スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月に日本に帰ります宣言

夫の海外転勤で急転直下アメリカ行きが決まったのが4年前。
今度は、夫の日本への異動時期に無関係に、私は今年8月、日本に帰ります。
これもまた、私自身の事情じゃないんだよな。
今度は息子。
中学受験で受かった学校が、「4月から1ヶ月半登校して、そこから休学するか、あるいは、2学期の初日からの登校か、どちらか選んでくれていいですよ」 と言ってくれたもんで、やっぱり行ったり来たりは面倒だし、と後者を選んだのだった。
9月1日から登校、となると、8月上旬には日本に引っ越さないと、制服やら、学生証やら、色々と間に合わないらしい。

アメリカに来る時期も家族の事情なら、
日本に帰る時期もまた、家族の事情。
一度、自分自身の事情で海を越えてしまいたいよ、というような気にもなるけど、まあ、それはあと5年後くらいにとっておこうと思う。
ワシントンDC界隈は、なんといっても、芽吹きの3月、4月の初春が美しいわけで、その季節だけでもどうしてもアメリカにいたかった。もう一度、ポトマック河のさくらや、木蓮や、裏のデッキから見渡せる林の木々が芽吹いていく姿を見たかった。
だから、まあ、いい。
残されたちょうどあと半年を、大事に大事に過ごしてみよう、と思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

待ってるね~!

2学期スタートの学校でよかった!
野球ももうちょっとできるね。

息子くん、合格おめでとうございます。
野球やりながら、よくがんばりましたね。おぐにもお疲れ様でした。
そして、帰国時期を決めたということで、これから半年、いろいろ計画的に過ごせますね。最後のシーズンを、楽しんでくださいね。

お約束どおりに

『美人会員さん帰国オフ』を企画しますよ~~~

振袖でふぉるとです!

待ってまーす!

合格おめでとう~!!!よかったねー。
4年って早いなあ。
中学生なんだねー。。って次女も私の背を超えたよ。

合格おめでとう!!
春の野球を目いっぱい楽しんで心残りのないよう
残りの日々をすごしてください。

待ってるよー

春を満喫して帰ってきてね。
「美人」帰国楽しみにしてます。

合格おめでとう\(≧▽≦)/ ♪♪ 
あと半年、アメリカ生活をエンジョイして
元気に戻ってきてね。
待っています(^.^)

待ってるよ~

あと半年、満喫してください。
会えるのを楽しみにしています。

待ってるよ~。

待ってるよ~。
残ったアメリカ生活、楽しんでください。
ポトマック川の桜とかうらやまし~~。

息子君おめでとうございます。
遅くなりましたが。

 それはそれは。2学期から登校できる学校がよくありましたね。まずはおめでとうございました。

合格おめでとう!
2学期まで待ってくれる学校で
よかったね~。
こっちで待ってるよ~!!!

おめでとうございます!

合格おめでとうございます!
野球との両立、すごいですね。
うちのサッカー息子にも見習ってもらいたいです……。
残りの滞在期間、おぐにさんもお忙しくなると思いますが、体に気をつけて楽しんでくださいね。

おめでとうございます。

これからも野球続けていくんですよね。
成長した息子くんのこれからの活躍が楽しみです!
残り半年のアメリカでの暮らしを満喫して
下さいね~

をを。
息子さん、合格おめでとうございます!
おぐにさん お疲れ様でした。
ホッと なさったことでしょう。

帰国なさったら また どうぞ 
宜しく お願いいたします。

合格おめでとうございます!
春夏をアメリカで楽しめますね~

それにしてももう4年ですか!
早いですね。
小学生だった息子さんも立派な中学生ですね!

まってるよ~

合格おめでとう!
あと半年のアメリカ生活、楽しんできてくださいね。
秋に会えるのを楽しみにしてます。

おめでとう!

無事に中学受験が終わってよかったね!おめでとうございます!
帰国したらまずは歌舞伎オフかな。

その前にたっぷり野球日記の更新をお願いしますだ。。。終わっちゃうのが、少々残念なりー。両方に籍おいてくれたらいいのに!って無茶だよね。

待ってるよ~!

出遅れました!

改めまして、息子さん合格おめでとう~!

本当に良かったね!

8月楽しみに待ってるよ~♪

たくさんの 「待ってるねー」 をありがとうございます。たくさんお酒飲めるように、肝臓鍛えて帰るので、みなさまよろしく。

しいなさん。

2学期まで入学を待ってくれる学校だから、第一志望にした、というような事情もあったのよー。すべては野球の都合優先。とほほ。

エミュさん。

いつもいつも励ましの言葉をありがとう!
とにかく、悔いのないよう、あと半年、頑張ります!

6子さん。

えへへ。美人発言、覚えてくれてたのねえ。
ありがと。
しかし、振袖かあ。
アメリカじゃ、襦袢は普通のしかもってなくて、襦袢の袖が飛び出してこないよう、振袖の真ん中ぐらいに、安全ピンでとめたりしたんだけど、それじゃ日本は許してくれないよねえ。いや、振袖を着ること自体、ちょっと勇気いるのよねえ。ううう、私で大丈夫かしら。

匿名投稿者さん。

ううう、お名前ないから、どなたか分からず。
もしや、〇〇さんかな~と想像しつつ。
次女ちゃんに背を抜かれた?
私はまだまだ息子に勝ってますぞ。

うるさん。

いつもいつも、色々教えてくれてありがと。
受験勉強に明け暮れたこの2ヶ月を取り返すべく、最後の半年は、おもいきり、この国と親子で付き合おう、と思ってます。
今後ともご助言よろしくね。

Mimさん。

うんうん。
2人で「自称美人」でがんばろー。
……って、私のパソコン、「自称」 と打つと、「自傷」 と変換されるよ。うむむ。

きららさん。

おめでとう、をありがとうございます!!!
あと半年、この国に暮らすどの駐在妻より、アメリカをたっぷり楽しんでやるわ、という意気込みでーす。

べにさん。

家族で信州、行きたいです。
今度会えるのは、長野でかな。東京でかなあ。
どっちにしても楽しみです!

なっちゃん。

おめでとうをありがとう!
ポトマック河の桜は、ほんと、結構良いのよ。
あと、住宅地の中にも、コミュニティーの街路樹すべて桜の巨木、って町なんかもあるの。
日本とはまた違う美しさがあります。
惜しむらくは、敷物広げて、酒盛りができないことかしらん (公共の場での飲酒はNGのため)。

冷奴さん。

いやいや、2学期まで入学を待ってくれる学校をあえて探したんですってば。
できるだけ長く、家族で一緒に暮らしたい、が結局最優先された感じです。
ときどきブログ拝見してます。
おうちにお花を飾っておられるくだりを読むのが、結構好きだったりします。

ドレさん。

ありがとー。
また会えるの、楽しみです。
あと半年で、さらに一回り成長して帰るからねー (体重というか、体型はすでに、一回り成長してるのよ、うふふ)。

そのみさん。

いや、とても「両立」 といえるようなシロモノではありませんでした。やっぱり、6年になると周囲が本気出すでしょう? スポーツとの両立は、かなりキツイというのが実感でした。
我が家の場合は、息子が自信を持ってアメリカで暮らせる唯一つの理由が野球だったから、それを手放したら、何も前に進まなくなりそうで、怖くて手放すこともできなかったの。
結果オーライ、だけど、ほんと、危ない橋だったことは事実だと思います。

まるこさん。

わーい、お久しぶりです!
おめでとう、をありがとう!
野球、もちろん続けます。
もっとも、日本に帰国したとき、上手に、日本の野球文化に軟着陸できればいいなあ、と、若干心配ではあるんですけどね。もう、親が手を出せる年齢でもないので、信じて見守るしかないですもんねえ。

こぶたママさん。

いやはや、ほんとに、ホッとしました。
今だから言えるけど、私の去年と今年の初夢、どっちもに出てきたのは、息子の塾の先生で、私は夢の中で叱られてましたもん。
普段は怖いものなしの自分なんですけどねえ。日本との2往復って、結構ダメージ大きかったみたいです。
次のダメージ候補は、きっと、海外引越しだろうなあ……。

Kazuさん。

ほんとにね。
アメリカに来た時、まだ3年生だったのに!
当時の写真なんか見ると、のけぞっちゃいます。
今でも、渡米直後の苦労だとか、アメリカ初の野球練習直前の親子の涙とか、思い出話をすると、夫婦でしみじみしちゃいます。
今回の受験体験も、最後は、夫婦の老後の酒のツマミになっていくんだろうなあ。

RIKさん。

うんうん。秋になったら、ぜひぜひ会ってね。
私もすごーく楽しみです。さっさと子どもを中学生にして、もはやシッターいらずで、夜の飲み会に参加するぞーっ!

Tittyさん。

頑張る。野球ネタを書けなかった一つの理由が、「受験母業が忙しかったから」 でもあったの。物理的にも、精神的にも。
今からでも、どうにかキャッチアップするので、また読んでくださいね。

nonkoさん。

ありがとう。実はね、1月校がダメだったら、日本にさらに3週間滞在、となったわけで、そうなったらもう、本気で、「日暮里」の件をご相談しようか……と思ってたのよ。
色々と親切にお声がけくださって、本当にありがとう! とっても心強かったよ。合格大仏も……、帰国したら、こっそり見に行こうかなあ。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。