スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香菜があれば、それでいい

結局、一人で飲むビールのつまみは、これに限る。
シャンツァイ (香菜) と、味噌。
シャンツァイは、茎ごとくしゃくしゃっと丸めて、味噌をつけて、食べる。以上。
手間といえば、シャンツァイを洗って、味噌をスプーンに1杯、すくいだすだけ。
必要時間、わずか30秒。
でも、うまいんだわ。

「うまいうまいうまいうまい」

食べていたら、夫に取られた。

「うまい、と聞けば、ほしくなる」 んだそうで。
でも一口たべて、「これ、うまいか? おれは香菜はフォーなんかに入れるのがいいな」
生でそれだけ食べるには、あまりに匂いが強すぎる、ということらしい。

いや、私だってね。
大学時代、初めて中国に行って、シャンツァイに出会った時は、「なんじゃこりゃ」 と思ったのよ。
「臭い草」 と呼び、長い間、毛嫌いしていたこともある。
でも、いつの間やら、好きになった。
好きになったら、今度は、深く愛してしまった。

両手にいっぱいのフレッシュなシャンツァイが、あなた、韓国スーパーでわずか、42セント。
うるうるうる、感涙。
この国に暮らす中国人や韓国人に心より感謝!
これを食べるたび、「日本にはもう戻れないなあ」 と思う。

ラーメンにもいれる。もちろん、うまい。
キムチスパゲティーにも入れてみた。当然うまい。
ワカモレに入れる。これは必須だ。
私の作るワカモレ、どんどんシャンツァイの量が増えてきて、なんか、アボカドのディップというよりは、シャンツァイ味のディップだもんな。

シャンツァイ万歳。
今日も、シャンツァイと味噌で、ビールを飲む。
息子の熱はいまだ下がらず。
私は看病で外を出歩けず。
こんな夜は、飲まずにやってられっかい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。