スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★いじめをやめさせる! (著・佐山透)

★いじめをやめさせる! (著・佐山透)

先日、いじめ関連本についてブログに書いたら、とある方から、「この本も読んでみて」と薦められたもので。読みました、はい。

現役の公立高校教諭(教師歴25年)が「本音で語る、現実的対処法」だそうで。
結論がすごいぞ。
「学校に、いじめに対処する力はない!」と断じちゃってる。だから親が守ってやるしかないぞ、と。
曰く、校長にしろ、担任教師にしろ、それぞれ、いじめの現実を認めたら自分の評価に響く。どうせ解決できない問題なら「なかったこと」にしてしまうのが一番無難。学校の教師が一丸となっていじめ問題に対応することなんてありえない。ある学年でおきたいじめ問題は、他学年の教師にとっては格好の酒の肴だ。担任教師が、本気でいじめっ子と対決しようとすると、授業ボイコットなどの反撃を受け、よけいに学級運営に苦労することが多いので、「あいつとも仲良くしてやってくれよ」などと、いじめっ子に頼み込むのが関の山だ、とか……。
現役の先生に、「我々には無理です」と最初から白旗あげられてるみたいで、それはそれで悲しい。

おもしろいな、と思ったのは、この教師が小学校時代に「いじめっ子」だった体験と、中学時代に「いじめられっ子」だった体験を書いていることです。
この両方の体験から、「いじめられやすいタイプ」や「いじめがエスカレートする要因」について、書き出してます。

「泣かせるのが生きがい」と思えるほど、いじめていた小学時代、自分がいじめなかったことの理由として、

・担任、母親など女性にしか注意されなかったこと
・父親が無関心だったこと
・クラス内でもいじめに加わる者が何人かいたこと
・著者が当時クラス委員をしたり成績上位者でクラスで一目置かれていたこと

を挙げてます。

一方で、中学時代にいじめられた理由として、

・当時は、無口でおとなしい性格だった
・何かされても反撃せず、「やめろ!」と大声で言えなかった
・体力的に劣っていた
・担任にも両親にも打ち明けられなかった

を挙げています。

そしてこの両方の体験についても、これらは昔の話で、今のように「メールによるいじめ」などより陰湿で集団的になったいじめは、もっと解決が難しくなっている、と指摘しています。

学校でいじめられっ子にならないため、ちょっとした子育て上のアドバイス、というのが本書にありましたので、いくつか書き出します。
(うーん、それってどうかな~、と疑問を差し挟みたくなるところもありますが……)。

*子どもの言葉遣いの乱れを注意するのは、友だちたちの間で使われている話し言葉を使うな、友だちをなくせ、と言っているのと同じ。聞くに堪えない言葉遣いにも、「親から自立しつつあるんだな」と思っていればいい。

*今の子はコンビニ、パソコン、携帯電話が当たり前の世代。親の時代遅れの価値観を押し付けることは、子どもに屈辱感を味わわせることになりかねない。

*過保護で口うるさい親の子はいじめられっ子になりやすい。甘やかしの親の子は逆に、いじめっ子になりやすい。子どもに無関心な親の子もいじめっ子になりやすい。しつけや勉強に厳しい親の子はいじめっ子、いじめられっ子の両方になりうる。

でもって、著者が教師経験を通してまとめた 「いじめられやすい子の特徴」は、

・肉体的にハンディを負った子
・ぼーっとしてる子
・何をするにもみなより遅い子
・生意気でえらそうな子
・自慢する子
・いじめられた時に反撃せず、それを親や教師に訴える子
・その場の和を乱す子

……なんか書いていて、気が重くなってきた。
上記の子たちのいないクラスって、どんな集団なんだろ。うーむ。

おまけに、親がいじめと闘うためにも、日頃から子どもがいじめについてしゃべってくれるような関係を作っておけ、という一方で、上記のように「親にすぐ言う子」はいじめられる、とも書いてるわけで、いったい、どうすりゃーいいのよ!って言いたくもなる。

でもって、著者の編み出したマニュアルはこんな感じ。

*子どもはいじめを記録する。多ければ多いほど有効。
*子どもはいじめられた時、「やめろ」と大声で叫ぶ練習をする
*子どもは空手や柔道の技を磨いてでも、反撃するようにする
*親は、いじめ記録を10枚程度にまとめ、学校に怒鳴り込む。大騒ぎして校長やほかの教師まで巻き込む。
*学校に求めたい点を誓約書にまとめ、校長にサインをさせる
*いじめた子の親への直接抗議は、効果的ではない
*校長でダメなら、教育委員会に怒鳴り込む
*それでもダメなら、法的手段に訴える

………。
この本を読んで一つだけよーく分かったこと。
学校におけるいじめの現実を最も良く知る大人である「現役教師」の多くの方々が今や、いじめは自分たちの力ではもはや解決できない、と結論をすでに出しているんだ、ということ。

とりあえず、子どもに柔道でも習わせろ、ってか?
うーむ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ていねいに読んでいただき、どうもありがとうございます!!

高校の先生なので、小学校とはちょっとちがうとは思いますが、何より学校内部の「ぶっちゃけ」話を書いているところに意味があるかな、と。

わたしがコワかったのは、いまのいじめの性質が本当に昔とはちがっていて、一人の子の存在をクラス全体で徹底的に否定しちゃったりすること(最悪の場合ですが)、加害者のほうに良心の呵責がないらしい、ということで、先生に言わせれば、いじめで自殺してしまう子がでるのは不思議でもなんでもない、と・・。だからこそ、「ほかに打ち込めることを見つけよう」なんて悠長なことを言ってる場合ではなくて、手を尽くして、明日にでもいじめをやめさせなければいけないのだ、というスタンスです。

この著者の言うことが100%正しいというわけではないにせよ、マジでいじめをなくすために日夜考えつづけていらっしゃいます。HPでもいじめ相談うけつけてます。
http://www.geocities.jp/ijimedayo/

りえりんさん。

>何より学校内部の「ぶっちゃけ」話を書いている
>ところに意味があるかな、と。

これは深く同感。
第一、ある学年でのいじめ勃発は、他学年の先生方には格好の酒の肴でしかない、なんて話、怖すぎますよね。

どうもお初です…

 まさか自分が書いた本がこのように評価されているとは光栄です。
 確かに御指摘のように、親に言う子はいじめられる傾向があると言いながら、親に何でも言える関係を作っておけと言うのは一見矛盾しているようです。が、いじめに正面から対処するのはまさにその部分なのです。いじめを子供が告白した時の親の対応が問題なのですよ。ただ担任に相談しただけではダメ!ということを言いたかったわけでして。それだと担任がいじめっ子を呼んで注意し、いじめっ子はチクッたことに対して更にひどいいじめをするに決まっています。まさに「いじめを助長させる方程式」のようなものです。
 だから担任だけでなく、校長や他の保護者も巻き込む必要があると言いたかったのです。それでもだめなら証拠を残し、教育委員会や弁護士に相談しろってことです。
 「柔道でも習わせろ?」ですか。それって必要なことだと思いませんか?いじめるような奴らは動物と同じで、自分より弱いからいじめるだけのことです。自分より強い者には絶対に手を出しません。最も単純で効果的ないじめ撃退法です。実際、俳優の赤井秀和氏も自分の息子に空手を習わせたらいじめがなくなったそいうです。私の友人も同様のことをしていじめを撲滅しました。今の公立困難校は、ニューヨークのハーレムのような所です。アメリカならまだ銃があるだけいいですよ。日本は自分を防衛するものなど自分の腕力以外ありませんから。多少過激だと思われるでしょうが、私の書き込みを過激と思うこと自体、平和ボケしている今の日本にどっぷり染まっているのですよ。

親野智可等氏のコメントが朝日新聞の夕刊に連載されています。1昨日のコメントには「反抗期は成長の証しと理解すべし」。教育現場に携わっている者にしかわからないことって結構ありますよ。彼の意見はほとんど私と一緒です。ちなみにプロ教師の会の川上氏、喜入氏とも同じです。現場がおかしくなってきている点ではみな同じ危機感を感じているのです。
 いじめをやめさせるのは本当は簡単なのですよ。いじめた奴に同じ痛みを味わわせれば二度とやりませんよ。それを「体罰禁止」などと口うるさくなったからいじめが止まらないのです。親が学校に文句を言うようになり、それを真に受ける教育委員会や管理職がいるからいじめがなくならないのです。少しはおわかりですか。生徒の心に訴える教育なんて絵に描いた餅ですよ。そんなこと言うなんて教師失格?それが現場のことをわかっていない者の詭弁なのですよ。熱意があっても通じない、心の育っていないクソガキが今急増しているのですよ。何故かって?すさんだ家庭で育った子どもは心まで荒んでいるのですよ。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。