スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『は』を書くと『お』になっちゃう~」

うちの息子、2年生。
あと数カ月で3年生。

この前、日記の宿題か何かをやっていた時のこと。
「母ちゃん。『は』って字を書きたくて、書いてるんだけど、何回書いても『お』みたいになっちゃう」

は?
は?

息子が書く「は」を見ていると、なるほど、文字の最後の最後をぐるぐるっと大きく回して下にはね、つい勢いで点までうっちゃって、右側は確かに「お」とそっくり。

これが2年生か……情けない。
ちなみに、カタカナも所々危うい。
漢字の書き順なんか、ものすごいことになっている。
あまりのすごさに、もう、腹も立ちません……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

え、でもまだ二年生でしょ。ってなぐさめにならないですかね。

うちの五年生は「筆箱に鉛筆が入ってません」と注意され、教室のロッカーには運動着3枚、ジーンズ2本入ってました。どうりで服が足りなかったわけだ。

いまだに字が汚くて読めません。これは五年男子の多くがそうらしいが。

元気いっぱいの「は」なんですねぇ!!!
私の子ども時代も弟も妹も、ちんまりと字を書くタイプだったので、
「お」みたいな「は」を書くなんて思いもよりませんでした。

手書きの「は」を想像して、おかしくて微笑ましくて、ついついコメントを残します。

わははは!

と笑うしかない小3ムスコの母です。

「かーさん、「た」ってどう書くんだっけ?」と聞かれ、
「どーゆー「た」?」と聞き返したら、
「カタカナ!」
「夕方の夕と同じだよ」と言うと、
「あ、そっか」だって。
も~。もちろん書き順めちゃくちゃです。
ふぅ~。

いのいのさん。

>え、でもまだ二年生でしょ。ってなぐさめにならないですかね。

なりませーん。
だって去年は「まだ1年生だし」と思ってたし。このまま何年生になることやら……。
女の子のきれいな字なんかを見た日には、「ちくしょー、男ってやつは」ってな思いになります~。

はりまさん。

>元気いっぱいの「は」なんですねぇ!!!

はりまさん、なぐさめるのが上手すぎます。
ありがとうございます(涙)。

うららさん。

うちの息子が来年3年生になった時、まったく同じような会話をしそうな気がします~。
日記の宿題とかもっと熱心にやりゃーいいのに、文章書くのが大嫌いなんだそうで。まったく。
自分が元文学少女だっただけに、なんか理解不能です、とほほ。

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。