スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまで続く? マンネリ弁当

息子が、弁当のいる中学校に通い始めたため、生まれてはじめて、「弁当を毎日作る」 という暮らしに挑戦している。夫が帰国したら、週6日のうち、2日くらいは分担させようと計画してるんだけど、うちの息子は、「電子レンジでチンの揚げ物と野菜は、電子レンジ臭いから嫌!」 というヤツなので、どうなることやら。

おまけに、炒め物、というジャンルがあまり好きじゃないヤツなので、弁当のおかずは自ずと、

1、卵焼き
2、揚げ物各種
3、緑色のもの。主にブロッコリーの茹でたの。
4、赤いもの。主にプチトマト。
5、あとは、あれば前夜のおかずの残り物

となる。
ああ、恐ろしきマンネリ化。
でも、息子は、「下手に変わったものに挑戦せず、フツーに同じものを入れてくれ」 という。
実際、工夫して作った惣菜はことごとく敬遠されているみたいだ。
そんなこともあって、マンネリ化への道まっしぐら。
マンネリ化、万歳。
弁当って、毎朝、似たようなおかずだと、こんなに簡単だったのね。

朝起きる。
ご飯を弁当箱に先にいれて冷ます。
毎朝揚げ物なので、揚げ物用鍋には常に油がある状態。これを火にかける。
小鍋で湯を沸かす。
卵焼きを作りながら、半調理品の冷凍食品 (イカフライとかエビフライとかチーズとささみフライとかその類の) を2~3種、揚げる。
沸いた湯の中でブロッコリーを茹でる。日によっては、ソーセージを茹でる。塩鮭を茹でることもある (これはほぐしてご飯にかける用)。
冷まして、詰めて、プチトマトをすきまに突っ込んで、ご飯に何かふりかければ出来上がり。
いいのか、こんなに簡単で?

なんとなく、iPhoneで毎朝、弁当の写真を撮ってたんだけど、これをずらり並べてみてみると、いかにマンネリ弁当なのかがよく分かる。

0090.jpg

0109.jpg

0111.jpg

0114.jpg

0118.jpg

0120.jpg

素朴な疑問。
うちの息子、こんなの毎日食べてて飽きないんだろうか?

「私の友達連中によると、カレー弁当とか、そうめん弁当とか、結構うまいらしいぞ」

と言っても、息子は、「とりあえず、今は、いつも通りでいい」 とケンモホロロ。
なんでもクラスメートに、うなぎの蒲焼弁当を持ってきたツワモノがいたらしい。
白い米だけの弁当箱と、レトルトパウチのうなぎの蒲焼。ハサミで切って、米の上に乗せる……という大胆さ。

「いいじゃんいいじゃん、冬になったら、保温弁当箱を買って、それ、やってみようぜ。トン汁弁当とか、カレー弁当とか、ハヤシライス弁当とか、そういうのしそうじゃん」
(正確には、「そういうの、私が作るの、(ラク)そうじゃん」、だよな」)。

などと息子を誘うも、反応はかんばしくない。
まあ、いいけどね。
マンネリ弁当だって、作るの、ラクチンだし。

友人に弁当写真を見せたら、腹を抱えて笑ってた。
「ほんとだー、全部同じに見える~」

ラクチンはいいんだけど、なんか1ヶ月ですでに作るの、飽きてきた。
ああ、早く、底なしの食欲を誇る中高生男子ってヤツになってくれ。
そしたら、こんなチマチマした弁当じゃなくて、どかーんと焼肉だけとか、そういう路線に転換するから。
中高生男子ママの諸先輩方がよく嘆く、「詰めても詰めても終わりがない、底なしの弁当箱」 ってヤツが待ち遠しいわー。
いや、かなり怖いけど。

いつまで続く?
マンネリ弁当……。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やりすぎです

一つ一つの弁当は、やりすぎ、できすぎだと思います。うちなんか、冷凍食品だらけですから(苦笑)、とても丁寧な仕事ぶりだと思いました。

でも、考え方の違いかもしれませんが、やっぱり、おんなじような中身だったら、さすがに飽きてしまうんではないでしょうか?

電子レンジ臭い(=それが、私の「バカ舌」では、そもそもわかりませんが)のだろうが、冷凍食品だろうが、コンビニ弁当だろうが、「うまい」と思って食ったら勝ち、みたいなところもあります。

私は自分がぐうたらで家事を手伝っていないぶん、奥さんにも強く言えず、冷凍食品だらけの子供の弁当の中身を見ても、結果的に「弁当、毎日作ってるなんて、ほんと大変だよね~」としか、怖くて言えませんが(笑)。

でも、どんなメシだって文句言わずに食える奴のほうが、どんな時でも強いんじゃないの?という気もします。いや、それも、考え方なんですけどね。

少なくとも、私はまったく弁当作りをしたことがなかったので、弁当の良し悪しについて言う資格はありません。ただ、弁当のおかずについて、そんなに気にしなくても、もっと楽に考えたら?と思ったまでです。

でも、息子にとっての「母ちゃん、弁当つくってくれてありがとう効果」は、間違いなくあると思いますよ。

こんにちは。愛読者です。

素晴らしい出来!サケをゆでるなんて!
サケフレークは瓶詰めのです・・・

竹輪にチーズをつめる。キュウリを詰める、オクラを詰める。オツマミですが喜びます。

彩りにパプリカを炒めたもの(それをマリネしたもの)
も便利ですよ!

毎朝お疲れ様です。


こんなお弁当だったら毎日でも嬉しいじゃないかな~?

うちは、ムスコは基本的にめんどくさがりなので、
一番いいのはおにぎり。
箸を使うのも嫌みたいで。

ムスメは、今までで一番おいしかったのは
ミートボール@レトルト。
「何がおいしかった?」と聞いて、
「ちくわ!」と答えられた日には、、、。

ちくわを縦に半分に切って、
穴の部分にマヨネーズとケチャップを
流しこんで、パン粉パラパラして
オーブントースターで焼いたの、とか、
喜びます、、、。

sekkyさん。

やりすぎ、じゃないです。
なんというか私、見た目に色の三原色がないと我慢できないだけなんです。それが余計に、弁当をマンネリ化させてると分かってるんだけど、赤と緑(さすがに青い食材ってないですもんね)と黄色の一つでも欠けると、すごーく嫌な気分に <自分が> なってしまう。味は二の次、ってのが、ダメなんですねー。

バーバママさん。

私もこの前、サケフレークを買いました。途端に息子の食いつきが悪くなったんですけど、こうなったら、鮭は、瓶詰めのみ使い続けようと思います。相手の意向に合わせてたら、どんどん面倒になりますもんね。
でも実は、私自身が、鮭は焼鮭が一番好き。茹でたのならまだ我慢できるけど、瓶詰めのフレークってちょっと油くさい感じがして、食べられるけど「ものすごくおいしい!」とは思わないんですよね~。冷凍食品の電子レンジ揚げ物とか冷凍野菜がダメなのも、もともとは私がそうだから。結局、自分が蒔いた種なんだと思う……。

ちくわにキュウリは知ってたけど、オクラ!!!
これはすごい。
うちの母は彩りに、とちくわにキュウリとニンジンを必ず隣り合わせに詰めてましたっけ。でもオクラは初耳です。

うららさん。

ちくわって人気なんですねえ。
この前、ちくわとインゲンを甘辛く炒め煮にしたけど、「俺、ちくわとインゲンはちょっと……」と来た。それ以来、ちくわに手を出してません。昔は蒲鉾系が大好きで、笹かまぼこなど大好物だったのに、最近はあんまり食べないわー。

ちなみに私は、笹かまぼこも好きだけど、もっと好きなのは揚げ蒲鉾。仙台のはおいしいよねー。
(……って弁当の話題なんて、どこへやら)。

うぷぷぷぷ、笑ってしまいました。
いやー同じような状況です。
私も中3息子の弁当写真を撮ってますが、おかず違うのになぜこんなにも毎日同じようになってしまうのか・・・笑

お弁当箱が同じせいかと思って変えてみたりするんですが、なかなかマンネリ感はなくならないですね・・・
これはマジで私の今の課題です(大げさ)

遅くなりましたが、日本にお帰りなさい~、息子さん入学おめでとうございます~
今後もブログ楽しみにしています。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。