スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自傷からの回復」(訳書) が出ました

野球ばっかりしてるわけじゃないんです、の言い訳エントリー第二弾。
ちょうど1カ月前、郵便屋さんが本を届けてくれました。日本からの荷物。
開けてみたら、生まれて初めて挑戦した翻訳書のできたてホヤホヤなのでした。

「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」 (V.J.ターナー著、みすず書房)

出版社のホームページはこちら。

そもそも、専門書の世界とは無縁に生きてきたので、自分の訳書ながら、その値段に頭がクラクラしました。税込みで4410円、税別で4200円。どういう人が買ってくださるんでしょうか……。

それにしても、不思議なご縁の重なって生まれた本でした。
そもそも、医療監修してくださった国立精神神経センターの松本俊彦先生とは、最初にどこで出会ったんだったっけ?
薬物依存の取材を始め、「夜回り先生」 こと水谷修氏に出会ったのが、たしか1997年 (って、もう10年前になるんだ……)。で、当時から、水谷さんは薬物依存を抱えた子どもたちについて、松本先生とお付き合いがあったはずだから、10年前にはお名前をうかがっていたわけだと思う。

それでも、松本先生に最初にお目にかかれたのは、それよりずっと後。
確か自傷の取材を始めた後だったから、2004年ごろ? すでに何年間も、水谷さんを通じて、「お噂はかねがねかねがね」状態だったから、とても初対面とは思えないほど、しっくりと何かがつながった気がしたのだっけ。

さらに4年後、これまた何がきっかけだったか、私が渡米した後、あれこれ自傷についてメールのやりとりをしていたら、あれよあれよという間に、この本を日本に紹介しましょう、というような話になったのでした。

でも、そもそも私は、別に意中の本があったのです。
それは、Bodily Harm という本 で、著者さんにアメリカでお目にかかったりもしました。自傷治療を専門とした施設での試みを書いた本で、そういう施設を持たない日本にぜひ紹介したいもんだ、と常々思っていたもので。

この本と、今回訳した Secret Scars という本 の両方を、松本先生がみすず書房にご提案し、後者が選ばれた、という経緯です。

今回訳した Secret Scars は、私自身、数年前にアマゾンで購入しながらも、読み通すこともなく、ずっと手もとにおいてあった本なのですが、あらためて読み直してみて、「自傷はアディクションである」 という視点が新鮮だなあ、と思ったのでした。
もっとも、自傷がアディクションかどうか、という問題はまだまだ議論の余地の残るところです。例えば、先に挙げた2冊の本のうち、むしろ私の意中の本だった前者の著者さんなどは、先日の講演で 「自傷はアディクションに似ているが、どこか違う」 と指摘しています。

その講演で取ったメモが今手もとに見つからないので、確かなことは言えないけれど、「ひとたびその行為をやめ、長い年月を経た後の心のありようが、アルコールや薬物と、自傷とでは、明らかに違う。一生、その行為への誘惑に駆られ続ける、というようなことは、自傷をやめた人には見られない」 というような主旨だった気がします。

とはいえ。
自傷とその他のアディクションとの深い関係は、これは当事者にしろ、専門家にしろ、常々感じているところでしょうし、私自身、「クスリも自傷も、それをやめることよりも、やめた後、それなしで生きることのほうが何十倍も苦しい」 が持論なので、なんとなくご縁を感じた本なのでした。

おまけに、この本の著者はアメリカの臨床心理学者(女性)で、別に著書もあるそうなのだけれど、この本に限っては、匿名で書いています。だから、本当は誰なのか、私も分かりません。
なぜかというと、著者自身が、元自傷者 (そして摂食障害経験者) だから。
自分自身が、アディクションからの回復に使われる12ステップでいかに救われたか、いかに自傷から回復していったか (あるいは、なかなか回復できなかったか) を赤裸々に告白しながら、一方で、単なる体験告白書ではなく、専門家が読むに耐えるような内容にしよう、という努力をしています。

だいたい、当事者にも専門家にも読んでもらえる本、なんて路線が簡単に成功するわけがなく、本書についても、正直言って、当事者が読むには小難しすぎるし、専門家が読むには思いが強すぎる部分が多々あります。
それでも、自身が体験者として、そして専門家として、どうにか今苦しんでいる当事者たちを手助けしたい、そのためには当事者にメッセージを伝えたいし、彼らを支援するべき立場の専門家たちにこの問題をしっかり理解してもらわなきゃ、というとんでもなく強い思いから書かれた本であることは、確かなんだと思います。

それにしても。
元自傷者の臨床心理学者が書いた本を、元自傷者のジャーナリストが訳す、というのも、これ、何かのご縁なんでしょうか。

一仕事終えての正直な感想は……「翻訳のプロのみなさま、ごめんなさい。素人が手を出す世界ではありませんでした」 だったりします。
でもまあ、一方で、松本先生にしろ、私にしろ、翻訳のプロでない者が、ジタバタと悪戦苦闘してまで、日本に送り出したかった1冊なのです。

それにしても税別4200円、という値段は重い……。
少なくとも、私の身近にいる当事者たちに、「買ってね~」 と気楽には言えません~。
そんなわけで、「図書館でリクエストしてね」 と言ってみることにしようと思います。

当事者のみなさま。
もしも、本書を図書館でゲットされたならば、読み方のコツは以下の通りです。

まず、序文、第一章と読み進めた後、専門的な内容の2、3、4、5、6章を飛ばし、ついでに本書の肝(きも)ながら、日本人にはちょっと馴染みにくい第7章「あなた自身のスピリチュアルな空虚感と向き合うとき」 もとりあえずは読み飛ばし、先に第8、9、10章を読んでください。
次に、松本先生の解題と私のあとがきを読んだ後、あらためて第7章を読んでみていただけるといいんじゃないかと思います。
2-6章は、その後、自分に関係しそうなところ、読みたくなりそうな部分だけを、つまみ食いするだけで結構です。

基本的には 「図書館をご利用ください」 なのですが、それでももしもご購入を考えてくださる方がおられるならば、なんでも、私が間に入ると2割引なんだそうです。
(4410円の2割引き、って882円じゃあないか……豪華ランチが食べられる!)
どうか、こちらの非公開コメント機能などを使って、ご一報くださいませ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう

どんなに大変だったかを思うと、「おめでとう」しか言葉がありません。日本はある意味閉じられた世界で、誰かが翻訳しなくてはならないというのは、宿命みたいなものなので、立派なお仕事をなさったと思います。
おぐににしか翻訳できないものも、まだまだあります。ぜひ。
図書館にリクエスト出しておきますね。

Congratulation!。。。辞書を引きつつ

出版おめでとう!
いつも前向きに新しい事にチャレンジするおぐにが大好きですー。
おぐにに出会って、自傷について知るようになった1人です。
この本を通して、また新しい出会いがあるんでしょうね。
図書館にリクエストするよー。

はじめまして と おめでとうございます

はじめまして。某ラジオ番組サイトの更新担当をしていた時
おぐにさんの記事(インタビュー?)を読み、原稿にブログ
アドレスが掲載されていたので、アクセスしてみたら記事が
とても面白く、それ以来密かにおぐにさんファンでした。
(残念ながら、そのサイトは終了してしまいましたが...)

翻訳本出版おめでとうございます。
いつもながら、本当に努力とチャレンジの人だなと
尊敬しております!翻訳となると日本語との違和感が
あったりと...とても大変だったと思います。
なかなか小さい本屋さんじゃ見つけられなさそうなので
私も図書館や紀伊国屋に行った時探してみたいと思います!

これからも子育てにお仕事、、そして主婦として
忙しいかと思いますが、頑張って下さい!
毎日楽しみにのぞいていますのでv-10

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。以前大変お世話になりました。
リストカットを止めたい人への管理人をしていたものです。
ご出版おめでとうございます。拝読させていただきました。
素晴らしい内容と翻訳でした。
さて、一時私のミスにより閉鎖していたブログですが復活することにしました。ぜひまた遊びにきてくださいませ。
ますますのご活躍を祈っております。

Re: ご無沙汰しております

ごぶさたです!
ブログ、復活されたのですね。
また、時々、のぞきに行きます。
書き込みありがとうございました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。