの衛星地図によると、団地になっているみたい。

何か一つくらい、懐かしいものが見つかればいいなあ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マリーゴールドといえば

マリーゴールドと聞いて思い出しました。うちの息子のマリーちゃん息子はそう呼んでました、も私が枯らしてしまったことを・・・
ないてる息子に、一言マリーちゃんひ弱かったんだね。夏ばてちゃう。あんたもごろごろしてたらマリーちゃんのようにひ弱になるでと、話をすりかえたことをおもいだしました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。