スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のキンタマ問題

学童保育なんて大っきらいだ、二度と行くもんか、という息子に、「しんどいことがあるなら、母ちゃんにいいな。解決できなくても、話すだけで楽になることもあるんだよ」と声をかけてみた。
「言いたくない」と布団にもぐりこんで5分。
息子がようやく重い口を開いた。こんな話だった。

うちの息子の名前は「○○ち」。
まあ、「与一」とか「良一」とか「喜一」とか「弥一」とか「太一」とかそういう名前。
一方、ここに登場する3年生の友だちは「▽▽▽き」という名前。
例えば「弘幸(ひろゆき)」とか「直之(なおゆき)」とか「政之(まさゆき)」とか。

とりあえず、関係者が未成年のため、どちらも仮名ということで。
うちの息子を「やいち」、相手の3年生を「ひろゆき」とでもしましょう。

息子「あのね、ひろゆき君に、悪口を言われたの」
私 「何って言われたの?」
息子「……いいたくない」
私 「言わなきゃわかんないよ」
息子「………やいちんちん、って」

すでに数週間前の話だと言うのに、ようやく語り終えた途端、号泣する息子。
息子に隠れて肩をふるわせて声を殺して笑う私。
息子に「○○ち」パターンの名前をつけた日以来、いつか言われると思ってたんだ、「○○ちんちん」って。
だいたい、ちんちんごときで何週間も思い悩んで泣くなよ。

とりあえず息子に私が言った言葉は、
「今度言われたら、ひろゆき君に『ひろゆきんたま』とでも言い返しなさいな。それで足りなきゃ、ひろゆきたないきんたまってどうだ?」

息子はようやく笑った。

さて。これには後日談があって。
その夜、帰宅した夫に事の顛末を話したら、夫は「うわあ、とうとう言われたか~。いつか言われると思ってたんだよなー」と大笑い。
やっぱり、夫婦で心密かにこの日が来るのを予期していたらしい。

翌朝、私と息子が「ひろゆきたないきんたま」で盛り上がっていたら、いきなり夫が言う。
「こういう歌、知ってる?」

いきなり歌は始まった。
「ある日、キンタが歩いていると~♪」
「キンタ! 守って! ♪きんたまもって、きんたまもって……」
「キンタ、マカオに着く。 ♪きんたまかおにつく、きんたまかおにつく」
「キンタ、マスカット切る。 ♪きんたますかっときる、きんたますかっときる」

親子で大笑い。
しかし、1年生の子どもに、猥歌を歌ってどうするんだ?>夫。
本日は卒業式。
学校で歌い出しませんように、それだけが心配。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぐに夫妻サイコー

おぐにさん、
お引越しおめでとうございます。

サイコーです、おぐに夫妻、サイコーです。
めっちゃええわ。好きやわ。
ずっとそんな夫婦&両親でいてください。

その歌、懐かしー。
でも、「キンタ、マスカット切る。」は知りませんでした。
おそれいりました(笑)

でも、一週間気にしていた息子くん、かわいいねー

バカチン道は深くて長い。

もう、PCの前で爆笑です。これをどう夫に伝えようかと今思案中。

息子二人の母として、もうその領域にどうやって入っていいのか日夜悩んでいた私はこうもスカッと(と書いてマスカットがはなれないが…)夫婦で親子で語っているおぐに家に感動です。
ん~セシールのカタログを隠しもっていたあの頃にこんな風に笑い飛ばせていればなぁ。

よりこさん。

後日、「ったく。ちんちんとか言われたぐらいで何週間も悩むなよ!」と友だちに愚痴っていたら、児童館の職員でもある友だちは一言。「でもねえ。子どもにとって名前は本当に大切なものなのよ。名前とともに、親から大事に大事にしてもらった宝物なんだから。名前絡みで悪口を言われた時にちゃんと腹を立てたり、傷ついたりできる子は、自分の名前を大事に思っている子である証拠なんだよ」となだめられました。なるほど、そういう視点もあるのねえ、と感動。

しいなさん。

あの日は一日、「キンタの大冒険」の猥歌が頭の中をぐるぐるぐるぐる回って仕事になんなかったわ。そういえば、飲み会で猥歌を歌わなくなって久しいわあ。あれって若者文化なのかしら。

Mimさん。

セシールのカタログ……大爆笑。
男の子が段々と性に目覚めていく姿というのは、生々しくて笑えますよね。
この前なんか、私の手が偶然、息子の股のところにあたったら、息子は「母ちゃんが、【股間】を触った!」と叫ぶんです。思わず私、「おおお、君も股間という言葉を普通に使うようになったのか? 学校で教わったの?」などと喜ぶと、息子のほうは「股間」という、母親の前で初めて使ってしまった言葉の響きに自分で照れたらしく、布団を被ってしばらく出てきませんでした。
かわいすぎます。ぷぷぷ。

おぐにさん

 つボイさんですね>金太の大冒険。今でも人気あるんだなあ。こんなの見つけたので、ご笑納ください>http://www.hairbirth.co.jp/kinta.htm

 猥歌といえば、モンティ・パイソンのEvery Sperm Is Sacred、サイコーですよぉ>http://www.lyricsdepot.com/monty-python/every-sperm-is-sacred.html
歌詞だけ読んでも楽しいですが、これが流れるスケッチは抱腹絶倒です。The Meaning of Lifeだったかな。日本でもDVDが出ているはずなので、ぜひご覧ください。音声ファイルだけなら、こちらをどうぞ>http://www.mwscomp.com/sound.html。ページの真ん中あたりです。

こんにちは

芸能人の秘密教えます。
http://www.dvd-synergy.com/4754

わださん。

ごめん。英語じゃあ、猥歌のおもしろさもわかんないわー。
残念無念。
こういうの聞いて笑えるようになりたいもんだ。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。