スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀑状胃(ばくじょうい)と早食い

本日は、地域の「節目検診」。
40歳の誕生日まであと3日。
節目検診のご案内ハガキが送られて来て、初めて実感した「老いへの第一歩」というわけで。

今回は大変な発見がありました。

これまで何度、バリウムを飲んで胃の検査をしても「食べ物が消化されていないため、よく見えませんでした」と言われ続けた私。
「前夜9時以降は飲食禁止」というルールを前倒しし、「前夜7時半以降は飲食禁止」という自己ルールで臨んでも、確か5年前は、豆ご飯の豆がしっかり残っていたんだそうです。

バリウムの飲み損だけは避けたいので、今回は、「どうしてこんなことになるのか?」と検査師さんに詰め寄ってしまいました。
すると、「瀑状胃のせいでしょう」というのです。

瀑状胃というのは何でも胃の奇形の一種だそうで。
胃の入り口が出口より下にあり、二つ折りになっているため、胃に入った食べ物が下に落ちていかず、そこで貯まってしまうんだそうな。
だから、
・食後に胃もたれがする。
・満腹感を得られず、大食しやすい。
・消化が遅い
という傾向があるんだそうです。
「特に食べてすぐ横になるのは絶対によくないんですよ」と検査師さんに言われて、ああああああ、そうだったのかーっ、って感じ。

ちなみに瀑状胃というネーミングの理由は、
「飲んだバリウムがいったん胃の入り口でたまってしまい、身体の位置をあれこれ変えているうちに、ドッサーーーーーッと滝みたいにバリウムが胃のそこに雪崩を打って落ちてくるから、だそうで。
美しいような、美しくないような。

瀑状胃の原因は、
・生まれつき
・リンゴ型肥満
・神経質な人

どれもあたっている気がする。ぐっすん。

ともかく。
食べても食べても満腹感がなく、大食らいであった理由がとうとう明らかになったのでした。
学生時代、「餃子の王将」で、「7人前完食したら女性はタダ!」といわれて「楽勝!」とそれに挑戦し、あまりの勢いに、完食目前になって、隣にいた彼氏に「頼むからやめてください」と頼まれた理由も、明らかになったのでした。

検査師さんのアドバイスは
「ドカ食いせず、少しずつゆっくり食べること」

これ、難しいのよ。
私の「早食い」は、いわば新聞記者の職業病。
「ゆっくり食べる」ってどうすればできるのかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真実の究明は何よりも勝るが、「瀑状胃」というのは永年生きてきて初めて聞きました。なんか月面宙返りのような、悪いけど笑っちゃいました。早食い、大食も歳いけば解消されます。俺なんかカイバ食いが落ちたもんなぁ。ちょっと早いけど大台到達間近、おめでとうございます。

冷奴さん。

カイバ食い………。
一瞬意味が分からず、辞書引いちゃいました。
競馬の世界の慣用句なのですねえ。また一つ勉強。

>ちょっと早いけど大台到達間近、おめでとうございます

わーい。世界で一番早い「おめでとう」、ありがとうございました。
今日、とうとう大台に。

私も瀑状胃です。胃もたれが多い方です。医者からは問題なしと言われてますが消化が遅く困っています。

私、50年前、たまたまのバリウム検査で「瀑状胃」の持主と判明。
サックバラン医が言うには、胃袋の変形で、戦前なら胃潰瘍、胃癌の原因だとの理由で除去手術の対象になっていたが、戦後は手術の痛い思いをするだけ損との考え方に変わったと。
ただし、胃神経症、ストレス性胃炎、胃酸過多は起こしやすいから、注意して生活するようにと言われて、胃袋に関しては病歴なしのジジイのまま。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。