スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生イチローとロドリゲスの速球

結局、3泊5日という短い夏休みシアトル旅行。
右翼手イチロー選手を間近に見ようと、ライト線と座席が最も近づくフィールド席の6列目を確保しておいたというのに、イチロー選手は最近はセンターを守っているわけで……センターはやっぱり遠かった~。

でも、ネットのない球場はものすごく臨場感があって、ライトの選手が何度も手が伸ばせるくらい近いところでファウルボールを捕ってくれるし、ファウルボールが座席のあっちこっちに落ちてくれるし、日本からグローブ持参でファウルボールを捕ろうと張り切っている息子はもう、目をキラキラさせているわけで。
いやはや、大リーグ。
私みたいな野球音痴でも楽しめました。
すんごい迫力。

個人的に感動したのは、相手チームのエンゼルスの抑えピッチャー、ロドリゲス。
球速96マイル!とか出るたび、計算機を持ってないもんだから、4桁(×1.609)の筆算をしちゃいました。
150キロ台の速球びんびん。
生で見るとやっぱり良いものです。

それにしても。
運動音痴で、特に球技は小学校時代のドッジボールやキックベースボールの思い出ゆえに二度とやるまい、と心に決めているような私が、野球観戦旅行とはなあ。
それも、バックパッカーだった学生時代、一度も行きたいと思わなかったアメリカに。

ふと考えてみれば、先週末は都市対抗野球@東京ドーム観戦で、数日前に大リーグ。そして本日もまた都市対抗野球観戦。わずか1週間に3回も球場に足を運んでる私って???

夫に「典型的な野球ママになりつつあるな~」と小馬鹿にされてしまった。ちくしょー。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も金曜日の夜から4日間、シアトルに行ってたんですよ。ちょうどすれ違いくらいですね。
生でみるイチロー、素敵だったでしょう。
残念ながらチーム自体の成績がパッとしない中で、イチローは、チームの顔、シアトルの顔、MLBの顔、として卓越した存在だと思います。
彼の存在に負うところが大きいのか、シアトルでは、他の西海岸の都市よりも日本人に対する視線が暖かかったような気がします。

おかえりなさい

充実した夏休みを過ごしたようで、いいなぁ~。

自分では「絶対そうならない」って思っていても
何かきっかけがあると、世界が広がったりするんですか?

そう考えると、この先、知らない楽しみを知ることが出来るぅ~
って思ってわっくわっくします。

おぐにさんへ

初めてコメント書かせていただきます。おぐにさんは夜回り先生の知り合いなんですか?どうしてリストカット、ドラッグについて本を出版されたのですか?

しろいるかさん。

>シアトルでは、他の西海岸の都市よりも日本人に対する視線が暖かかったような気がします。

そうなんですか~。興味深いですね。
でも、私、そういうの、全然わからなかった。
何しろ、ほとんどの時間はホテルで寝ていたわけで……とほほ。
時差の恐ろしさを痛感した旅行でありました。

ketuatuさん。

>自分では「絶対そうならない」って思っていても
>何かきっかけがあると、世界が広がったりするんですか?

そりゃ、ありますよー。
というか、私のこの40年間、そういうのの連続でした。
でも、子育てを通して広がる世界は、たぶん、就職して広がる世界と同じくらい広く、より意外性に富んでいる気がします。

みぃこさん。

>おぐにさんは夜回り先生の知り合いなんですか?

かれこれ9年ぐらいの知人です。

>どうしてリストカット、ドラッグについて本を出版されたのですか?

それは一言では難しくて言えないけど、それぞれの本に、できるだけ素直に書いてます。そこから読み取っていただくしかないかも。

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。