スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ああ、オジサマ」というコラム

こんなコラムを書きました。

「ああ、オジサマ」
http://mainichi.jp/opinion/news/20120626k0000m070129000c.html


簡単に言えば、「オジサマ方、家事に限って言えば私の息子以下ですね」 という話。
だって、中学校に入ったら子育てなんて終わりだろ、と思ってるオジサマが、職場にも社会にも多過ぎるんだもん!

もっとも、こういう職場のオジサマ方が、「子育ては母ちゃんでなきゃ!」と私にフレキシブルな働き方を許してくれたからこそ、私の方もこれまで、育児と仕事を両立してこられたわけで、ホントは感謝もしているんです。
中には、「子育ては母ちゃんでなきゃ!」と私に理解を示すことで、仕事が忙しくて自分が子育てに関われなかった過去を贖罪しようとしているかのように見えた男性上司だっていました。
ライフワークバランスが改善して幸せになれるのは、子どもと母親だけでなく、実はオジサマだと思います。

フェイスブックやツイッターなどで、「痛快」「よくぞ書いてくれた!」「上司に読ませたい」などと反響がたくさん寄せられており、やっぱり、こんな風に周囲に言われた経験を、多くの人が持っていたんだなあ、とあらためて知りました。
「子どもが小学生になった途端、『子育ても終わったようなもんだな』と言われたことがある」とか、「子どもなんて中学生になれば手がかからないんだから、仕事や趣味はそれからやればいいだろ、なんて言うのもこの手の御仁」とか、「むしろ中学生や高校生のほうが、話し相手をしてやったり、要所要所で手がかかるともいえる」とか、様々なご意見やご体験も寄せていただいてます。

似たような体験をした方、似たようなことで悩んでいる子育て中の皆さんが、あちこちにいるんだなあ、と、私もなんだか元気をいただきました。
思い切って、書いてみて、よかった!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一言

あなたの書いた大津市の虐めの記事のせいで、小国家が馬鹿にされました。
友達は、ふざけて言ったのでしょうが自分の家を馬鹿にされるのはとても傷つきます。
自分も大津市の虐めの記事読ませてもらいましたが、あなたの言ってることはおかしいですよ。

No title

毎日変態新聞の記者さんお疲れ様です。
記事を含めいろいろ拝見させて頂きました。あんな戯言を書いて給料を貰えるなんて羨ましい限りです。

私も大津のいじめの記事からこのブログへ辿り着きました。
関係者への酷い侮辱行為でしかない言動に怒りを覚えました。
こういう大人がいればそりゃあいじめ自体も対策も進むわけないねと実感するに至りました。

日々ネット世論への憎しみから記事ができている毎日変態新聞社さんですからもう日常茶飯事ではありますけどもね。
匿名でネットに書いてる一国民の考えなぞ愚民の喚きぐらいしかあなたたちは思ってないでしょう。
ジャーナリズムの衰退を感じました。繁栄してた時期などもないかと思われますが。
まぁこれからも「せいぜい」頑張ってください。

ふざけるなよ糞ババア

あなたは犯罪者を擁護するんですねわかります
あいつらは「遊び」で殴る蹴るの暴行、いじめの練習をさせていたらしいですよ?それは「遊び」で、真実を突き止めるのは「集団いじめ」ですか。気が狂ってるんじゃない?お前大丈夫?
いいか?加害者(木村束麿呂)は殺人犯だ。国民の99%はそう思ってる。加害者は転校先でも池に教科書などをバラバラにして投げ捨てるなどの非人道的な行為をヘラヘラ笑いながら続けています。そんな殺人犯は、俺たちが正してやるべきなんですよ

No title

仰るとおり「加害者たたきを批判するのはたやすい。」。
あなたもたやすい「加害者たたき批判」に止まらず、加害者を叩いて真実を暴いてはどうでしょうか。

まず何があったかを明らかにする。
それこそがジャーナリズムの使命ではないでしょうか。
それとも加害者を守るのがあなたの使命ですか。

問いを立て直す必要

うーん…大津のいじめについて記事を書かれていたのでググらせていただき、ここにたどりつきました。ちょっと他の方のコメント、言葉が過ぎる感もありますね…糞ババアとか変態とかあえて使う必要ないと思うんですが…しかし、例の記事、やはり今回起こってしまった問題への切り込みが浅すぎるように感じました。貴女の記事には、何故世論がここまで過熱してしまったかという問いがないんです。同じ問題が学校でない場所で起こっていたなら、とっくに逮捕者が出て、免職者が続出していたであろうに、何もなかったかのように扱われていた可能性が高いという現実。つまり、法治国家であるにもかかわらず、「法治」がなされていないという恐ろしい現実。私刑を正当化する人々が現れるのは必至でしょう。「私刑はいじめと同じ」というこれまでも使い古されてきた結論に短絡することなく、より根本的な制度への問いを立てていただきたかったです。内藤朝雄さんの名前を最後に挙げるならなおさら。彼は、クラス制をなくすということだけでなく、もっと全体的な制度の見直しも含めて問題にしているのですから。内藤さんも、こんな中途半端な形で名前を出されても困るのではないでしょうか?長文失礼いたしました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。