スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの学校登校もあと4日

息子は金曜日からいよいよ夏休み。
……ってことは、4年近くに及んだ息子のアメリカ学校生活も、残すところあと4日、ってわけだ。

子どもの記憶というのは便利にできていて、息子によると、もはや、「英語が全然分からなくて不安だった日々」 はうまく思い出せない、という。
こっちは、「英語がたいして分からなくて、苦労する日々」 が現在進行形だというのにさ。

偶然同じクラスにいた日本人の生徒と、ピタリと一緒に過ごして、一言も英語をしゃべろうとしなかった最初の1年。渡米から半年たって、最初の野球練習を迎えた日、初めて息子は、「日本で、日本の仲間と、ずっと野球を続けたかった。アメリカになんて来たくなかった」 と泣いたんだっけな。

日本人の友だちとクラスも離れ、ほかのお友達も少しずつできた2年目。野球ではトラベルチームに入り、厳しい競争社会の中、英語が分からないなりに必死で戦っていたっけ。

周囲の日本人のお友達がみーんな帰国してしまって、日本人のお友達とほとんど遊ぶことがなくなった3年目。アメリカが長い日本人の友だちと遊ばせても、気付けば英語で遊んでいるようになってしまった。中学受験と野球と現地校の勉強との両立に、分刻みのスケジュールをこなしてたんだっけ。

そして今。
学校でどんな様子かは想像するしかないけれど、野球仲間と一緒にいる息子は、この4年間で一番、リラックスして見える。ジーンコーチの、あの大らかでユーモアたっぷりの指導のお陰もあるんだろう。

野球チームの中にいる息子の姿は、この4年間、たっぷりと傍らで見守ってきたから、その変化がよーく分かるんだ。
ずっと内向的な性格のためだと思ってきたことが、実は言葉の壁のせいだったんだな、と今さらながら親として気付かされてる。

今、息子は、野球チームの中で、たぶん、誰より大きい声を出す。
積極的なプレーもぐっと増えた。
実はチームメートにも、つまらんことを言われたときには、しっかり言い返してるみたいだ。
コーチに、「今日の試合で投げたい人は?」 などと聞かれたら、「俺!」 と手を挙げてるらしい。
おいおい、あんたって、ほんとはそんな性格だったんだっけ?

言葉が分からない状態、あるいは、聞き取れなかった部分もあるかも……とか聞き間違えてるかも……という不安から解放されると、息子はこんな風になるんだなあ、と、ちょっと驚いている。

内向的な性格は、オリジナルなもので、英語とは関係ないと思ってた。
いつもオドオドして見えるのも、性格なんだ、と。
だから、「言葉の分からない国につれてきた親のせいじゃあないぞ」 と思ってた。
「日本にいたって、オドオドしてたじゃん」 と。
「英語のせいじゃないよ。あの子の性格なんだもん」 という言葉、夫婦で何度交わしたことか。

でも、やっぱり、「言葉が分からない」 ということは、個人差こそあれ、子どもにとって大きいことなんだなあ。
……と当たり前のことを、いまさらながら、こっそりと痛感している。
あるいは、アメリカでの4年間の体験が、極めて内向的だった息子を、少しずつ変えていった、ってことなんだろうか。
あるいは、思春期に入り、オドオドすることを恥じて、そうじゃない自分を探し始めた、ってことなんだろうか。

いずれにしても。
この微妙な年齢で今度は日本に戻って、日本の学校に通うことになる息子が、再び経験する大きな変化を、うまく乗り切ってくれることを祈ってやまない。
もはや、4年前みたいに、ぴたりと寄り添ったり、手助けしたり、根回ししたり、そんなことをしてやるべき年齢でもないもんね。

がんばってくれ。
あたしも、4年ぶりの日本、4年ぶりの会社員、4年ぶりの新聞記者に挑戦してみるから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう4年も経つんですね。
10歳前後にアメリカで過ごせたこと、
大きなプラスの経験にしてほしいですね。

「アメリカなう。」読みました。
とーーーーっても面白かった!
ムスコにも
「おぐにさんの本よ!」と
渡したら、あっという間に読んじゃいましたよ。

イラストを見てケラケラ笑ったり、
何かの折に、
「オバマは社会主義って言われてるんでしょ?」と言ってみたり。

あー、こんな風に同じ本を読んで話せる年齢になったんだなぁ、って
しみじみしちゃいました。

話はそれましたが、
無事の帰国、待っています!
仙台で会いましょう。

いよいよ日本に帰国なのですね。
お帰りなさいです。
プロフィール

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。