スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田克也氏とお花見、の記事リンク

先日書いた「岡田克也さんとお花見」の記事が、毎日新聞のウェブに掲載されました。
これです。

実はこの記事、ものすごく写真がよかったんです(ウェブには写真は掲載されていませんが)。
行く先々で「いやあ、あの写真、よかったねえ」とおほめいただくのですが、記事のほうは話題に上ることもなかったので、記事の評判は今ひとつかなと思っていたのです。

ところが、昨日、秋山ちえ子さんから直々にお電話をいただき「素晴らしい記事だった」とほめてもらいました。
元気100倍。
単純な私です。

そうそう。
4月から毎週水曜日の夕刊の「歩きたい」という欄に連載中の、赤瀬川原平さんの「散歩の言い訳」を担当しています。
赤瀬川さんと東京のあちこちを歩き、彼の原稿にほんの短い同行記を書いてます。
彼の「眼力」のファンでもあるので、これまた楽しい、勉強になる仕事です。赤瀬川さんは実はものすごく健脚で、ついて回るだけでヘトヘト。お恥ずかしい限りで、この春の目標は「体力増進」です。

4月5日付「散歩の言い訳」は、「東京タワー」でした。
12日付は「麻布」。麻布十番から暗闇坂を上り、広尾まで歩きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。