スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストカットをテーマにした写真集、の記事

ずっと前、こんなエントリーにてご紹介した、写真家、岡田敦さんの新しい写真集「Iam」、が出版されました。(アマゾンにリンク張ろうと思ったら、まだアマゾンに情報がアップロードされてなかった……残念)。

とりあえず、私は私のできることをしよう!と、
日曜日の新聞(生活家庭面)に記事を掲載してもらいました。

それが、これ。

「写真集を手に取りたい人が買える値段にしてほしい」と。
岡田さんに唯一、お願いしたのはその点でした。
前作のcordは7000円台でしたから。
岡田さんなりに、そして出版社の方々も、すごく頑張られたんだと思う。3000円をぎりぎり切る値段で仕上げてくれました。

表紙にまず驚いた。
写真集の表紙って、まず間違いなく、最も印象的で、最も能弁で、最も伝わりやすい、そして写真家にとって自信のある一葉の写真を選ぶもんだと思う。
でも、今作の表紙は写真じゃあありません。
鏡みたいに、手に取る人の顔が映るつるつるの銀紙(表現が難しい!)。
岡田さん自身がこだわった装丁で、書籍用の紙には納得のいく紙が見つからず、化粧品箱などに使われている紙を自分で探し出したんだそうです。
写真家が、写真集の表紙から、自分の写真を落とす、というのは、たぶん、私なんかが想像するよりもずっと勇気のいる選択なんだろう、と思う。

写真集を手に取ると、表紙に映る自分自身の顔。
伝えたかったのがきっと、「Iam」というタイトルにもこめられている思い。

切る彼ら彼女らと、あなたと、何が違うのか。
彼ら彼女らも、あなたも、僕も、生きている。


そんなメッセージなんでしょう。
前作cordは、テレビや新聞の何社にも取材されながら、記事や番組になる途中でなぜか頓挫したそうです。多くの場合、自傷というテーマへのメディア側のタブー視があったのではないか(特に、写真集の場合、映像や写真をどう扱うか、という問題もあったのかな)と岡田さんは感じているそうです。

4年前の当時と、今とでは、自傷をめぐるメディアの状況も大きく違っていると思います。
メディア以外の世界でも、例えば少なくとも、学校の養護教諭の先生方と話していると、4年前には「私も1例、関わりました」「うちは2例ほど事例を抱えてます」程度だったのが、今や「次から次へと『切っちゃった』とやってきて手当てが間に合わないくらい。でも校内の教師全員で勉強会などやってますから、もう誰も慌てませんけど」とか「その子その子によってベストの対応が違うから、そこで悩んじゃいますよねー」とか、そういう具体的な話にすぐなってしまいますもんね。

こんな2007年の夏、彼の写真集がどんな風に社会に受け止められるのか、どんな人の手に届けられ、どんな感想が寄せられるのか、非常に興味深くあります。

また、写真を見て感じることも、自傷経験の有無や男女の差、世代差のほか、人の肉体をどんな風に見据えるか、というスタンスの差によっても、変わってくる気がします。

私自身が思ったのは、傷跡より、ハダカそのもののインパクトのほうが私には強いぞ、ということ。例えば、人前でその写真集を開く時、自傷の傷痕の有無より、ヌードの有無のほうが気になっちゃうもの。
で、そんな自分に直面し、あらためて、ストンと納得がいっちゃうのだ。

だよなー。
傷痕って、その人の身体のほんのほんの一部なんだよな。
自傷って、その人が生きていることのあれこれの、ほんの一部なんだよな、ほんとは。
ってね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そう、ほんの一部であってください

> 写真集を手に取ると、表紙に映る自分自身の顔。

あは、確かに♪
私事ですが、物心ついた頃からずっと希死念慮が消えず、ここ数年カウンセリングを受け続けてきました。その結果、やっと気付けたんです。「私の希死念慮は精神的なリストカットだったんだ」って。
手首を切る時、人は「生きてる」って感覚を得るそうですね。私も「死にたい」って心の中で繰り返す度に「今・ここに居る」って感覚を得ていたんですな。今でも時々、軽い希死念慮が心をよぎることがありますが、「これは軽く皮膚を引っ掻く程度のリスカをしてるようなものなんだ」って、自分を保つことができるようになってきました。

> 自傷って、その人が生きていることのあれこれの、ほんの一部なんだよな、ほんとは。

....でも私、今のカウンセラーに出会わなければ、ひょっとして「動脈に達するような傷を付けて」あるいは「限度を超えた貧血で」ホントに死んじゃってたかもしれない。カウンセラーともそんな話をして「リスカする人は、年齢的・金銭的な要因で、カウンセリングを受けることが難しいだろうね」って、二人して溜息をつきました。
自分がラッキーだと思うにつれ、今現在リスカに直面されてる方の傷が「ほんの一部」に留まり続けることを祈らずには居られません。

見てみたい

この写真集は見てみたいけど、ちょっと
怖い気もする・・・リストカッターとし
て見るんではなく、客観的にみたい。
でも、誰かに見ているところを見られた
ら・・・とか色々考えちゃいます。
でも、機会があれば是非見たいです。

U子さん。

切る切らない、よりも大事な問題、いっぱいありますもんねー。カウンセラーは相性もあるから、信頼できる方に巡り会えることってほんとう貴重ですよね。

あずささん。

偶然、書店で出会った、みたいな出会い方が良いかもしれないですね。
私は、この写真集は自傷衝動を引き起こさないタイプと思ったんですが、これも人それぞれかもしれないです。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。