スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧姓併記旅券への道1

パスポートが切れるので、申請に行きました。
昨年3月、旅券に旧姓併記する条件が緩和され、以前のように、旧姓での活動や実績が海外の大学や学会からの招聘状などで確認できなくても、「職場で旧姓使用が認められていること及び業務により渡航する者」であれば認められるようになりました。
それで、旧姓併記で旅券申請しようかな、と思った次第。

例えば、取材で海外などに行った場合、旅券に記載された戸籍名でホテルなどに宿泊しますよね? ところが、取材先が急に私に連絡が取りたくてホテルに「おぐにさんを」と電話したところで、「こちらにそういうお客様はおりません」でお終い。そういうトラブルが実際にかつてありました。
そんなこともあって、旧姓併記できる話を聞いて、次回の切り替え時には絶対にトライしようと思っていたんです。

おまけに夫婦別姓がちっとも実現しない今、証明書に「おぐに」の旧姓を記せる可能性が残されているのは旅券だけ。この旅券を身分証明書にすればクレジットカードを旧姓で作ることができると、クレジット会社にすでに確認済み。この際、支払い口座名義が戸籍姓であっても構わない、という点も。
一方、銀行口座のほうは、たとえ旅券に旧姓併記したところで、旧姓で口座を開くことは法律上できないんですけどね。

旧姓併記については、本当は、職場の上司にお願いをして、旧姓使用証明書にはんこを押してもらえば、済む話だったんです。

ところが、この旧姓使用証明書を前に、ちょっと考え込んでしまったのでした。
新聞記者という仕事柄、いつ仕事で渡航するか、予定なんて立つわけないし、旅券の失効時期にちょうどタイミング良く次の海外出張の予定が決まってるなんて都合の良い話はあるわけないのに、渡航予定日や渡航予定先まで記入しなきゃあならない。

つまり、テキトーに記入しろ、ってこと?
厳密に言えばウソじゃん。
ウソはやだなあ。

そもそも、会社勤めしてないけど海外で取材活動を行っているフリーのライターさんたちは、どんな書類で認められるんだろう??

それで確かめてみたくなりました。
会社の書類なしでどこまでできるだろう、って。

とりあえず、著書4冊と海外の大学から送られてきた封書1通、ほかにたまたま海外の会社からCDを送ってもらった時の封書を付けて、申請に行ってみました。

最初に言われたのは、
「海外で出した本はありませんか?」でした。
つまり、海外で取材した内容を含んだ本であっても、海外で出版してなければ、「海外で活動している」と認めるには不十分らしい。
(資料として提出するのは本の表紙のコピーであって、本の内容ではないのでした……)。

次に言われたのは、「新聞社にお勤めでしたら、『旧姓使用証明書』を提出してくださればすぐに旧姓併記で発行できますよ」ってこと。
窓口の方が親切で言ってくださった助言だったのに、なぜかなあ、この一言で私の何かにスイッチが入っちゃった。

実は、私の職場の机の中には、すでに「旧姓使用証明書」の書式が入っています。上司に見せて、「いざと言う時は書いてね」とも伝えたことがあります。
それでも、なんか妙に抵抗があったのです。
「結局、会社の力を借りないと、私は『おぐに』の旅券をもらえないってことか~」って。
なんかこだわってしまっていたのでした。

だから、窓口では、こう答えてしまいました。
「会社から書類をもらうことは可能だと思う。でも私は知りたいんです。会社の書類なしには、認められないのかどうか。例えば、フリーライターさんならどうですか? どういう書類があれば認められるんですか?
旅券の問い合わせ窓口では、これとこれがあれば必ず認められる、というような言い方を絶対になさいませんよね。ケースバイケースで判断します、と。だから、ネット上でも古い情報から新しい情報まで色々な情報が飛び交ってます。特に会社組織に属してない人は苦労もしてます。
私はこの著書のほとんどを、会社の仕事とは別の取材活動として書きました。会社員として海外で取材活動を行ったこともありますが、会社の仕事以外で海外で取材したことも何度もあります。
勤務先の社印を押した書類なしで、旧姓併記を認めてもらえるかどうか、そのために何が必要なのか、確かめてみたいんです。
それで認めてもらえないなら、何が問題だったのか、きちんと理由を説明してくださればいいです。認めてもらえなかった段階で、もう一度検討して、『旧姓使用証明書』を提出して申請しなおしますから」

なんでかなあ。
むちゃくちゃ意地になってた気がする。
一言でいうなれば、「私が『おぐに』(旧姓)であることを、会社の力を借りずに証明したい」という思い。
いやはや。

よくよく考えるとものすごくナンセンス。
旅券の名義が、人間の存在を左右するわけなんかないのにねえ。

このクソ忙しい時に、窓口で延々と30分も1時間も説明に費やしたのはなぜなのか、なぜこうまで意地を張っちゃったのか、自己分析してみた。

結婚して以来、「おぐに」を証明してくれるモノが何一つなくなり、名義変更すれば健康保険証や郵便局の通帳の「おぐに」名義を二重線で消され、訂正印を押さされ、そんな一つひとつの経験の積み重ねの果てに、旧姓へのこだわりがますます強くなっていたことが一つの理由。

あと、会社の書類一つで、あっさり旧姓「おぐに」を認めてもらえちゃうことへの妙な抵抗感が、私の中にはあるのだなあ、とも気づきました。
会社のルーティーンワークとは別に、自分なりの思い入れを大事に、取材し、本にまとめてきた努力や時間を、私はたぶん、思いのほか大切に思っていたのかもしれません。

何やってんだろ、と自分でも思っちゃう。
制度に対する抵抗というには、あまりに徹底してないし。
どうしようもなくなったら会社に泣きついて「旧姓使用証明書」を出してもらえばいいや、という担保を確保した上での「ジタバタ」にほかならず、それで社会が変わるわけでもなく、誰かのための行動というわけでもなく……。
はっきり言えば、私の単なる自己満足に過ぎない。

そこまで頭で分かっていてもなお、やっぱり、会社名義の「旧姓使用証明書」なしでまずは申請してみたかったのだった。
それで結果的にだめだったとしても。

例えばこの先、私が会社を辞めたなら、求職中だったら、「旧姓使用証明書」を用意することもできない。会社員でなくなったら、私は「おぐに」の名前を併記した旅券を取る道が閉ざされるってわけ?

窓口の女性の、さらに上司の女性が登場したので、正直にそんな思いを伝えたら、意外なことに、彼女はまっすぐに、すっきりと、私の言い分を受け止めてくれたのでした。
「フリーの方でも、会社組織の書類がなくても、旧姓併記が認められているケースはあります。もう条件緩和から1年が経っています。少しずつ状況は緩和されてきています」。
彼女は私の目を見て、きっぱりとこう言ったのだった。
「わかりました。じゃあ、やってみましょう!」

「旧姓使用証明書」があれば、旅券事務所レベルで判断して発券が可能なんだそうだ。でも、その書類がないと、事務所レベルでは判断ができないため、「事情説明書」を添付し、外務省の協議にかけられる。となると、1カ月くらいかかることもあるし、その上で不許可の結論が出ることもある、と一連の流れを説明してくださった。
とりあえず、事情説明書を作文する。
自分の作文のまずさで旧姓併記できなかったら、こりゃ、あきらめもつくというもんだ。

ところがところが。
再度、窓口に行ったら、さっきまで対応してくださった女性上司の方が不在で、また、新たなご担当者が登場し、私の事情説明書を読んで一言、
「会社に所属されているなら、会社に『旧姓使用証明書』を出してもらったら、すぐにOKが出ますよ~。事情説明書なんてなくても、旧姓使用証明書があれば確実なのに」

だから、それ、もう、終わった議論なんですってば……。
一から、再び、ほとんど理屈にならない思いを、熱っぽく語る私。
「だから、外務省協議でも何でもかけてください。それで不許可なら、その理由とともに教えてくだされば結構です。だったら納得もします。どういう結論が出るのか確かめようというこの作業も、自分にとっては、取材活動の一つだと思ってます」
などと説明していたら、さきほどまで対応してくださっていた女性が飛んできてくれて、周囲のスタッフにはっきり宣言してくださった。

「この人は、旧姓使用証明書なしで、事情説明書を添えていったん申請することでもう決定してますからっ!」

その彼女の毅然とした態度に、ちょっとだけ胸を衝かれた。
ああ、この人はたぶん、私のむちゃくちゃ意固地な、ほとんど理屈ではない、説明しようのない思いを、そのまま、きちんと受け止めてくれたんだ、と、そう思えたから。

彼女がふと私に言った。
「記者さんはやはり旧姓を使う方が多いんですか? 昨年、条件が緩和されて以来、たくさんの記者さんが申請に来られているんですよ。それまでは、申請前にわざわざ離婚されたりしていたそうです……」
きっと彼女は、この旅券事務所で、色々なものを見つめてこられたんだろう、とふと思った。

ということで、「旧姓併記旅券への道1」でした。
「2」を書けるのは、いつかなあ。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旅券申請に旧姓使用証明書

 今回はパスポートに旧姓並記を申請する書類についてです。

コメントの投稿

非公開コメント

たかが苗字されど苗字

私も職場で旧姓使用してます。
でも旅券やクレジットカードなどは、無理なんだろうなと諦めて、さほど深く考えず新姓でつくってます。
自分の内部での旧姓へのこだわりが、時間の経過とともになしくずしになっている部分もあります。
子どものPTAとしては、新姓ですし...
あやちゃんの日記をみて、やっぱりなんだかんだいっても未だに旧姓の方が自分の本当の名前のような気がするってことを改めて思い出しました。
「旧姓併記旅券への道2」楽しみにしてます。

 婚約した20年前、姑は○○の姓を名乗ってくれますか?と聞いてきました。名前で仕事をしているわけでもなく、跡取り娘でもなく、専業主婦になる私は驚きました。
 最近別姓の方が増えているからね。と姑。
 でも私の周囲でも、当時から別姓はいました。日常は戸籍名。論文は旧姓で書いていた先生。
 結婚して別姓を貫こうとして、世のしがらみがめんどくなり。ペーパー離婚している先輩。
 なんで女性ばかり、自由に生きられないのかと思いました。
 おぐにさんのこだわり、専業主婦の私も何となくわかる気がする。
 戸籍、家…組織、息苦しいです。
 

お疲れさまでした

参考になる話をありがとうございます。
私の周辺でもいろいろと話を聞きます。夫婦で会社経営していて書類を出せた人、派遣の待機期間で粘ったけどダメだった人。。。
私自身は法律婚の時に申請しましたが窓口で渋られ、また旧姓併記では効力があまりないのではと思い、結局はペーパー離婚してしまいました。事実婚で3年になろうとしています。
旧姓併記のパスポートでどこまで使えて、どこで使えないか、レポートしていただければと思います。きっとみんなの参考になると思います。

本当に…

私も仕事は旧姓でしています。
前の(といっても15年前に転職しましたが)会社の時に結婚し、
氏の変更に関しての様々な書類を提出しなければならなくて、
「どうして?仕事は今までと同じ名前だよ」と同僚に愚痴りながら
記入した記憶があります。
で、転職後も上司に話して、生まれた時から使っている氏で通しています。
決して、夫の氏が嫌なわけではないし、
学校関係、地域関係は、夫の氏ですしね。
でも、何だか、私が私であるために、生まれた時についた名前を大切にしたいと思うのです。
先日、家をリフォームした時に、
夫が手作りの表札を付けました。
そこに、しっかり、私のこだわりの氏も入れてくれていて、
嬉しかったです。
そんな彼だから、結婚したのかな、とちょっと思いました。

続報、楽しみにしていますね。

印鑑登録で

自分の無知をさらすようで恥ずかしいのですが、
結婚後、印鑑登録の必要に迫られ、
「そういえば、結婚前に相続手続きで高いお金を出して作った実印があったな~」と旧姓フルネームの印鑑の存在を思い出し、
軽い気持ちでそれを役所に持参した際、
区役所の方に言われました。
「あなたは、もう、旧姓*HIROMIさんではないので、この印鑑では登録できません。」と...

私の存在を否定されたようで、
はなはだ不愉快でした。
結局、姓名の「名」のみの印鑑を改めて作り、
それで印鑑登録しました。

私は、夫婦別姓を実行しているわけでもないし、
むしろ、平凡だった旧姓から変われたことが、
ちょっと嬉しかったはずなのに、
こんな風に否定されてしまうと、意地を張りたくなっちゃう。

おぐにさんの「2」楽しみにしていますね!

むつみさん。

>子どものPTAとしては、新姓ですし...

私はいつも、新学期の保護者会や何かでは、「○○○○(息子の名)の母の▽▽(息子の名字とは違う私の旧姓)です」と挨拶し、そのたびに、その場がシーンとなります。
どのようなご家庭の事情かしら、とみなさんご心配してくださるようで。申し訳ないんですけどねー。
でも、結婚後、そろそろ10年を過ぎ、さすがに病院で戸籍名で呼ばれても、返事ができるようになってきました。昔はよく大失敗したもんです。

つっちーさん。

>戸籍、家…組織、息苦しいです。

私は私、って飄々と生きていければいいなあ、といつも思います。
旧姓を使うにも、「仕事を持っているから」とかそういう理由をいちいち言わなくても、その人が望めば、自分の名前を大事にできる社会ならいいのに、と。

tomoさん。

>夫が手作りの表札を付けました。
>そこに、しっかり、私のこだわりの氏も入れてくれていて、
>嬉しかったです。
>そんな彼だから、結婚したのかな、とちょっと思いました。

そうでしたか。仲良く並んだ名前、いいですね。
「生まれついた時の名前を大事にしたい」って気持ち、なんか私もよくわかります。

HIROMIさん。

>むしろ、平凡だった旧姓から変われたことが、
>ちょっと嬉しかったはずなのに、
>こんな風に否定されてしまうと、意地を張りたくなっちゃう。

そうそう。
否定された感じがするから、余計に意地を張りたくなるんです~。

来週にも「2」をアップしたいと思ってます。
展開があれば、ですが。


お久しぶりです

おぐにさん、大学卒業以来ご無沙汰してます。こんなところでお目にかかれるとは、技術の進歩って有難いものですね♪
「秘密」でメアドなど個人情報をコメントしました。ご多忙とは思いますが、またお会いできる機会があれば嬉しいな~。

ウチは10年以上前から事実婚ですが、住民票はずっと別々でした。先日、金銭的な手続きの関係で住民票を一緒にしたのですが、それだけでも「役所が私事に踏み込まないで!」という怒りに似た想いに駆られました。
ましてや、戸籍まで変更された方々はほんとうに大変でしょうね。お察しします。

....でも、HIROMIさんの仰るように「平凡な名字を変更したい」という誘惑に駆られることはしばしばあるんですけどね(^^ゞ
職場では必ず名字でなくファーストネームで呼んでもらうことにしてます。そうでなきゃ、大混乱になっちゃうんですもの。

別姓併記の仕方

9年ほど前から、別姓併記のパスポートを使っています。
幸いにして、職業を持っている私は、上申書を一枚と学会の招待状の添付で、別姓併記のパスポートを手に入れることができました。
でも、やはり職業を持たない方は、どうするのかなぁと、私も後ろめたく思いました。

それと、もう一つ、併記の表記方法が、まったく気に入りません。
戸籍名の後ろに( )で、旧姓を付するのですが、
この( )というのは、一体どういう意味なのでしょうか?
アルファベットで氏名を表記する国で、こういう表記の仕方を、しているところを私は見たことがありません。
もちろん、日本独自の表記方法を編み出したのだというのでも、構わないのですが、それならば、( )の意味を知りたいです。

申請したときには、時間がなくて、表記方法まで荒そうことができませんでした。
約10年たって、更新の時期が近づいて、もしかして、表記方法変わったかな、おもっていたら、変わっていないのですね。

う~ん。

U子さん。

お役所に行くのが面倒とか、もう、そういうレベルであの世界が苦手です。できれば何もしなくて済むのが一番いいなあーと。
問題意識以前に、結局、面倒くさがりやなんですよね、きっと。

いのうえさん。

()書きは今もそのままですねえ。
おまけに電子化されたわけで、電子化部分には旧姓情報は入らない仕組みになっているんだとか。これから使ってみながら、何が不便で、何が便利になったか、一つひとつ確かめてみようと思います。

参考にさせてくださいませ。

はじめまして。ずっと旧姓で仕事を続けているものです。結婚前に10年物のパスポートにし、カードも口座も全部旧姓で使い続けていますが、(さすがに免許書と保険証はそうはいかず)そろそろ書き換えを考えないといけないころになってきたので(面倒だけど一度戸籍抜くかと思って)昨今の旧姓の問題を調べたところ、こちらの記事を発見させていただきました。
そもそも。国が国民を個人で管理しないで、いまだに戸籍なんかで管理しているからこういう問題がおこるわけだし、それは年金(年金3号)や税金(扶養家族)、皆、同じ問題ではないかと。

海外在住者の結婚

海外に住んでいるものです。この度、同じく海外に住んでいる日本人と結婚することになり、婚姻による苗字の変更について調べていて、ここにたどり着きました。

私の住んでいる国の人は結婚しても苗字が変わらないため、IDカードもそのままです。なのに日本人である私は結婚すると苗字が変わるため、パスポートも変えるので、彼らにとっては別人になるのに等しいと思います。

今回結婚の具体的な話をするために日本に帰りましたが、結婚って二人よりも「家」が重要なんだと実感しました。
しきたりや気遣いばかりが先にたって、なんか楽しくないなぁ・・・と思ってしまったのです。

つっちーさんの言うように、女性の苦労の方がずっと大きいと思います。

記事、大変参考になりました。私もがんばってみますね。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。