スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★おじいちゃんの口笛(著 ウルフ・スタルク)

★おじいちゃんの口笛(著 ウルフ・スタルク)

仕事の都合で「口笛」関連の本を探していた時、これを見つけた。
おお、スタルクさんじゃあないか。
スタルクの本といえば、「シロクマたちのダンス」。これ必読。
子どもの哀しみを表現させたら、ピカイチの著者なのです。

本書「おじいちゃんの口笛」のほうは、死を扱った本。
祖父を持たない少年が、ある日、老人ホームで「ぼくのおじいちゃん」を見つける。最初は「ごっこ遊び」のような少年たちとおじいちゃんとの交流、そして死。
最後の「とにかく、おれたち、たのしかったよな」という少年の一言が、とってもいい。

薄い本だけれど、字は小さい。
本を読み慣れない2年生の我が息子には「読み聞かせ」が無難だろうな。
今夜でも、読んでやろうと思う。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。