スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストカットの写真集に、思ったこと

先日、岡田敦さんという26歳の写真家にお会いした。
リストカットをテーマに写真を撮り続けている。
6月に新しい写真集を出すという。
「記事を書いてほしい」と言われても、私の今いる部署では難しいし、せっかくお越しいただいても、何らお力になれることもないだろうと思いつつ、それでもお会いした。

新聞メディアでは長く、自傷がタブーだったし、今でも記事の内容や掲載写真などについてはとても慎重な判断が求められている。何より、結果的に自傷を広めてしまったり、当事者たちの自傷衝動を乱暴な形で高めてしまったりする可能性と、常に隣り合わせだからだ。

でも、彼の話を聞いて驚いた。
写真の世界はどうやらもっともっと、もーーーっと難しいらしい。
「写真展が開けないんです」と彼はいう。自傷がテーマと聞くだけで、スポンサーがつかない。ギャラリーも及び腰。写真雑誌への作品発表すら、「読者からの苦情や反発を恐れてか、断られました」。
前作の写真集「Cord」は結構話題になり、いくつもかのメディアに取材されたそうだ。が、どの新聞記事もテレビ番組も最終的にはボツになったそうだ。

「戦争写真ならばどんな残酷な写真でも写真展で注目を浴び、戦場カメラマンは勇気ある“英雄”のように扱われる。それなのに、国内の“いのち”の問題に関心を示さなくていいんでしょうか。足下の若者の現実には無関心でいいんでしょうか。“現実を写しとる”はずの写真家(あるいは写真界)が、実は日本の現実からは逃げているんです」

「一方で、リストカットする当事者たちからは、僕の写真集を見て『私も撮ってほしい』というメールがたくさん届きました。宿泊費も交通費も出せないのに、手弁当で全国から50人の若者が東京のスタジオに足を運んでくれた。彼ら彼女たちの思いを伝えるためにも、この作品を黙殺しないでほしい」

熱く語るというよりは、ぽつりぽつりと誠実に語る岡田さんを見ていたら、なんだかとても悔しくなってきた。

私自身、リストカットで講演していてしみじみ感じます。来てくださるのは保健室の養護教諭、カウンセラーなど、この問題と日々関わっていて、どんなに増えているかを肌身に感じている人ばかり。一方、子育て中のお母さんが関心を持ってやってきてくれる、というようなことは、とても少ないのです。子どもの覚せい剤や大麻など違法薬物の問題をテーマに講演する時のほうが、「もしかしたらうちの子も……」と関心を持って親たちが来てくれる、という現実がすごく不思議。
違法薬物よりも、ずーーーーーっと、リストカットのほうが普通に広まってるのになあ、と。

新聞にリストカットの連載記事を書いた時もそうでした。普通、不登校の記事などを書くと、反響のほとんどは親からです。なぜなら新聞はそもそも大人メディアだから。ところがリストカットの連載では、反響の9割以上が当事者である若者からでした。
何通ももらったのはこんな手紙。
「おぐにさんの記事を読んで、私のリストカットをお母さんに知ってほしくなって、記事を切り取ってお母さんに読んでもらいました。すごく勇気がいりました。でもお母さんは『怖いなあ。こんなことする子もいるのねえ。あんたの学校にもいるんじゃないの?』って。私はその夜、これまでで一番深く切りました」
その子がどんな思いで記事を切り抜いたのか、どんなに大変な勇気を振り絞って母親に記事を見せたのか、それを思うと、この時ばかりは私も涙が止まらないほど悔しかった。

そんなこんなを全部思い出し、気づいたら、岡田さんに言ってしまっていた。

「私にできること、探してみます」。

あーあ。20代の若者の熱意に、ついついほだされてしまうのは、オバサン化だろうか。
でも、それだけじゃなくて、彼の「自分は写真家で、カウンセラーや医者ではない」という基本姿勢や、自傷者との距離の取り方が気に入ったというのもあります。

新しく6月に出る予定の写真を、見せてもらいました。
前作のは自傷そのもの、って写真はなかったけれど、今回は傷だらけの腕がたくさん載ってます。それでも、「ああ、この写真は自傷衝動をあまり人に起こさせないなあ」と妙に確信しました。
なぜかなあ。

1つは赤い血だらけの傷跡ではなく、あくまで自傷して少なくとも何時間かたった、血のない傷跡だからだったからだと思う。
でも、たぶん、それだけでもないんだな。
きっとそれが、彼が写真家として訴えたかったものがにじみ出た結果なんだろう、と思った。顔をさらし、裸体をさらし、傷だらけの腕もそのままに、まっすぐにカメラに向かう若者たち。
何というか、とてもまっすぐに向かってくる。
少なくとも私には、「痛々しい」とは思えなかった。
むしろ、にじんでくるものを一言で言い表すなら、勇気、なのかも。

それと、もう一つ。
私自身、自傷している人を取材する時、腕見せてもらうことが結構あって、腕だけみると、傷だらけの腕ってかなり痛々しいものなんだけど、裸体全部の迫力の中にあっては、腕の傷なんてまあ、なんというか、しかられそうだがアクセサリーというか記憶のほんの一部なんだな。
写真を見ればやっぱり、乳房とか陰毛に目がいっちゃうし。きれいなおしりとか腰のくびれとか……ね。そんな中で、妙にすとんと、「この人の中で自傷はほんの一部でしかないんだ」と実感できるというわけ。

当事者がこの写真を見たら、どう思うんだろう。
「傷跡ばかり見て暮らしてきたけど、そうか、脱いだら私ってどんな風だろう。 自傷だけが私を形作ってるんじゃないんだ、きっと」と自然と受け止められるのではないだろうか。

彼の写真集を見て、切りたくなった、という感想が1通もないんだそうだ。「ほんとかよ」と思ったが、写真を拝見して、なるほど妙に納得できました。
(私の本なんか、「途中で切りたくなって怖くて読めませんでした。だから本を閉じました」みたいな手紙が妙に多かったもんな。反省)

あと、ここでは詳しく書きませんが、写真の並べ方にも彼のメッセージがつまってます。
これは写真集が出てからのお楽しみ。

お友達が少ない私は、知り合いのメディア関係者というのも決して多くないのですが、できるだけ声をかけてみようと思う。
こちらを見て、「取材しよっか?」という方がおられましたら、ご連絡よろしく。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

取材しよっか?

驚きました。

リストカットをテーマにした写真集があるんですね。
当事者として、より多くの人に理解してもらいたいと
いうのがあるので、この様な活動は凄くいいものだと
思います。

話は変わりますが、今年の初めにここで、『リストカ
ットをやめる』という宣言をしたけど、最近荒れてて
逆に回数が増えていますorz
やっぱムリなんですかねぇ・・・。

渋井さん。

今回は早々にありがとう!
ということで、岡田氏本人から連絡がいくと思います。よろしくお願いします。ペコリ。

あずささん。

>やっぱムリなんですかねぇ・・・。

どうでしょうねえ。
タイミングとか運とか巡り合わせなんてのも絡みますからねえ。
まあ、ぼちぼちいきましょー。

私の企画の話も、頓挫したままですみません。やはり、こういうテーマは作りモノではいけないよな、という面もあり、なかなか動き出せないでいます。私の心当たりにも声を掛けてみます。

そういえば、先日、渋谷で時間がなくて飛び込んだファストフード店でのこと。うつむき加減で目を合わせずに「ご注文確認」する店員の20才くらいの女の子。半袖の制服から両腕のリストカットの跡が見えていました。堂々と腕を出して働いている姿を見て、声を掛けたくなったのですが、思いとどまり、心の中で「ガンバレ」とつぶやくだけにしておきました。

無理かもしれませんが…

長野の某新聞社なら、取り上げてもらえるかもしれません。
5年以上前から自傷の記事を掲載していましたし、6年程前に京都で行われた自傷セミナーにも取材に来ていました。
(実際記事にもなりました。)
私も新聞社に投書でもしてみようかと思います。
私自身、10年以上リスカの事を誰にもいえず、当初は自傷という言葉すら知りませんでした。
でも自傷ということを知る事で一時的にでしたが良くなった経験があるので、良い意味での情報提供は必要だと思います。
長文失礼しました。

もしよければ・・

私も境界例のリストカットする者です。
初めて読ませてもらいました。うれしかったです。
突然失礼かとは思うのですが、
もしよければ私のブログを見て下さい。

書き溜めた詩が主です。

http://blog.livedoor.jp/dekorina/?blog_id=2347115
です。突然本当にすみません。

感動しました

太字の文感動しました。
わたしも、中1のリストカッターです・・・
ほんとに、リスカしないと生きてけないんです。
あなたのこの文章が、わたしにお勇気をくれました、ありがとうございます。

ばっかじゃないの?

意味不明。リストカットなんかしてんじゃねぇよバーカ

たまさン←
リスカする人の気持ち考えろッ
リスカをやめたくても
やめられない人達がいるンだよッ
たンなる遊びでやってると
本気で思ってるの???
まぢで脳みそ腐ってるンやなぃ(笑w
リスカしてる人達をこれ以上
辛い思いとか苦しい思いとか
させるよ-な事言わンといて←
もしリスカとか嫌いでNG発言
だそ-と想っても、言わンとぃて
書かンといてっ!!!!!!
これ以上リスカしてる人達を
苦しめンといてっ←
も-人一倍辛いンやから・・・。

どうしたらいいでしょうか??

あたしもリスカットしました
友達にガビョウで写真にブスってやられたんです
それから話もしなくなって・・・
家でもうちの人に勉強しろとかあれやれこれやれ
などいろいろやらされて
昨日カットなってチャンネル投げたらおこられて
リスカットやりました
家の人チャンネル壊れてそしたら弁償しろとか言って
もう家にもいたくないし
学校にもいたく無い
どうしたらいいでしょうか???
教えてください

初めまして。

ぼくも、高一のリストカッターです。
随分前の記事でしたが・・・。
お願いです。
リストカッターの存在をもっと全国に…。
学校での環境に慣れられなくて
6月の中旬からずっと不登校です。
認めて貰えないんです。
サイトも晒されて、居場所がありません。

お願いです、その存在だけでも…。
してしまう理由だけでも…。
神奈川では、横浜では、認めて貰えません…。

…乱文、長文大変失礼しました…。

コメント、いろいろとありがとうございます。
アメリカに来て以来、ここ数年、コメントにお返事を全然書いてなかったのですが、数ヶ月前、「ちゃんとお返事しよう」と一念発起、いったん、「お返事します」宣言をしたのですが、またしても、ここ数ヶ月頓挫してました。
すみません。

ということで、かばねさん。
コメントありがとうございます。
男の方の自傷は、女性の自傷よりも、知られてない分、なかなか上手に受け止めてもらえない現実がありますよね。

私が日本を出る数年前、それでも、学校の養護教諭(保健室の先生のことです)を中心に、随分と学習会などが開かれていたんです。
この数年で、随分と知識や対応方法についての情報がいきわたりつつあると思います。

症状やら原因やら背景やら色々な事情によって、回復への道のりもさまざまですから、それゆえ、本人も、周囲も迷ってしまうんでしょうね。

良い出会いと、回復への道が、見つかりますように!

初めまして

初めまして。突然のコメント失礼致します。
私は25歳で未だリストカットが止められないフリーターです。

以前、小国さんの本を見て色々と考えました。
私自身、周りの理解が得られず友人や家族からは冷たい目で見られました。初めてリストカットをして12年経ちますが、未だに止めることが出来ません。

今でも生きづらさを抱えながら日々を生きてる状態です…

乱文・長文失礼致しました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。