スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は新緑

1カ月前、「やっぱ、桜の季節だし」 と、ブログのテンプレートを桜に変更したら、見事なほど、そのまま更新が止まってしまった。
今回、新緑に変えてみたが、これからはどうだろうか。

この春はとにかく忙しかった。

連載1周年をどうにか迎えた、週刊ポストに連載中の 「ニッポンあ・ちゃ・ちゃ」。さすがにアメリカ暮らしも1年で一巡するわけで、ネタ探しに必死。3本くらい同時並行で書き始めて、どうにかモノになりそうなのを送る、というような綱渡りを毎週やってるわけで、つくづく力のなさを痛感するのみ。

これに、カレッジが加わる。授業は週2回。
これまでにも書いてきたように、板書もテキストもない先生だけに、耳だけが頼り。なんだけど、私の耳はまったく、英語の固有名詞を拾ってくれないのだ。
「知らない単語は聞けません」 を実証している感じ。
この授業のエッセイ宿題が3月末に、そして、リサーチペーパーの宿題が昨日、という具合で、大わらわだった。特にリサーチペーパーは、はっと気づけば締め切りが10日後で、おまけにテーマは、 「アメリカの人種・民族に絡む政策を取り上げ、それらがどのような団体あるいは個人によって進められ、どのように社会に受け止められ、どのような団体あるいは個人に反対され、それぞれの人種・民族のありようをどう変化させたか」。
あんた、私は、アメリカの政策なんか、ほとんど、知らないんだってば!
「最低3冊の本を読んで、そこから引用すること」 ってなルールまでついてきて、10日で3冊なんて、本読むだけで精一杯じゃん、というようなことになったのだった。
まあ、この話はまた、別のエントリーで。

さらにさらに、ここに加わるのが、そう、息子の野球シーズンの始まり始まり~。
週に2回の練習だけでもあっぷあっぷしてるのに、いよいよ今週から週に2回の試合まで加わり、別の地元のレクレーション目的のチームも練習1回と試合1回が予定されているわけで、毎週、練習3回と試合3回?
これの送り迎えだけで私、もう、へろへろよ。
それでも、試合となれば、スコアを付けちゃうわけで、ここまできたらもう、私もアホですな。

さらにさらにさらに。
この季節にはここに、合唱の春の舞台がいくつも加わる。
DCの桜祭りの時期、桜祭りに絡んだ舞台や、その季節だから呼んでいただける舞台もある、というわけ。週1回の練習に加え、なんだかんだ自主練が加わる。
私なんか、カレッジだ、息子の野球だ、で、フル出場できず、周囲に迷惑掛けっぱなし。
反省、反省の日々だったけれど、前年に増して、歌うことのおもしろさに少し近づけている気がする。
合唱の喜びというのは、一人じゃ絶対にたどりつけない境地なので、自然と、他人への感謝が沸いてくる。
仲間に、先生に、応援してくれる家族に、自分の健康に。
どれが欠けても立てない舞台だったんだなあ、と歌うたび感謝するというのは、私みたいに身勝手人間には、ホント、よい精神修養になってる気がする……。

と、ここまででも十分に忙しかったのに、さらに重なってくれたのが、この春出版予定の翻訳書の最終校正。
ドサーンと自宅にゲラが届いた時は、めまいがした。
カレッジの宿題、レポートは仕事じゃないけど、こっちはお仕事だし。
もしかしたら、今自傷に悩んでいる誰かが、あるいはその誰かの友だちやご両親が、手に取るかもしれないのだし。
翻訳は素人仕事で、本当に、プロのみなさまに申し訳なくて、穴を掘って地球の裏側まで行ってしまいたいくらい恥ずかしい気持ちでもあるのですが、元自傷者で心理学者の著者が書いた、「当事者にも専門家にも読んでほしい自傷の本」 となれば、やっぱり、「私が訳すしかないだろ、ばっきゃろー状態」 に陥り、できる限りのことはやり遂げたのだった。

おまけに、今年は、妙なイベントまで割り込んできた。
とある地元のミドルスクールの 「ジャパンクラブ」 なる部活動の場に呼ばれ、日本文化を紹介するお役目を仰せつかっちゃったもんだから、もう大変。
まあ、この話も別のエントリーに書くとして……。

これだけでももう、十分に忙しかったのに、息子の春休みの長いこと長いこと。
つごう10日間、ぶっ続けで休んで、自宅にいてくれちゃったわよー。
おまけに、カレッジのレポートのせいで徹夜してたら、去年に引き続き、風邪をひき……。
もう、ふんだり、けったり。

でもね。
春の舞台も終わったし。
ゲラチェック済ませたし。
カレッジのレポートも、昨日、出してしまったし。
そしてそして! 本日、息子がようやく学校に行ってくれた~っ!
バンザイ三唱!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です~。先週、BBQやってたから、これるかしら?と思って電話したのでした。私もカウントダウンのため予定入れまくって、さらに毎週、旅行してますが、アメリカで無理だったら、日本でまた飲みましょ。待ってマース。

お久し振りです

新緑の緑…爽やかで素敵!
気分が明るくなりま~す(実はこの色好きな色だったりします)

才能ある人のところには、
次々に仕事が吸い寄せられていくのね!
でも無理は禁物!身体は労わってあげて下さい。

ご無事なにより

ひさびさのおぐに節。いいねえ。モーレツな忙しさ、けっこうじゃないですか。しばらく更新されないので、刑務所にでも体験入所されたのかと思いました。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。