スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本日も授乳中」記事に怒り爆発

ああ、腹が立つ。
何かというと、週刊文春4月19日号。
柔道の全日本選抜選手権で、決勝に負けたのに世界選手権代表に選ばれた、谷亮子さんをめぐる記事。
見出しの「これじゃあ 『負けても金』 谷亮子」 まではいい。
代表選考に対する疑問を感じている人も多いだろうし、それを批判したり揶揄したりする記事があるのは全然OK。
YAWARAちゃんファンを自称する私だって、そう思います。

ただし、この見出しには続きがある。
正確には、

これじゃあ「負けても金」谷亮子 本日も授乳中

最初にこの見出しを見た時、すごく悪意を感じてしまった。
記事によると、スポーツ紙の記者が「今回の最大の敗因は、愛息の佳亮クンへのいわゆる“授乳問題”です」と語ったとし、こんな文章を続けている。

当の谷本人も、こんな本音を漏らしていた。
「言い訳にはなりませんが、普段なら2時間かけて練習するところを30分しかできなかった。もし(子どもが)2歳になっていたら(結果も)代わっていたはず」
大会前夜は、夜泣きで起こされ、一回戦が終わった後には、搾乳器で母乳を哺乳瓶につめていた。


記事の趣旨に反して、私はここで、思わず涙ぐんでしまいました。
「もしもこの子が○歳になってたら……」と思ったこと、あります。
大事な取材の前に限って夜中に夜泣きで起こされたこと、あります。
会社のトイレで、母乳を絞って捨てたこと、もちろん何度もあります。

それは、切ない、悔しい気持ちで振り返る経験であると同時に、
私にとっては大切な、何にもかえがたい誇りでもあります。

ところがこの記事、1歳3カ月の佳亮くんは「普通は乳離れしている年齢」と断じ、八洲学園大の福田博子教授の談話を引いて「個人差はありますが、生後5、6カ月を目安に離乳を始めたほうがいいですね。夜泣きしている姿を見ると、かわいそうになって、思わずオッパイをあげてしまう人が多いんです。でも、卒乳時期が遅いと、自立が送れてしまう」と書いている。

おいおいおいおいおい!
今じゃあ、自然卒乳を唱える専門家もいっぱいいるし、福田教授の「離乳は5、6カ月を目安に」だって断乳とは別の話なのに、極めて意図的に誤解を誘おうとした編集としか見えない。
WHOやユニセフが 「短くても2年間は母乳を与えましょう」 と推奨していることはもはや常識ではなかったか。
(参考に順天堂病院系のサイト

母と子が一緒にいられない時間を、魔法みたいに埋めてくれる「授乳」という結びつきを、なぜ、あえて捨てなきゃいけない?
いつ授乳をやめるのか、それは、自身の体や息子の様子、仕事の事情などを全部考えた上で、YAWARAちゃん自身が選ぶことだ。
それで負けたら、YAWARAちゃんだって批判を甘んじて受けると思う。
他人が、こともあろうに「授乳」を揶揄すんなっ!
ちくしょー。

さらにこの記事、YAWARAちゃんに「子離れ」を迫った挙げ句、最後の締めの言葉がこれ。

「ママでも金」に向かって、まずはもう一度、(夫婦)二人で育児について話し合ってみたら?

余計なお世話よっ!。
なぜに卒乳時期まで、メディアが口を出す?
代表選考に疑問があるなら、選考した側の連盟を批判するのがスジなのに。

……と、ここまで熱くなったところで、しみじみ。
なぜ私はこんなに熱くなる?
授乳期からもう8年近く経つのになあ。
いまだに、おっぱいは私のツボなのねえ。ふむむ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~む…。
「母乳」ってキーワードは、けっこう地雷源かもね。
人によって思いいれの温度差がありすぎ。
ある種、「母性」の代名詞になっているところもあるし。
「母性」って、とってもいい言葉なのに、「神話」とか他の言葉とくっついた瞬間に、なんだか胡散臭いものになってしまう。悲しいわ。
あと、声高に叫ぶほどにアヤシイものにもなっていく…。

ちなみに私、下娘は一歳半ですが、まだおっぱいをあげたまま寝かしつけています。これがなければ、寝かしつけができません。夫には、「たまには飛び道具を使わずに頑張ってみろ」と言われます(汗!)。
夫はおっぱいないけど寝かしつけできるしね。

で、谷選手に関しては、「子どもの夜泣きで練習が出来なかった」といわれれば、さもありなんと思うし、同情もするけれど、1歳過ぎた子に搾乳機でしぼった母乳をあげる必要はわかりません。
つーか、1年過ぎて搾乳できるっていうのもスゴイと思うけど。
離乳後の授乳って、スキンシップの意味合いが大きいでしょ? 栄養的には意味ないわよね…。

文春の記事は確かに大きなお世話と思うけれど、谷選手にも「あんまり、"私が日本の母親代表"って顔をしないでほしい」とも思うわ。ジジババは喜びそうだけど。
ごめん。あんまり好きでないもので。

突然のコメント失礼します。

私のマザーズバッグ情報サイトで
こちらの記事を紹介させていただきましたので
ご連絡させて頂きました。

該当ページは、
http://1mazaazu.blog100.fc2.com/blog-entry-18.htmlです。

今後ともよろしくお願いします。

イケメンの妻です。
(この書き出し、おぐにさんしか分からないかも。。)

この記事私も「なんじゃい!」って思いました。
っていうか本当に余計なお世話。
人の生活なんだからどうでもいいじゃないって
思いました。
ちなみに搾乳は1歳過ぎでも必要な人は必要です。
それは私。今まさに乳腺炎との戦いです。。。

今回の谷に言いたいことは、ただひとつ。
「選手として出場したからには
 授乳だとか夜泣きだとか、畳の上以外のことを
 ぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃ人前で
 語るんじゃねぇっ!!」
ですな。

レース前後に「実は足を痛めていて」という
マラソン選手にも似た往生際の悪さを感じますわ。

結果勝負なのは承知でスポーツ選手やってんだからさ。

てなわけで、文春も谷も、教育的指導でおあいこ。

いしまりさん。

母乳=地雷源……。なるほど。勉強になるわー。

>1歳過ぎた子に搾乳機でしぼった母乳をあげる必要はわかりません。

確かに同感。普通、しぼって捨てる、だよね。
そういえば、「飲ませてくれ」とせがんだ男性先輩記者に紙コップで(決して直接ではない!)飲ませてあげたこともあったっけ。ははは。

せいなさん。

乳腺炎!!
つらいよねー。痛いよねー。
どうかどうかお大事に。

ゆりうすさん。

そっか。往生際が悪いといわれたら、まあ、確かにねえ。
私は結構YAWARAちゃんファンなので、好意的に受け止めちゃったけど、言われてみれば、そうよねえ。

ところで、YAWARAちゃんって、ほんと、学生さんの時からずっと思ってたけど、いかにも将来、自民党から選挙に出ちゃいそうな気がしない?
それだけはやめてほしい、と思っているのだけれど。

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。