スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙ぼろぼろ

息子の学童保育で、同じ学年の男児がほぼ全員退室してしまう、という事態になっている。そもそも、同学年男児の家庭は、共働きであっても、祖父母や兄姉が家にいる人や、フルタイムでない人が多かったから、本人が「やめたい」と強く言えば辞めさせてやれる環境にあったのだろう。
これはもう、仕方がない展開なのだった。

放課後に友だちと約束し合って自由に遊ぶ級友を横目に、うらやましくてうらやましくて仕方がなかった息子から「学童保育を辞めたい」という強い訴えを受け、何度も家族で話し合い、週数回、学童保育を休ませることにした。
学童を休む日は、自由に友だちと約束し、遊んで良し、という結論。
それに当たってのルールは、

*学校から帰宅後、必ず、どこに行くか、母ちゃんの携帯電話に連絡を入れる。その場所を移動した時も、必ず連絡を欠かさない。
*親が家にいない時は、友だちを家に入れない。
*カギや持ち物の管理に万全を尽くす。
*どこで誰にどのようにお世話になったかきちんと報告する。

本人も、よほど学童保育を辞めたかったんだろう。
思ったより、ルールを死守して、遊んできたのだった。

が……本日。
よりにもよって、私が大阪日帰り出張の日に、やってくれたのだった。

新幹線で大阪から東京に向かう途中、息子から連絡があっていいはずの時間になったのに、全然、連絡がない。それでも最初の1時間くらいは、「まあ、学校で居残りさせられてるんだろ」とか、その程度にしか思っていなかった。
が、帰宅時間を1時間過ぎても連絡がない時点で、ちょっと不安になってきた。

思いつく友だちの家に電話してみる。
いない。
学童保育に電話してみる。近所の公園も含め、誰も見てない、という。
思い切って学校に電話し、まだしゃべったこともない新しい担任の先生にも聞いてみる。
学校からは時間通り帰った、という。
自宅にも電話してみる。もしかしたら、友だちを連れ込んじゃって、私にばれるのが怖くて、家から電話できなくなっちゃってるんじゃないか、と。
しかし、本当にいない。

帰宅予定時間を1時間半過ぎたところで、いよいよ不安になってくる。
夫と何度か連絡を取り合う。
夫がぼそっと「もう、学童保育を休ませるのは、なしだな。こんな状態じゃ、安心して休ませられない」という。
同感。

学童保育を将来辞める方向で、休む日を増やすというのは、息子の訴えを受けて私が進めた話だ。
夫は最初から反対だったのを、「友だち同士で約束し合って遊びたい気持ちも分かるでしょう? 夏休みや春休みに朝から夕方まで屋内に閉じこめられてるなんて、自分だって嫌でしょう?」と私が必死で説得したのだ。
それなのに。

心でつぶやく。
おまえはアホか。
せっかく必死で後押ししてやったのに、なぜ約束が守れない?

いよいよ、新幹線が東京駅に着いた時には、「近所で交通事故がなかったか、警察署に聞こうか」というほど思い詰めていた。
帰宅予定時間を2時間も過ぎているのだ。

と、そこで携帯電話が鳴った。
「あ、母ちゃん? あのさー、今日、何時に帰らなきゃだめ?」
と、のんきな声の息子。
やはり友だちの家に行ってたらしい。
私が一瞬黙りこくると、険悪なムードを察知したのか、
「あのね。家を出る前に母ちゃんの携帯に電話したけど、プープーって話し中だったから電話できなかったの」

母、激怒。
無事でいた、という安心感と、のんきな声に対する憤りと。
東京駅のものすごい人混みの中、思わず立ち止まり、

「じゃあ、どうして何度も電話しないの?! どうして父ちゃんに電話しなかったの?! どこに行ったか連絡せず、この時間までどこにいるの! 母ちゃんや父ちゃんがどんなに心配したか分かってるの?! 連絡しなかったらこれほど親を心配させる、ってことすらわかってないアンタに、アンタなんかに、学童保育を辞めるの辞めないの言う資格なんて、ないーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」

久しぶりに携帯電話に向かって、大声で怒鳴りました。
映画の一シーンみたいに、雑踏の動きが一瞬止まり、相当の注目を浴びていたようです。
でも、もう、そんなことどうでも良かった。

「父ちゃんも心配してる。すぐに電話しなさい」と言って、いったん電話を切る。
しばらくして、夫から電話。
「おいおい、なんかあいつ、すごい殊勝な声出してたぞ」
当たり前だ、ふん!
「もしかして、君、すごく、しかりつけた?」
しかりつけたなんてもんじゃあございません。
怒鳴りつけましたっ。

思わず、私、「万死に値するわよ! 市内引き回しのうえ、はりつけだっ!」って叫んだら、夫が爆笑していた。まったく。
こうやって夫婦で笑えて、ほんとによかったよ。

そんなこんなで、何はともあれ、東京駅から自宅に急ぐ私。
地下鉄の中で、憤りより安堵感のほうが膨らんできて、無性に鼻がグズグズした。
さて、家に帰ったら、何と言ってやろう。
頭も心も混乱したまま、マンションの下まで帰ってきたら、部屋の電気がついていた。
母ちゃんの剣幕に、さすがの息子も、慌てて飛んで帰ってきたというわけか。

家に入る。
背中を丸めてうつむいた息子がいる。
いつも、見ているテレビ番組「天才テレビくん」がついてない。
が、手にテレビのリモコンを持っている。
ちくしょー、さっきまで見てたな。
もう、何もしゃべる気持ちにもなれず、黙々と着替え、布団の上に座ったら、もう、悲しくなってきて、このまま黙って寝てしまおうと思った。
布団を被る前に、ちらっと息子を見たら、息子もこっちをそっとうかがっていて、目が合った。

息子がか細い声で「ご、ごめんね……」と言う。
私は、声も出ないまま、息子を手招きする。
怖々と息子が近付いてくる。
息子に触れたらもう、ダメで、気付けば声を上げて私のほうがオイオイと泣いていた。

「よかった~、無事でよかった~、ふえええええん」

弾かれたみたいに息子もしゃくりあげ、ボタボタと大粒の涙をもぎ飛ばしながら、「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」とずっと泣いていた。

帰宅するまで、私の頭の中には、「もう学童保育を辞める話は、白紙撤回!」とか「新しいルール作り」とか色々と建設的、あるいは破壊的な思いもあったはずなんだけれど、結局、息子にすがって泣きながら、どうにか言ったのは、これだった。

「覚えていて。母ちゃんは、あんたが野球が強くなれなくても、勉強ができなくても、縄跳びができなくても、何ができなくても、本当のところは構わない。あんたが無事に生きていてくれたら、もう、それで十分だと思ってる。それが一番、何より一番大事なの。それだけは、頼むから、どうか頼むから、ちゃんと覚えていて……」

あーあ、久しぶりに声上げて泣いたなあ。
さんざっぱら親子で号泣したら、なんか気持ちもすっきりして、夜は阪神ー中日戦のナイター中継を見て、テレビの前でメガホン叩いて、応援歌を歌って、阪神が逆転勝利を上げて、藤川球児は3打者連続三振で決めてくれて、最後は親子一緒にテレビの前で万歳して、風呂入って、寝た。

息子には、「学校と学童保育の先生に、自分からもきちんと事情を説明し、心配をかけたことを謝りなさい」と伝えておいた。
明日、これを、ちゃんとできなかったら、ちくしょー、今度こそ絞めてやる!

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勉強法の広場

4)複数の語を丸暗記する1 勉強には暗記が付き物です。暗記が苦手、暗記がおっくうだと思っている方々も多いのではないしょうか。 しかし、暗記も様々な工夫をすることで実に楽に暗記をすることができるのです。それでは、早速「暗記法」を紹介します。

コメントの投稿

非公開コメント

朝から一緒に泣きました~。
よかったよかった。

こちらの学童クラブは新1年生が例年の1.5倍くらい入ってきて、定員めいっぱい(90人弱)。かなり雰囲気が変わってきて、ムスコもいつ「辞めたい」と言い出すかとヒヤヒヤしています。

朝から涙が止まらない・・・

朝からドキドキした~!
そして・・・本当に無事で良かった。
なにごともなくて・・・本当に良かったです。
本当に、何もなくても、
こどもが元気で居てくれる以外の宝物はないですよね。
あぁ・・・朝から涙止まりませんでした。
こうしてまたひとつ大人になっていくんですね・・・

私も泣いた~。
でも、おぐに、いいおかあちゃんだね。
なんだか天童荒太の「永遠の仔」を思い出しちゃった。
>覚えていて。母ちゃんは、あんたが野球が強くなれなく>ても、勉強ができなくても、縄跳びができなくても、
>何ができなくても、本当のところは構わない。
>あんたが無事に生きていてくれたら、もう、それで十分だと思ってる。

これを日本中の母親が言えたら、悲しい思いをする
子どもの数はぐんと減るのにね。

よかったよかった

どきどきしながら読んだよ。
抱きしめて、おぐにが泣いたところで、ワタシも思わず涙。

よかったね。よかったね。
我が娘は昨日から中学一年生。ワタシがいないときにも友人が来ていたりするので、やっぱり「安心」とは言えないんだけど、
親離れの時期は始まったようで……。
まだ娘が幼いころのことをいろいろ思い出した、おぐにの話だったよ。

わが子ものは・・・

うーん、母と子の情愛を一幕ものに描いた筆力はすごい。感動もんです。早くもコメント多々あり。むべなるかな。せがれと”目があった”あたり、好きだなぁ。小生も目頭が熱くなりました。

おひさしぶりです。

いま、職場の昼休み。
お弁当ほおばりながら拝見しています。
同僚の手前、涙をこらえるのに必死になりました^^;

ほんと、無事でよかったですね

ああああ、いいなあ。
読んで、こう、なんともいえない気分になりました。
無事でよかった。「あなたが一番大事」って
言える母ちゃんと「うん」と受け取る息子。
ほんと、ずーっと覚えてる思い出がまたひとつできたねぇ。

同じ阪神-中日戦を見ていました。
こっちも、「これぞ!」な勝ち方で、よかったねぇぇぇ。

泣いちゃったよ~

私も泣きました。えーーん。
無事だと分かって、泣いちゃって、怒鳴ってしまったこと。
私もあるわ。
#「出てけ!」と言ったら、本当に8キロ先の
#夫実家まで自転車で家出した小2のとき・・・。

ちなみに、うちは小3から学童なし。
夏休みにキッズケータイを買って以来、遊びに行く
連絡はメールです。
無題で、友だちの名前だけのメール(笑)。
時々、「○○のばーか」とか、「○○にけられた」
「いまどこ?」とかも来る。
返信する頃には、携帯は放置して出かけているわ。

なにごともなくて、ほんとよかったす。

同じ年の娘がいる親として、電話でどなりつけたおぐにの気持ち、とってもよくわかるっす。

・・・でもそんなときでもやつらは、親が帰ってくるぎりぎりまでテレビみてるのよね。それも一緒だわ(笑)。で、さらに逆鱗にふれるのだが。

無事でなにより。
でも、携帯ですぐに連絡がとれる手段があるから、かえって心配してしまうのではないか、って思えました。
たぶん、こうしたことは昔はよくあったんだろうな。私もそうした記憶があるし。

みなさん、コメント感謝です。
本日、息子は、家を出る時、私の携帯電話が電波の届かないところにあったため、そこに留守番電話を残したうえ、夫の携帯電話にも連絡をしていたようです。
とりあえず、さすがにあの日のことは反省したようで。
一緒に泣き笑いしてくださった皆様、感謝です。

manaさん。

子どもが無事でいてくれさえすれば、どんなトラブルがあったとしても、最後は「いろいろなことを学べたねえ」と家族で笑いあえるのだなあ、と知りました。
私としても貴重な体験をさせてもらいました。

nonkoさん。

振り返ればね、「ちくしょー、あんたが心配かけたせいで、母ちゃんは楽しみにしてた新幹線の中のビールを飲み損なったじゃないか!」とかそういう笑い話なんですけどね。
まあ、一連の出来事を通じて、私も久しぶりになんか、子育ての原点を確認できた気がしました。
結果オーライ、かな。

いしまりさん。

>でも、おぐに、いいおかあちゃんだね。

いやいや、私はむしろ、家で最初に息子を見たとき、なんかもう脱力して、夕飯の支度も何もかも放り投げて、布団かぶって寝てしまおう、という衝動にかられたことに、自分でびっくりしちゃったよー。
あそこで寝てたら……しゃれにならんよねー。

おトラさん。

そうか……。子どもが思春期になり、親離れの時になるとまた、色々なことに悩むんだろうなあ。
楽しみなような、怖いような。

冷奴さん。

ははは、あまりに情けない体験だったので、ブログに書くのを一瞬躊躇してました。
やはり書くからには、素直に書くのが大事、ということでしょうか。

くぼたさん。

ご無沙汰です。読んでくださって、コメントも感謝です!

ゆりうすさん。

このコメントを書きながら、本日は阪神ー横浜戦を見ています。2点差で9回裏ツーアウトランナー3塁で、豪雨中断なんて、おいおいおい。
バッター金本なのにぃ。

うららさん。

#「出てけ!」と言ったら、本当に8キロ先の
#夫実家まで自転車で家出した小2のとき・・・。

その話は、ほんとにすごいし、しびれます。
どきどきします。
携帯電話はなーんとなく、息子向きじゃない気がして、躊躇しちゃうんですよね。

はこぶねさん。

>・・でもそんなときでもやつらは、親が帰ってくる
>ぎりぎりまでテレビみてるのよね

そうそうそうそうっ!
歯ぎしりしながら、同意しちゃう。
まあ、そういう浅はかなところがまた、かわいかったりするから、子どもってくせ者ですよね。

渋井さん。

>でも、携帯ですぐに連絡がとれる手段があるから、
>かえって心配してしまうのではないか、って思え
>ました。

そういうこともあるのかもしれませんねえ。
第一、私が子ども時代なんて、未就学児のころから、一人で平気で家を出て、遊びに出かけてましたもんねえ。ちゃーんと近所の目が見守ってくれてもいたし。

ただ、子育てと仕事の両立という面で見ると、ファックスや、メールや、携帯や、色々な便利な道具ができたお陰で辛うじて両立できている、という現実もあるんですよね。ファックスとメールがなかったら、やっぱりこんな働き方は無理ですものね。


私も泣いた!

カメですいません・・・私も泣きました。
本当に息子さん何事もなくてよかった!
子供が生まれてから、いてくれるだけでそれだけで
幸せになれる存在・・・というものを知った気が
します。
母は強いわけよね。ホント。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。