スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「弱音のススメ」という記事

最近、相談事を受けた相手がそろいにそろって、弱音を吐くのがとても下手に見えることに気付いた。
それで週に1度の編集会議で、「弱音のはきかた、って企画はどうでしょ。弱音を吐けば吐くほど上手に人間関係を回す人もいれば、弱音を言うほどに顰蹙を買う人もいますよねー。あれって何なんですかねー」と発言してみた。
ただの思いつきなのに、あっさり企画が通った。

そこで書いたのが、この記事。

弱音のススメ。(大人の弱音力検定付き)

よかったら「弱音力検定」、やってみてくださいな。

そうそう。
不思議なこと。
この企画を提案したのが私だということもあったんだろうけれど、デスクの一人から、「こういう記事は、弱音のプロ、おぐににしか書けないよ!」なーんて言われたのだった。

え?
私、弱音のプロですか?

いや、確かに私、弱音を我慢するタイプじゃないし、完璧主義でもなければ、「弱音を吐くなんてプライドが許さない」と思ったこともない。
だけどさ、昔はそうじゃなかった気がする。
だって基本的に自傷者は弱音を吐くのが下手だし。
私なんか、必死で弱音を普段は我慢してるくせに、「この人に頼りたい!」と思った途端、ひたすら毒のような弱音を吐きまくったり、もう、距離感もむちゃくちゃ。
人間関係で失敗したことなんて、山ほどあるわ。

そんな私が、今や、「弱音のプロ」?
こういう時、しみじみ思う。
歳を重ねるって、大人になるって、ほんと、ありがたいことね。





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱音と愚痴

大好きなブログ「おぐにあやこの行った見た書いた」の昨日の話題「弱音のすすめ」にトラバです。ネットお友達であるおぐにちゃんの書いた記事についての書き込みに、息子のこと、夫のこと、自分のことといろいろ考えてみました。わが家は全員弱音をはくのが、苦手です。記事

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しみに読ませてもらっています。
今日はトラバしてみました。
弱音って本当に難しい。私は弱音って思ってもらえないみたいで、結局跳ね返されて余計に落ち込んじゃったりしますね。
どうしたら弱音として成立するのかいろいろ考えて見ました。

『私なんか、必死で弱音を普段は我慢してるくせに、「この人に頼りたい!」と思った途端、ひたすら毒のような弱音を吐きまくったり、もう、距離感もむちゃくちゃ。
人間関係で失敗したことなんて、山ほどあるわ。』

ってとこに凄く共感でした!!!「頼りたい!」と思うと、ホントに弱音吐きまくるのに、そんな自分がイヤになって・・・悪循環に陥るんですよね;;

Mimさん。

>私は弱音って思ってもらえないみたいで

ごめん。ちょっと笑っちゃった。
でも、「弱音」と思ってもらえなくても、発信するのは大事だわーと思う。

あずささん。

私はそういうところを克服したのってきっと、30歳になったころ。克服してやっと、大人になれた、としみじみ思いました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。