スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「オバマ新聞」を見せてみた

オバマ大統領の就任式を報じた日本の新聞を見て、度肝を抜かれた。
私の古巣の毎日新聞なんか、一面に巨大な見出し。
さらに、スピーチ全文を一面掲載(途中から、中面につながる形)よ。

何これ?
ここまで騒いでたわけ?

こちらじゃ、地元ワシントンポスト紙ですら、「スピーチ1面掲載」なんてやってないぞ。
就任式ネタは、別冊を作ってそっちにまとめちゃっていて、メインの新聞は、「就任式一色」 にすらなってない。なんか、日本の新聞の「オバマ」 の扱いって、すさまじくない?
ここにきてようやく、夜中に起きて就任式のテレビを見た人がたくさんいて、視聴率もかなり高かった、なんて話が、実感を持って迫ってきたのだった。
そ、そうだったのか……。

あんまりにもおもしろかったので、日本の新聞をアメリカの友人たちに見せることにした。
「見てよ、見て見て。日本じゃ、ここまでアメリカのことを報じてるのよ」 と新聞を見せれば、絶対に度肝を抜かれるぞ。日本のアメリカへの 「片思いぶり」 が伝わるってもんだろ。
うまくいけば、彼らの面白い反応を集めて、1本、何か書けるかも。

下心たっぷりに、私は、「スピーチ全文1面掲載」 の毎日新聞を持って出掛けたのだった。

さて。
肝心の、アメリカ人たちの反応はどうたったか。

実はね、ぜーんぜん、驚いてくれなかったよ。
「見てよこれ。ものすごい扱いでしょ。1面にスピーチ全文掲載なんて、ワシントンポストだってやってないよねえ」 などと水を向けるんだけど、彼らの反応は今ひとつ。

平然とした顔で、

「そりゃそうよ。だって、
本当に世界中から注目されるべき、大切なニュースだもの!」


………。
わかるけど、すごーくおっしゃることはわかるけど、その 「他国がアメリカのことに関心を持って当然」 「アメリカは世界の中心」 って感覚に、私は時々、ものすごーく脱力しちゃうのよ。とほほ。
ちっとも驚いてもらえなかった、日本の新聞だったのでした。ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひゃはは、大騒ぎしてた一人で~す!

深夜まで起きてリアルタイムで就任式見たし。
オバマ氏の演説集CD買ってしまったし・・
(半分、英語の勉強のためでもあるけれどさ・・。)

そうそう、朝日新聞でも全文原文と訳付きで載ってました。

それにしても・・・・
アメリカ人のプライドの高さって・・・・。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。