スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張治療の新米整体師さんの話

リストカットの取材で出会った21歳の彼女が、整体を学び始めた。
「おぐにさん、肩こり、腰痛、ありません? 出張治療に行きますよー」という。
仕事の昼休みに、来てもらう約束をした。

約束の正午より10分前、卓上の電話が鳴った。
受付の女性から。「おぐにさんにお客さんです」。
慌てて1階の受付に駆けつけたら、いた。
胸張って立っていたその姿を見ただけでもう、十分に胸がいっぱいになった。
頬がピンク色なのがうれしかった。こんなに健康そうに見える彼女は初めてだ。
彼女との、この2年間を思い出した。
血の気のない顔。生気のない表情。「死にたい」「消えたい」のメール。ODの後のヘロヘロになった電話……。

彼女は足下に半畳分くらいもある大きな荷物を持っている。
「治療用のマットも持ってきちゃいました」という。
試しにその荷物を持とうとしたら、とんでもなく重かった。
こんな大きな荷物を、この子が、アパートから駅までの徒歩15分の道を歩いてきたんだと、電車の中で周囲の人の目も気にせずここまでたどりついたんだと思うと、もう、鼻の奥がつーんとした。

地下の女性休憩室の畳部屋で、肩こりの治療をしてもらうことにした。
らくだ色のトレーナーを脱いだその下に、整体師さん用の白衣を着ていた。
「おぐにさん、びっくりさせちゃっていいですか?」
いたずらっぽい笑いとともに彼女が差し出した小さな紙片。名刺だった。差し出し方まで堂に入っていた。

ああ、もう限界。
結局、泣いちまったぜ。
ほんと、よくここまで持ち直したね。

肩胛骨の部分を伸ばす。
片手で頭を支え、もう片手で肩を押す。
気持ちいい、ほんと。
「まさか、あなたに癒やされるなんてねえ」と夢うつつの私。
「本当に。私が人を癒やす側に回るとは。えへへ」と彼女。

自傷衝動が消えたわけじゃない、という。
過食だって時々するという。
眠れないのも相変わらずだという。
「でも、寝なくても死なないと分かったし。ストレス解消だぞーっと食べちゃう。過食しても落ち込まない。部屋のあちこちに『どんなに辛くても明日はくる。なぜなら、明日とは『明るい日』と書くから』って書いた紙を貼り付けてあってね。落ち込んだら、それを見るの」
この2カ月、ただただハイテンションで突っ走っているだけなら、途中で派手にまたすっころぶだろう、と案じていたのだけれど、彼女なりに何度も何度も小さく転びながら、時に、休みながら、ここまで歩いてきたのだと知って、少し安心した。
「今、21歳かぁ。私が21歳の時って、まだ自傷してたぞ」と私が言って、2人で笑った。

今日はだから、肩が軽い。
ついでに、心まで軽くて、温かい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほろり、ほんのり桜色

満開の桜の日にいい話を読ませてもらいました。記事を書いて人助けなんてあるようでないもんね。昔あったなぁ、千賀かおるです。「明日という字は明るい日と書くのね」と歌ったのは・・・。

嬉しいことですねv-10思わず読んで嬉しくなりました。確かに「明日」という字は明るい日と書きますね。
私も自傷をします。
私もその子みたいに変われるといいな。ただ心配です。その子がまた自傷しないかどうか・自傷に逃げないかどうか。またその子が自傷してしまわないように祈っています。
そして、私も出張治療を受けてみたいです。私は、肩こりも腰痛も両方あるので。その子にヨロシクお伝えください。

温かい話をありがとうです。
人を癒すことができるようになった彼女に拍手を贈りたいとともに、そんな彼女がすごく羨ましいです。
明日は必ず来るんですよね。彼女が幸せになりますように。

とても素敵なお話をありがとうです。
私もリストカットしてしまいます。
私も将来は彼女みたいに人の役に立つお仕事が
出来たらいいなって思います。
彼女に、たくさんの元気をありがとうとお伝えください。
私も、明日に向けて精一杯生きます。

良いな・・・

おぐにさん、本当に素敵だ・・・
大好きだよ~

いい話だけどなんかバカにした感じがする…

 新しい年度が始まりましたね。
 希望と不安の季節ですよね。

>何度も何度も小さく転びながら、時に、休みながら
 この言葉、胸に刻むよ。
 
 気負いすぎない。テンションあげすぎない。
 転んで、休んで、少しずつ解決していきましょう!

 って、なんか独り言なコメントでごめんなさい。
 ちょっと、新年度にあたり、不安が募っていたもので(^_^;)


 

冷奴さん。

うーん。「人助け」ではないんです。私は取材して、記事を書いただけ。あと時々会うくらいで。
彼女がこんな風に変わっていったのは、まず第一に、彼女自身が踏ん張ったこと、それから、整体師の先生との素晴らしい出会いのお陰。

リンダさん。

DMへのお返事、届いてますか?
>ただ心配です。その子がまた自傷しないかどうか・自傷に逃げないかどうか。
するだろうし、しても仕方ないと思う。でも心配しても仕方ないしね。
突然きっぱり止める人もいれば、段々と頻度が減っていくような人もいる。止め方も人それぞれだし。ただ、自傷を繰り返せば繰り返すほど、のちの人生の生きづらさは増すから、やめられたほうがいいなあ、とは思いますが。

あめ◎さん。

今年の桜、きれいだった!
春はみんなに届くからねー。

さなさん。

>私も将来は彼女みたいに人の役に立つお仕事が
>出来たらいいなって思います。

夢を大事に大事に育ててあげてください~!

nonkoさん。

ごぶさたです! 元気ですか?
うちの息子もとうとう2年生。習った漢字を次から次に忘れるのは当たり前。いまだにひらがなも危うい状態。こんなで良いのだろうか……。また会いましょう!

ムムさん。

「よい話」というのではないと思うけど。むしろ、バカにした感じ、というご感想の中身を知りたいもんです。

くぼたさん。

新年度ってほんと、そうですよね。
私は今回、職場異動もなかったのですが、それでも紙面改革などがあって、結構、プレッシャーは感じてます。
「何度も小さく転びながら」ってのは、私自身が学ばねばなんないことだわ、と思ったりします。

図書館でリストカットの本をたまたま手にとって読みました。
私は33歳で主婦というか、シングルマザーです。
小学校時代から自傷や摂食障害、まあ、後はおきまりのコースで
結局病院の御世話になったり、お酒、異性、旅・・・などと依存できるものは依存しつくしました。
私の場合も、虐待があったわけでもいじめの経験もありません。
でも、最近子育て(3歳)をしていて思うのですが、何がそうさせたのかハッキリ
させた方が、次の世代にとっていいんじゃないかなあと思っています。
親か社会か学校か、自傷行為にはやっぱり原因があるんだろうし、それを意識しないと繰返すぞ、我が子が・・・と。
そんなとき、リストカット告白本(あまり新聞記者らしくないですよね。いい意味でも悪い意味でも。)を読んで、その連鎖の切り方の例が載っていたのでナルホドと思いました。
社会のいろんな矛盾やゆがみが、リストカットする若者を通して現れているんだから、
彼らそして、傷つけ続けた自分の心にいま、ちゃんと耳を傾けたいと思っています。

みずきさん。

拙著、読んでくださったのですね。ありがとうございます。
子育てを自分ですることで、自分なりに答を出したり、ずっと古い傷を自分で癒したりできる瞬間があって、「ああ、こういうのって子どもの持つ力なんだろうか」と思うことがあります。

初めましてkouといいます。
小国さんのリストカット本読みました。
すごく良かったです!!!
私も経験者です。五年間やってました。
今止まってから4ヶ月くらいなんですが…
切りたい気持ちを押さえられるようになっています。
ただ病院の先生以外素直にはなせる相手がいないのがちょっと不安ですが(^^;)
自分と同じような気持ちを持っている人がいる事を本を呼んで知ってすごく安心しました。
この本は私の宝物です。
どうしてもこの気持ちを伝えたくて慣れないパソで頑張ったら夜中になってた(笑)
本当は直接メールとかしてみたいなと思ったけどよく分からなくてここに書き込んでしまいました。
でわでわ、お仕事頑張って下さい!!

kouさん。

忙しくて、コメント返事遅れました。
こんなに間をおいてしまって、お返事、読んでいただけるかちょっと不安。ごめんなさいね。
自傷が止まっているとのこと。
まずはおめでとう!
でも、もしもまたやっちゃっても、そこであたふたしないでね。
たいてい、何年後かにまたしても! という体験をしているものです。
でも、一端、しばらくやめられた人というのは、やめた歴史をきちんと心に持っていて、それが宝物だから、再びやってしまったからといっても、「元の木阿弥」とか「昔と何も変わってない」とかは思わないでね。
切らずに過ごした何日間、何ヶ月間、何年間は、その時間の重みの分、かならずあなたを変えています。
GOOD LUCK!
プロフィール

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。