スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人々の投票行動を決めるのは?

こちらの大統領選は、サウスカロライナ州でオバマ氏が圧勝。
圧倒的なアフリカンアメリカンの票を集めてしまったことで、むしろ、白人票離れが案じられているらしい。

ワシントンポスト紙などの出口調査によると、黒人票は男女ともオバマ氏に8割が流れたし、でも白人女性票に限ればヒラリー氏がトップで、白人男性票に限れば全体では3位のエドワード氏がしっかりトップに躍り出るわけで。
おまけに、白人票の男女合計で見れば、オバマ氏は3位に転落しちゃうわけで。

オバマ氏がいくらお得意の演説で、「Race doesn't matter! 人種が問題じゃないんだ」 とか、「僕はこの州を回って、『黒いサウスカロライナ』 に出会ったわけでも、『白いサウスカロライナ』 に出会ったわけでもない。僕が出会ったのは 『サウスカロライナ』 だった」 と熱弁をふるったところで、投票結果分析の数字は、極めて正直なのだ。

今回の報道で一番おもしろいなあ、と思ったのは次のような話。
オバマ氏に投票した人に、もしもクリントン氏が最終的に民主党候補に選ばれたらどう思うか、を尋ねたところ、71%が 「満足する」 と答えたそうだ。
一方、クリントン氏に投票した人に、もしもオバマ氏が候補に選ばれたら、と尋ねたところ、69%が 「満足する」 と答えている。

この数値、すごく実感として分かる。
今回、色々な人と話をしたけれど、民主党支持でブッシュが嫌いでリベラル志向の人たちの多くが、「オバマ氏が勝って黒人初の大統領になることは素晴らしいと思うし、ヒラリー氏が勝って女性初の大統領っていうのも捨てがたいから、迷っちゃう」 などと言う。

2週間前だったか、「オバマ氏はたぶん、黒人というより、我々白人にとっての希望だ。オバマ氏の勝利によって、ようやく我々は人種差別の暗い歴史から自由になれるのだから」 みたいな論調のエッセイを読んだこともあった。

「どちらの候補のことも、私は誇りに思うわ」 なんて民主党支持者のセリフも、あながち単なるタテマエではないんだと思う。

でも、もちろん、この国にはもっとフクザツな現実がある。
同じ出口調査分析によると、

オバマ氏が最終的に民主党候補に選ばれることに、白人の7割が 「満足する」 と答え、クリントン氏が候補に選ばれることに、黒人の8割が 「満足する」 と答えている。
でも。
オバマ氏が候補に選ばれることに、「ものすごく満足する」 のは、黒人では8割に上るのに、白人の中ではがくんと減って38%に。
サウスカロライナ州の投票前の調査から、オバマ氏への支持が今回、黒人の中で急上昇するに従って、白人の間で落ちていったことが分かっている。

これからどうなるんだろう。
選挙戦、もっと熾烈になるのかな。
たまらないなあ、と思うのは、オバマ陣営も、クリントン陣営も、接戦が続けば続くほど、この数週間がそうだったように、お互いへの攻撃を強めるしかなくなるわけで。
互いへの攻撃を強めれば強めるほど、ジェンダーだとか、人種だとかが何となしに対立軸になってしまうわけで。

「黒人初の大統領」 が誕生しても、
「女性初の大統領」 が誕生しても、
それまでの過程で、私たちはたぶん、できれば直視したくないようなたまらないこの国の現実をたくさん突き付けられちゃうんじゃないか、と。
そんな予感がする。

最後に。
演説上手のオバマ氏の言葉を少し。

”(The election) is not about rich versus poor or young versus old, and it's not about black versus white.
This election is about the past versus future.”

ほとほと、うまいよなあ。
こういうのを一度、英語でぶちかましてみたいもんだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほーんと、ほれぼれするような名演説だね。
大統領になったらさぞ、名セリフをいっぱい残しそうな。

だけど、どちらがなっても歴史的な大統領だわよね。

誰にでもわかる言葉で、伝えたいことを伝える、
ってすごいね~。
洋書を読んでいても、
「あ~、こういう言葉をつかってコミュニケーション
 できたらどんなにお互い気持ちいいだろう?」って
思うもの。

でも、それをそのまま和訳すると、気恥ずかしくて
もぞもぞしちゃいそうだけど。

面白いのはGOPもそうだよ。
マッケインとローミーがかなりパーソナルな攻撃をしているけど、ダンナがマッケインがGOPの候補になったらヒラリーともオバマとも対等に渡り合える(支持率で)のに、ローミーになると全然勝ち目がないんだって。

だったらGOPとしては勝ち目のあるマッケインを選ぶと思うでしょう?だけどコンサバな人たちはMaverick(奇天烈な)マッケインがいけすかないと思っているのよね。とってもmyopicで笑えます。
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。