スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学力考査、論文、そして面接

夜寝る前、突然、息子が不安げに聞いてきた。
「ねえ、母ちゃん。高校に入るのって、みんな、吾郎みたいに運動と勉強とどっちもテストがあるの?」

背景をご存じない方にちょいと説明。
「吾郎」は、NHKテレビでも放映中の少年野球漫画「メジャー」の主人公。彼は野球の名門海堂高校に入学するにあたって、いったんは野球推薦を断ったが、最後は体育科枠に挑み、とんでもない実技試験を通過した後、学力考査まで課せられるわけで。
うちの息子はそのシーンをテレビや漫画で見て、「高校に入るとあんなに大変な運動テストと、勉強テストをやんなきゃだめなのかなあ」と不安になったらしい。

とりあえず、適当に答える。
「そうだなあ。吾郎みたいにとんでもなく野球が上手な子とかは、実技中心テストになるけれど、普通の圧倒的多数の子たちは勉強のテストだけだと思うよ。母ちゃんも父ちゃんもそうだったし」

さらに、ついつい、息子の反応見たさにこんなことまで付け加えてしまったのだった。
「でもね、最近は勉強の力だけでその人を計るのはおかしい、って考え方もあってね。増えているのは論文と面接。まあ、論文というのは作文だ。面接というのは、知らないおじさんやおばさんをずらりと前にして、なぜ自分がこの学校に入りたいか、将来どんなことをしたいかをきちんと語る、というやつ」

息子の反応は……母ちゃんの予想通りだった。

「そっか……。じゃあ、僕は勉強だけがいい!!」
だろうなあ。
自分の思いを語る「作文」も、人前で語る「面接」も、うちの息子が最も苦手とするところだもんなあ。

そんな話を夫にしたら、夫がふいに真顔になり、
「でもさ。それじゃあ、就職はできないなあ」
………確かに。
まあそのころには成長しているんでしょうが。
「子どもをニートにしない方法」みたいな情報がもてはやされる風潮を笑っていたけど、ははは、人ごとじゃあないわねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うーむ..

うちのも論文苦手だろうなぁ..。

面接ではおちゃらけそうだし..ううみゅ..。

我が家はまさに今からその高校受験とやらに突入です。
でも、当のご本人は相変わらず不良をしておりまして、
頭痛の種です(泣)

愚母としては推薦で拾ってくれそうなところがあるので
はやく、決めてくれれば楽なのにと思ってみたりしてます。
でも、最終的には本人の希望する所に行かせてあげたいと願ってるのですけれど、
一体どうなることやらです・・・。

作文にしたり、語ったりしたい思いがないわけじゃないものね。
逆に、あふれそうにあるので、手際よく引っ張り出すことができないだけだもの。
・・・・と思いますが、どうでしょう。
この子は将来、熱い思いを抱く子になると思うな~。
一旦出口を発見すると、変身しそうな気がします。
うふふ、よそ様のお子さんに、勝手なことを・・・失礼いたしました。(笑)

子ども心にいろんな事を感じているんでしょうね。

でも、おぐにさんや夫さんの仕事を拝見しているときっとお子ちゃまにも論文の要素は充分に備わっていくのでは?と思います。

それにしても「じゃぁ、勉強がいい」と言い切ってしまえる事がすごいですね。

私は黙々とする勉強が嫌いで、人と論ずるのが大好きなので「勉強」と言い切れてしまうあたりがすごいと感心してしまいます。

おぐにさん、夜回り先生はいま体調不良で相談メールの返事を返せないというようなことが先生のページに書かれていましたが、大丈夫なのかな・・・?ごめんなさい、ブログと全然違うことを書いてしまって。でももちろんブログも読んでいます。

みぃこさん
おぐにさんじゃないけれど、水谷先生は講演会の過密スケジュールで
pc向かう時間がとれないのではないのかな?
春不遠↓には書いてますよ!
http://www.koubunken.co.jp/mizutani/main.html

9月28日に仕事の用事で先生の携帯にお電話して話しましたが、
とても忙しく全国行脚の講演会の日々を送られているようですよ。
連休は私の仕事関係の全国大会で某県で講演予定ですし、
とてもお元気そうでいろいろと話しましたよ^^

先生の事、ご心配でしょうがそっと見守ってあげませんか?

本当だ、そのページにはそう書いてありますね。どっちが本当なのかわからないけどこれで何か少しホッとしました。まだ生きられる気がします。おぐにさんのページなのに勝手に話題変えてしまい、皆さんすみませんでした。

くぷぴさん。

面接でおちゃらけられる、その度胸、うちの息子に分けてやってほしいです。
本気で、しみじみ、そう思う。
あ、私が分けてあげてもいいんだけど。
息子が私に似るのは怖いので、やめておこう。

ごんたさん。

高校受験する子の母……なんて未知のゾーンです~。
私に乗り切れるのかなあ。
あ、乗り切るのは本人か。
まったく……>じぶん。

猫通りさん。

「思いがないわけじゃない」という言葉、心に染みます。
そんな風に私も、余裕をもって息子と付き合っていきたいです。

うかたんさん。

息子は勉強が好きでは決してないのです。むしろ嫌い。
それでも、即答で「勉強がいい」と言うあたり、いかに面接や論文に恐怖心を抱いているか……ってわけなんです。

みぃこさん。

あのサンクチュアリの記述に動揺した人、多いみたいですね。
とりあえず、安心してもらって大丈夫と思います。

ごんたさん。

クイックレスポンス、感謝です!
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。