スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリーズブートキャンプ、なぜ人気?の記事

とりあえず、遅ればせながら、ビリーズブートキャンプの24日のイベントに絡めた記事でございます。

今回の記事のコンセプトは、「おいおい、日本でダイエットといえば、『○○だけでやせる』とか『楽してやせる』が王道だろうに、なぜこんなハードなエクササイズが受けるわけ?」という疑問に尽きます。

記事:苦行だが大人気、ビリーのDVD

夕刊一面記事なので、結構削りこまれちゃって、味気のない記事になっちゃってます。
記事の最後は、スポーツ医学の専門家のコメントを引いて、「メタボ予備軍の中高年は、飛んだりはねたりするより、酒の量を減らしたほうが……」というようなところに落としてます。

実は第一稿には最後の一文に、

でも、あたしは「生ビリー」より「生ビール」がいいな。

なんてオヤジギャグを加えていたのですが、さすがにまずかろう、と自ら削除。
そのかわりに、

うーん。エクササイズの後の生ビールは最高なんだけどなあ。

と書き加えてみたが、これもデスクにばっさり削られちゃったわん。ははは。

ビリー氏自身より、その魅力についてファンたちから声を集めることを重視して臨んだ取材だったんですが、結果からいうと、ビリー氏のトークは極めて印象的でした。
なんというか……むちゃくちゃ精神論な人なのね。
テレビで「キワモノ」のように扱われると、サービス精神が旺盛なだけにそこに乗っかっちゃう人のようですが、ご本人は実は極めて生真面目な人と見た。
筋肉隆々=脳みそ筋肉、という偏見はダメよダメダメ、と自分に言い聞かせた次第。

いえね。
みなでワークアウトしてるうちは良かったの。DVDの中の普段のビリーと同じ。ずっとしゃべり続け、励まし続ける。
ところがその後のトークタイムがすごかった。

私のつたない英語力ですから、細部は色々と間違えてるんでしょうが。
何しろ、いつものあのテンションで、

Who's got the power?!!!
Who's the boss?!!!
Is it exercise, or you?!!!


とか熱く語りかけちゃう。
ところが、通訳さんはこれを同じテンションで語れるわけもなく、おまけに「~ですか?」と丁寧語で訳すし、おのずと通訳のタイムラグの間にテンションは下がっていく。
おまけに、こういう時、私たち日本人って、同じテンションで英語で
I've got the power! とか叫べないじゃん。
英語だって恥ずかしいけど、日本語だったらもっと恥ずかしいぞ、みたいな。

Do you love yourself?
How much?

とか真剣に聞いちゃうし。

この手のトークを通訳することの難しさを今回はまざまざと見せつけられた次第。
最後に、ビリー氏は真剣な眼差しで、
You've got a power! とお互いに大きな声で言い合い、抱き合え、と言うわけ。
それも、できるだけ見知らぬ相手とやってくれ、と。
動揺し、ついつい、恥ずかしがって笑っちゃう参加者たちに、ビリー氏はあの大きな瞳をキラキラさせながら悲しげに、「no laugh...」とか言うんだが、いやはや、日本人にはちと難易度が高いんじゃないだろか。
見知らぬ人とのハグ。
一つ間違えたら、自己開発セミナーの世界かも。
参加者の一人が「道徳の授業みたいだった」と漏らしたのもうなづけました。

ただ、記者会見で、さらに彼の受け答えを見ていて、これは本当にテレビで描かれている人物像とは随分違うなあ、と感じた次第。
200人の記者の囲み取材、という騒ぎだったのですが。
例えば、「日本では楽にやせる、という風潮がありますが」という質問には、

There's no easy success.

まったくおっしゃる通り。
私たちがちゃーんとそれさえ分かってたら「あるある大辞典」だの納豆だのの騒ぎもなかっただろうに。

さらに彼は言うわけです。

I don't train my body. I train my heart, my mind!
んでもって、鍛えられた肉体は、鍛えられた精神の単なる結果に過ぎない、と持論をとうとうと述べておられました。みんな、やせたい、とか身体を変えたいとか思いすぎだ、とも。

一言で言うなれば、この記者会見、
禅問答に近かったな。

例えば、
「好きな女性のタイプは?」という質問に、遠くを見つめながらうっとりと言う一言が、
What's in the soul...

「新たに挑戦したいことって何ですか?」と問われても、
いつもオレは挑戦していたいんだ」(ごめん、英文でメモしてない)

微妙に記者の問いかけと答が食い違っていて、それなのにビリー氏はいくつもいくつも言葉を費やして、極めて誠実に、驚くほど誠実に、心がいかに大事か、魂がいかに大事かを、とうとうと語り続けるのでした。

それにしても51歳の身体とは思えませんでした。
普通、「年齢詐称」って若く年齢を詐称するものだけど、もしも彼が実は41歳(……って私と同年齢か)だったと言われても、「ああ、やっぱりねー」とか納得しちゃうくらい、若々しい肉体に見えたのでした。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビリーズブートキャンプ 楽天

ブログの検索数、急上昇!今ネットで話題のテーマの紹介だよ♪ビリーズブートキャンプ ぶんぶん youtubeビリーズブートキャンプ入隊してから2ヶ月です。「ぶんぶん ほい ぶんぶん ほい」とやってみて効果最初1ヶ月目は筋肉痛だけで、体重、脂肪率ともあまり変化はありませ

ビリーズブートキャンプ 動画

世界中で大ブレイク!ビリーズブートキャンプの詳細はこちら日本の芸能界でも、米倉涼子、沢尻エリカ、上戸彩、大竹しのぶ、松浦亜弥、倖田來未、内田恭子、志村けん、劇団ひとり、福山雅治、品川庄司、そして藤原紀香・陣内智則夫妻らが熱烈な信奉者です。西田敏行もビリー

部分 痩せ

楽してやせるはもう古い?「楽してやせる」. それをブートキャンプは根底から覆したというのです。 確かにそのとおり。 あの動きを見ていると. これ、ある程度運動に慣れている人でないとついて行くのがやっとじゃないのかなと思ってしまいます。 それでも今までの楽してや

ビリー 来日

エクササイズで人気のビリー、都内で直接指導朝日新聞[東京 24日 ロイター] 軍隊式トレーニングを取り入れたエクササイズプログラム「ビリーズブートキャンプ」で人気の米国人ビリー・ブランクスさん(51)が24日、都内で400人を対象に直接レッスンを行った。 日

ビリーのとっておき情報

とっておきの情報をご紹介します!ビリーズ・ブートキャンプ楽天でダイエット情報をチェック!ビリーズブートキャンプとターボジャムの比較!ビリーズブートキャンプとターボジャムは似ているようで違います。 その違いを

ビリー

★固定資産税情報館★即日キャッシング情報★国内家族海外旅行の最新情報★ゲームと趣味の最新情報★ハワイ韓国台湾旅行の最新情報★おまとめローンの最新情報館★ハワイ韓国台湾旅行の最新情報★ゴルフ場・会員権・用品・ダイジェスト最新情報★高齢出産、リスク、芸能人、

ビリーズブートキャンプ ダウンロードの特集

ビリーズ・ブートキャンプビリーズブートキャンプの詳細はこちら日本もすでにビリーズブートキャンプのブームが起きています。 「ビリーズブートキャンプを知らない」という人でも、通販番組でムキムキマンの黒人男性が登場するCMといえばピンとくるのでは!? 「ビリーズブ

ビリーズブートキャンプ youtube

ビリーズブートキャンプ「エリート」DVD8枚セット!!第3弾BILLY'S BOOTCAMP ELITE商品価格:7,350円レビュー平均:3.4ビリーズブートキャンプ、なぜ人気?の記事とりあえず、遅ればせながら、ビリーズブートキャンプの2

ビリーズ・ブートキャンプ

ビリーズ・ブートキャンプは誰にでも手軽で簡単! ブートキャンプとは元々は軍隊に用いられていたトレーニング方法で短期間集中型のプログラムなんですビリーズ・ブートキャンプの草案者ビリー・ブランクスは今やフィットネス界のカリスマとも言われてる人で今までに売れた

通訳通訳(つうやく)とは、書記言語ではない二つ以上の異なる言語を使うことが出来る人が、ある言語から異なる言語(例・英語から日本語)へ変換すること。また、それをする職業そのものを指す場合もある。ただし、翻訳(という行為)と翻訳者・翻訳家という語の関係を見れば

コメントの投稿

非公開コメント

実はあの日、スカイシアターにヒーローショーを見に行ってました。降雨中止でしたので、食事して帰ろう、とはいったカフェの隣があのイベント。なんの騒ぎか、と思ってたけど、そうかぁ、あの奥におぐにはいたのねぇ(笑)
たまに見るCM。あれで、ウエストがしまるのなら、チャレンジしたいな、とも思うけど、そうか、鍛えるのは「からだ」じゃなくて「心」なのね。

ビリー!

久しぶりにおじゃましましたら、なんと、ビリーねたじゃないですか。

はい、現在入隊中です。ヒトによってはこれ、かなりはまると思います。個人的には、オススメです。
精神論・・・確かにワークアウトDVDもラスト5分になると「語り」「説教」に走る彼。確かにソウルなお人のようです。
曰く「今きみがいる場所、それは今までの君が導いてきた結果だ。明日きみが行く場所、それは今日の君が導いていくのだ」だそうです。

・・・で、カラダをたくさん動かすと、あまり飲む欲求が高まらないということが分かったのよ、私の場合。
だからここんとこ、ぜーんぜんお酒を飲んでいません。
「生ビール」より「生ビリー」を選択しちゃいそうな今の私、ちょっと自分でもキモチワルイです。

くろにゃんさん。

ごぶさたしてます。

>あの奥におぐにはいたのねぇ(笑)

そう、いたんです~!
休日返上で取材してました(涙)。

ゆりうすさん。

「生ビール」より「生ビリー」を選択???
びっくりです。
やっぱりそんなにいいんだ?
どうも私は、身体を動かすことにそれほど燃えられないほうなので、ついていけないんだけど。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。