スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブト虫の蛹の色が好き

観察用に、蜂蜜の広口ガラス瓶などで飼っているカブト虫5匹のうち、2匹が蛹になりました。

どの子もガラスの壁を使って蛹室を作ってくれたから、今年は観察し放題。今日蛹になったのはオスで、蛹の角の先のあたりがガラス壁面からきれいに見えます。
もう1匹はメスで、日曜日に息子が見つけた時には蛹になっていました。折りたたんだ手やらお腹のしわしわまでお腹側の全体像が見えます。時々動いてます。

つい数日前まで真っ白でブヨブヨの幼虫だったのに、蛹になってるのがとても不思議。変態の瞬間を見られないのがちょっと悔しいけれど、残り3匹もあと1~2日で蛹になるだろうから、こまめにチェックせねば!
なんというか、蛹になったばかりのカブト虫は、薄い小麦色というか、焼きたてのパンみたいな色で、細かい造作がとても美しいのです。

こうなると仕事を休んで、ずっと観察していたい気持ちになってしまいます。

仕事といえば……。
息子の運動会が先週土曜日に雨天延期となり、火曜日に決定。
でも火曜日はどうしてもはずせない取材があるので、見に行けません。ぐっすん。
おまけに今週は、5日のうち3日間も夜はシッターさんとお留守番。ということで、本日は会社から帰宅後、罪滅ぼしに近所の神社で暗くなるまで息子とキャッチボールをしました。

息子に「母ちゃんは下手だから、膝から下は禁止。ボールは胸の辺りに絶対に投げてね」と頼み込み、頑張りました。
結構気持ち良い汗をかきました。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カブトムシ

おぐにあやこさんのブログで、カブトムシの幼虫がさなぎになったという報告を読ん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。