スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天のマー君インタビュー記事

これぞ役得取材、という感じでしょーか。
世の中が「ハンカチ王子」など王子ブームに沸いてる中、「やっぱりスポーツマンは汗をハンカチじゃあなく、こぶしで拭いてもらいたいもんだ」と意固地になっていた私は、念願の、楽天イーグルス投手、田中将大君へのインタビューを敢行したのでした。

それがこの記事

リンク先には写真が載ってません(20日未明現在)が、もしお手元に毎日新聞の19日付夕刊があったら、ぜひぜひ見てください。
座右の銘である「気持ち」という文字を、色紙に書いてもらって、田中君の笑顔とともに掲載してます。
この田中君の字が、ほんと、びっくりするくらい達筆なのです。
なんと、のびのびと勢いのある、気持ちの良い文字!

記事の行数制限ゆえ、記事には書けなかったエピソードがいくつかあるのですが、彼らしさがにじむエピソードを2つご紹介します。

一つは、野球漫画MAJORについて。
彼がこの漫画のファンであることや、主人公吾郎が「根っからのチャレンジャー」であることに心底感動しているところまでは記事に書いたのですが。
彼がMAJORの中で最も好きな場面は何か、と聞いてみました。

田中君曰く、
「吾郎が、海堂高校の1軍を倒した後、あえて海堂を去り、一から野球部を作って海堂に立ち向かっていき、結果的には勝てなかったけれど、最後、延長戦まで戦い続けた場面」

これを田中君は本当に熱っぽく語ってくれたわけで、私は彼の横顔をみながら、「本当に君は吾郎と同じで、根っからのチャレンジャーなんだねえ」としみじみしてしまったのでした。

もう一つ。
彼に、「野球人性で一番心に残っている試合は?」と聞いた時のことです。実は、楽天イーグルス球団のオフィシャルホームページの選手名鑑には、「甲子園決勝再試合」と書かれています。
そりゃそうですよね。
誰の心にも残る名場面でしたもの。

でも、もしかしたら、「プロ入り初勝利」とか「巨人相手の勝利」とか、そういう返事が返ってくるかも、と尋ねた質問でした。

ところがところが!
彼は言うのです。
「みなは甲子園の決勝再試合だろう、と思うかもしれないけれど、自分ではやっぱり、甲子園の青森山田戦なんです」

記憶にない人のために少し説明しますと、青森山田戦では、田中投手は先発していません。
実は、甲子園で勝ち進むうち、他のナインが田中投手に遠慮している姿を問題視した監督が、「全員野球」を取り戻すため、あえて田中投手を先発から外し、ほかの投手に投げさせた、という試合でした。
監督さんは、後にあるメディアの取材に対して、「大きな掛けだった」と語っています。

実際、4点差をつけられた状態で、田中投手は継投しますが、さらに2点を取られ、6点差まで突き放されます。
しかし、ここから、駒大苫小牧は「全員野球」でこつこつと安打を重ね、最終回で追いつき、最後は延長戦でサヨナラ勝ちするわけです。

そんな試合のことを、田中選手は本当に大切そうに語ってくれました。
「全員で勝利を勝ち取れた試合だったから、本当に本当に楽しかった」と。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本にいないので、王子たちもマー君も実は見たことなかったりします。でもネット配信のニュースでちょくちょく名前があがってるので、有名なんだなー、人気があるんだなー、というのは知っていました。
今回の記事を読んで、やっぱり祭り上げられる姿には、一部虚像も入ってしまうのは仕方ない(=読むほうの希望も取り入れてしまうのがマスコミかな。)と思いました。インタビューの読者には見えないところを知ることができるのは、記者の醍醐味だね!!

インタビュー

小国さんのマーくんの記事読みました。勢いがあると表現するのがいいのか、とても楽しく読みました。坊やとキャッチボールしていなければ書けない記事と思いましたねー。タイミングもよかったし……。

わあ~!うれしい!!!!
インタビューして欲しかったの~!!

なるほど~!と思うことがいっぱい。
なぜか 彼の先発の試合は味方が点を取ってくれる、
守りが良くなるの。野村監督は、「マー君マジック」って
言ってるくらい。

あと数年して大物になったら、女房役の嶋君もぜひインタビューして下さい!
お願いします(笑)!

明日の 仙台でのオールスター行きます!
雨がちょっと心配ですが。。。

おぐにさんは どこで応援ですかー?

野球って感じですね

 私もピッチャーだったからわかりますが、野球が一人だけの力では勝てませんし、負けません。いいインタビューができて、うらやましいですね。

ささこさん。

人には色々な才能や実力があるんだと思うけど、田中将大君について言えば、彼は「取材を受ける能力」が高い気がしました。だから、こちらも質問を工夫すれば、じょうずに自分を開示できる。その点は、会ってみて、ホントに驚きました。ただの「メディアに踊らされてる子」じゃあないなあ、と。

冷奴さん。

社会部時代は、インタビュー記事なんて、記事とも思ってなかった(ほら。特ダネ至上主義だから)。今の部署で、なるほど、インタビューにも「特ダネ」と言えるべきものがあるんだなあ、と初めて知りました。
ここ数年は意識的にインタビューに力を割いてきたのだけれど、やっと、見えてきた感じ。

うららさん。

実は嶋君ファンです。

>なぜか 彼の先発の試合は味方が点を取ってくれる、
>守りが良くなるの

わかるわかる。この前の8月3日の試合も、フルキャストまで見に行っちゃったわよ。ほら、5点ビハインドをひっくり返して勝ち投手になった試合。
おもしろいよねー、彼。

みーさん。

……告白すると。
オールスターは東京ドームしか行ってませんでしたー。
宮城は、仕事もあって。選挙前だったので。
でも、入場した田中君には、ドームでも声援を送っておきました。

渋井さん。

>私もピッチャーだったからわかりますが、
>野球が一人だけの力では勝てませんし、負けません

ピッチャーだったんですか……。
なんか、すごーい。
私は、支局時代には高校野球の取材が苦痛で苦痛でしかたなかったんですが、(だって、なぜ二塁に遊撃手が立ってたりするのか、分からないことばかりだったんですもの)、息子の影響でいつの間にか、野球取材、大好きになっちゃってます。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。