スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤族の国の男って?

あけましておめでとうございます。
いきなりですが、朝日新聞が年末からはじめた連載企画について、思うことを少し。

「孤族」、というネーミングを最初に知ったとき、うまいもんだなあ、と感心したのだった。
さすが、朝日新聞、とも。
だけど、読めば読むほど、何なのかなあ、この違和感?

たとえば、この回。
「還暦、上海で婚活したが」
まあ、読んでみてくださいな。
私は、ここを読んで、度肝を抜かれたというか、イスから転がり落ちかけた。

どんなに手を尽くしても、日本人でなくても、伴侶が見つからない。
家業の手伝いや後継ぎを望むわけではない。
老いゆく自分の世話をし、みとってくれる相手が欲しいだけなのに。


どっひゃーーーーーん!

さらにさらに、別の男性(76)のエピソードには、こんな一文も。

今日も、これは、という人は現れなかった。
死ぬ間際に「おまえがそばにいてくれて幸せだった」と言えるような人が欲しいだけなんだが。


連載スタート時から、ずーっと感じていた違和感の正体が、ようやく分かった気がしたよ。
うろ覚えなので、間違えていたら申し訳ないけれども、津野海太郎さんの名著「歩くひとりもの」 を読んだときにも、似たような違和感を感じたことがあったっけ。

中年に差し掛かったシングル時代の津野さんは確か、御著書の中で、男が一人老いて死んでいくよるべなさ、みたいなものに触れていたような……。(間違えていたらすみません。ブログで書評を書いた記憶もあるのに、どうしても見つからないのです)。
そのときに、

「あたしゃ、結婚してるし、夫もいるし、おまけに子どもまでいるけど、死ぬときに誰かに見守られている可能性なんて、あんまりないと思ってるけどなあ。っていうか、男って、『結婚=老後を世話し、看取ってくれる相手の確保』 と思ってんの???」

と思ったのだった。

私と夫の生命力のポテンシャルを考えたら、やはりどう考えても私のほうが長生きしそうだし (いや、絶対に、長生きしてやる!)、だいたい、「俺より先に死んではいけない」 (だったっけ? 関白宣言)なんて、アホかいな、誰が先に死んでたまるか、って話だ。
きっと、うちの場合は、夫だってそう思ってると思う。

さりとて、夫が先立った後、私に 「恋愛力」 が残っているとも到底思えない。
美魔女、とか言うんだっけ?
ああいうのとは無縁の、独自路線を歩んですでにウン十年、だもんな。

確かに、子どもは一人生んだけど。
これからの時代、日本で、おまけに親元にいて、仕事が簡単に見つかるわけもないだろうし、息子なんてこの先、何年、そばにいるやらわからないし。
ずっと自宅でパラサイトしながら私の死を看取ってくれる息子よりは、さっさと独立する息子のほうを、親としては見てみたいもんね。

となれば、やっぱり、死ぬときは一人でしょ。
というようなことは、もう何年も前から、
ある時は、冷静にソロバンを弾くように、
ある時は、「こんな寂しがり屋が1日でも一人ぼっちで生きられるんだろうか」 と突き上げるような不安に襲われたりしながらも、
徐々に受け入れてきただと思う。
死ぬときは、やっぱり、一人でしょ、と。

でも、だから。
本当の意味で一人ぼっちにならないように、近所づきあいしてきたし、仕事以外の友達もつくってきたし、外食すれば隣の人にすぐ話しかけるし、電車に乗ればこれまた隣の人にすぐ話しかけるし、たとえ夫と別れても夫の親戚と良好な関係を維持できるくらいには親戚関係も大事にしてきたし、「かわいいバアチャン」 を目指そうとも思ってる。
だいたい、そもそも、人間関係の長期持続は得意じゃないのよ、私。
それでも、人とのつながりは、日々心がけてつくるもんだって思ってきた。
「死ぬ時に、愛する人に看取ってもらえる人生」 だなんて、そういう妄想は、なんか想像するだけで心温まるけれども。
私はむしろ、一人で生きていけるだけの強さの方を、ちゃんと身に着けたいよ。
生涯かかっても、そちらのほうを身に着けたいと思うよ。

だから、一人で死んで、死後何日も誰にも見つけてもらえなかったとしても、私の最期がそうだったからといって、新聞記者に 「孤族」 だの、キツネ族だの、気の毒がってもらわなくても、結構。

国は、国民に最低限の生活を保障するべきだと思うし、みんながシアワセを実感できる国のほうがいいに決まってる。でも、国や社会のありようで、「老後の自分を世話し、みとってくれる伴侶」 を求めてやまない男性の孤独まで救うのかね?
この連載の、なんというか妙に中高年の男性陣を甘やかすようなテイストが嫌い。

……と思って、あれこれ検索していたら、こんなブログを発見した。
大きなお世話、だって。

それは決して「孤独な人間の苦しみの末路」なのではない。
「個」としての尊厳ある生き方の結末である。


まったく、そうありたいと思う。
「個」 として、「孤」 を抱えながらも、「他」 とつながっていけるような生き方を目指すぞ。
とりあえず、新年の決意として、書いておこうっと。

 (なーんて、50年後の自分が読み返したら、
 「若気の至り、ってやつか。どれほどの孤独かも知らずにまったく……」
 とか思って、恥じ入ったりするのかなぁ。
 息子と夫がいないと、三度のご飯すら省略しちゃうほど、一人暮らしをすると生活破綻者になっちゃう私だし。
 えらそうなことはいえないのよねえ。とほほ)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

情けない話ですが…

私なんかも生活力ないので、もし一人になったら、あっという間に体を壊して、孤独死しそうですね(笑)。

朝日新聞の連載は、天下の朝日が取材しているだけあって、もちろん今の一断面を鋭く切り取っているところが印象的です。

ただし、「孤族」は、いくら造語といっても日本語として違和感ありすぎ。やはり天下の渡辺淳一先生が、一足先に「孤舟」という長編小説を発表し、ベストセラーとなっていますが、絶妙な書名。朝日の連載も、間違いなくこの渡辺作品の書名を意識して付けたのでしょうが、「孤族」と「孤舟」では品が違う。

もっとも、私は「孤舟」を読んでいませんが、やっぱり妻とは別の、若い女性とのアバンチュールが出てくるらしい(笑)。あの先生、頭ン中はそればっかりなんですね。

かの有名な…

ココ・シャネル(だったハズ;)は、生涯独身を貫いたとは有名な話ですが、最期に住まいにしていた(高級)ホテルのスタッフに、最期の最期に遺した言葉は、

「みていなさい。こうして人は一人で死んでいくのよ…」

だったそうです。

私はクスリを長く飲んでるから長生きできないと思うけど、この言葉を聞くと家族全員とはいかずとも、本当に大切な人の側で死にたいな。

くじけないで

ミリオンセラー「くじけないで」著者は今年百歳ですけど、これまで18年間、ひとり暮らしをされていたとか。

スケールがちがうよね・・汗

98歳でベストセラーだそう!(笑)

sekkyさん。

孤舟、ですか。
うーん、たしかに、品格ありますね。
とはいえ、アバンチュールかあ。
でも最近は、中年女性と10歳とか15歳とか年下の若い男性との……って小説も増えてますよねー。

どれを読んでも、どうも、自分にとっちゃ、まったくリアリティーを感じられないんだけど。あれは、作品のせいなのか、私自身のせいなのか。
(たぶん、後者でしょう)。

KIMIYさん。

そうですね。
確かに、自分は、誰か好きな人がこの世を去るときはそばにいたいと思う。相手のため、というより、自分が納得するため、なのかもしれないけど。
自分がこの世を去るときは、どうなんだろ。でも、なーんか、死ぬときは一人、という気がしちゃうんですよね。

りえりんさん。

98歳でミリオンセラー。
うわー、危険な香りのする言葉だわ。
いいなあ、それ。
90代になったら、ぜひ、90代コンビで、何か仕掛けますか?
うふふふふ。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。