スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆の藁で鰹のたたき

週末は仙台へ。
息子と夫の父母と合流し、雄勝町のキャンプ場で1泊してきました。
ここのコテージは風呂、トイレ、キッチンまで付いて5人定員14700円。
ジジババ連れでも安心の施設なのです。

今回はこぢんまりとバーベキュー。
途中、藁に包まれた納豆を朝食用に買ったんですが、納豆だけ全部外してしまって、集めた藁を炭の上で勢いよく燃やし、かつおの刺身に串を刺して、炎の中でたたきにしました。
これが今回一番のヒット作かな。
やっぱり、わらが一番です。

ということで、息子をともなって東京に帰ってきました。
息子のいない2週間、連日飲み歩いた結果、先週半ばから体調を崩し、風邪を引き、声が出なくなり、熱っぽく、もう、悲惨でした。
まだ咳が取れませんが、息子が帰ってきたのでもう、飲み歩かないし、生活も乱れないし、健康も戻ってくることでしょう。

たぶん。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそうだねえ。

ほんとに忙しいときに行っちゃって、ごめんねえ。まだ声がでないの?

>息子が帰ってきたのでもう、飲み歩かないし、生活も乱れないし、健康も戻ってくることでしょ>う。

そうそう、私も夏休みのお遊びもそろそろ終了。まだつくつくぼうしは鳴いてないけど、2学期ももうすぐだね。またお逢いできる日を楽しみにしています。風邪、お大事にね。

おトラさん。

声、復活!
風邪の咳はまだ取れませんが、これは体質なので1カ月くらいこのままかも。
今度はもう少しパワフルな私をお見せします。
ぜひぜひ、会いましょう!
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。