スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「な」の力 (再投稿)

毎日新聞のコラム「発信箱」に2回目を書きました。
タイトルは、

「な」の力
http://mainichi.jp/opinion/news/20120417k0000m070141000c2.html

一度、ブログにさらりと書いたものを、あらためて書きなおしたものです。

今回は、コラムに書ききれなかったことを、ここに書いてみようと思います。

ずーっと分からないことがひとつありました。
どうして、自分は合唱を続けているんだろう、ってこと。
ご存知の通り (いや、知らない人も多いだろうけど)、自分勝手な性格です。
人と何か一緒にやることは苦手です。チーム取材も下手だし、仕事でもたいてい一匹狼。
他人と合わせる、なんてこと、できません。
ところが、合唱って、「他人と合わせる」 べきものですから。
どう考えても、私が続けていられるわけない、はずなんですよね。

今回、このコラムを書くにあたって、色々と考えているうちに、気づいたこと。
書く、ということを生業にして20年。ずーっと言葉にこだわり続け、言葉を信じ続けながら、一方で、言葉には持ち得ないような音楽の力に憧れてきた気がします。
だから、ピアノにもあんな風にはまったわけだし、合唱にも。
特に合唱は、ピアノやソロで歌うのと違って、自分が下手でも、周囲が上手だと、それで幸せになれますから。
(私が、木曽センセのピアノレッスンをあれほど愛したのは、彼女が自分で弾いてくれたから、だったのかも。木曽センセの奏でる音色を聴いているだけで幸せだったからなのかも)。
自分一人では絶対に生み出せないような音色に包まれて、音楽の力に励まされてきたから、今まで、言葉の世界にしがみついてこられたのかもしれないなあ、と思うわけです。

佐藤賢太郎さんの 「春の思い出」 を初見で歌った時の、あの不思議な感覚は、今でも生々しく覚えています。
なんというか、言葉と、音楽が、手をつないで一緒に歩いている感じ?
どの言葉をとっても、この音形しかありえないと思えたし、この音形には、この言葉しかありえないと思えました。
初見で、ちっとも満足に歌えなくても、ただただ、心地良い、と思った。
数回歌っただけで、音楽も歌詞も全部心の中で鳴り続けてくれる感じがしました。

今回、記事にした 「前へ」 の時もそうでした。
練習で、初見で、歌い始めたら、うまくいえないけれど、言葉が音楽になって、音楽が言葉になっていく、そんな感じがしたんです。

私は、言葉を仕事にしてるから、コラムの最後には、「言葉の力をあきらめない」 と書きました。
それは私の決意表明でもあるわけです。
でも、本当のところ、佐藤さんの 「な」 の力は、言葉の力でもあり、かつ、音楽の力でもあるのだと思います。そういうところに私は一番胸を衝かれたのだと思います。

音楽では、思うような表現はひとつもできない自分ですが、せめて、言葉だけはあきらめず、伝えることをあきらめず、どうにかやっていこう、と思っているところです。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。