スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀑状胃で挑む、胃カメラ

久しぶりの人間ドック。
懸案の胃カメラなるものに、挑戦してみた。

恐怖と痛みに満ちた体験談を山ほど聞いていただけに、検査の直前は悲壮感でいっぱいだった。
おまけに私は瀑状胃。胃の入り口が出口より下にあるとか、胃が二つ折りになっているとかそういう奴で、胃カメラとはどうも相当相性が悪いらしいことは、Googleで「胃カメラ 瀑状胃」と検索するとよーくわかっていた。

で、いよいよ本番。

最初は、喉のところにゼリー状の液体(キシロカイン)を垂らし、「そのまま5分我慢してくださーい」。これが喉の局所麻酔。
結構つらかった。痺れてくると同時に、喉に何か違和感が生じて、小さなサイコロを喉にひっかけているような妄想に囚われ始めて、気分わるいことこのうえなし。

「あーん、こんなことなら、バリウム飲んだほうがまし~」
正直そう思いました。

いよいよ恐怖の胃カメラ挿入!
……っとその前に、再度喉の奥にスプレーで麻酔を吹きかけてくれた先生が、「唾は飲み込まずダラダラ口から垂らしていたほうが楽ですよー」と教えてくれたことが転機になりました。

口からダラダラとよだれを垂らすなんて、普段はやらない行為じゃないですか。試してみたら、なんというか妙な開放感。
弛緩ムードでこれがいい感じ。
よだれダラダラ攻撃ですっかりリラックスし始めたところに、静脈注射で鎮静剤。
実は私、この静脈麻酔って結構好き。
ドヨヨーーーーンと痺れる感じが。
私は静脈麻酔では絶対に眠くならないで、変に覚醒し、興奮しちゃうのです。

で、いよいよ、本当にいよいよ、挿入。
あっという間でした。
苦しむ間もなく、目の前には、赤っぽいオレンジ色の胃の内壁の映像が!!
あとはその映像の不思議に見入るばかり。

お、おもしれ~。

赤貝の刺身みたいな感じで、ちょっとおいしそうなのだった。
感動してるうちにあっという間に終わり、あとはフラフラドヨヨーンの静脈麻酔の余韻を満喫し、おしまい。

はっきりいって、ラクチン。
喉の局所麻酔の5分間さえなければ、毎日やったって平気かも。

バリウムと胃カメラ。
メリットデメリット、双方ともにあるのでしょうが、私にとっての決め手は、「バリウムの映像は自分で見られないけれど、胃カメラの映像は自分で見ることができる」という点かも。

小型化が進む内視鏡と、お医者さんの腕前にまず感謝。
好奇心旺盛な人は絶対胃カメラがいいと思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。