スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残った素麺の活用法

本日もドジョウの唐揚げ。
うっかりしてご飯を炊くのを忘れたので、素麺を茹でた。
私はお昼に担々麺をたっぷり食べた上、夜も唐揚げにビールとなると、今夜は炭水化物は控えることにする。つまり素麺は息子1人分。でも、さすがに1束じゃあ足りないので、2束茹でた。
9歳男児は食べ盛りなのだ。

ところが。
さすがに2束は多すぎたらしい。おかずも多かったしね。0・5束分ほど残ってしまった。
「母ちゃん、食べたら」と息子。
「だめだめ、今日は母ちゃん、炭水化物を控える日なんだ。ビール飲んだし」と私。
さて、残った素麺を、どうしよう??

ウェブで検索してみたら、素麺の残りでおやつを作ろう!というのがあった。おお、いいじゃん。
一例目のレシピは、すりつぶして白玉団子風……。
すりつぶす手間にぞっとし、即、却下。

次は、油で素揚げしてスナック菓子。
ちょうど、ドジョウの唐揚げで使った揚げ油が残ってることだし、これに決定。
適当な量の素麺を取り、ねじったり、結んだりして油の中でばらけないようにして、カリッと揚げて出来上がり。ほんのり塩味もおいしいけど、ついつい砂糖なんぞを掛けた。シナモンシュガーもうまい。

うまい、うまい、うまい……と2人で一瞬にして食べ尽くした後で、あれれ?と思ったのだった。
私も息子も満腹ゆえに、素麺を残したのではなかったか?
まして私は、昼食の暴食と、夕食のビールとのバランスを計るために、素麺を食べなかったんじゃあなかったか。

油で揚げて、砂糖をかけた素麺を、
すなわち、もともとの素麺のカロリーにして何十倍もの揚げ素麺を、
なぜ親子で奪い合って食べちゃったんだろ???

でも、ほんとにおいしかったのだった。
ぜひ、試してみてください。
「おなかいっぱいでもう食べられない~」と残したはずの素麺が、一瞬にしてお腹の中に消えてしまうこと、うけあいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。