スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南三陸町へのボランティアツアーに参加してみました

先週末、南三陸町へのボランティアツアーに参加しました。
1泊2日。土曜日の早朝に東京駅を出発し、新幹線とバスを乗継ぎ現地へ。
地元ボランティアセンターに登録し、その日の作業を割り振ってもらって、1日目は2時間ほど作業。
夜はホテル観洋に宿泊し、2日目は5時間ほど作業し、温泉で汗を流した後、新幹線で帰路へ、というツアーです。

昨年、東日本大震災をアメリカで迎えて以来、ずっと心にしこっていたもの。
昨夏、日本に戻って、家族で仙台の義父母宅を訪ねても、石巻などの被災地をめぐっても、あるいは取材で被災地に行っても、やっぱり納得できないものがずっと残っていました。
ボランティアツアーに参加しよう、と思いたち、それから、「もしかして、私みたいに今も迷っている人がいるなら、その人たちに届けられる記事になるのかも」 と気づき、職場の企画会議でも提案してみることにしました。
その結果、個人で参加するはずが、仕事として参加することになりました。

どうせなら、できるだけ、多くの人にとってハードルの低いツアーを選び、読者に届けてみよう、と思いました。
バスツアーではなく、新幹線利用に。
ホテル泊で、露天風呂のある温泉付きに。
それでも、新幹線で移動時間を短縮できる分、ボランティアの作業時間も2日間確保できるものに。
そんな基準で、JTBさんの今回のツアーを選んだのでした。

中身は、この記事に書いたとおりです。

東日本大震災 週末ボランティア体験記 一人じゃ何もできなくても
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120328dde012040060000c.html

新聞記者として参加した、というよりは、個人として参加したかった思いのほうが強かったので、今回はあえて、いわゆる取材行為のようなものをほとんどしていません。
私が記事中で紹介しているような話は、一緒にツアーで出かけた仲間全員がほぼ共有できている物語です。
夜の食事の時の自己紹介で、あるいは、温泉で湯につかりながら、あるいは、相部屋で布団を並べて、私たちは色々なことを語り合ったし、お互いに様々に切実な思いをかかえてこのツアーに参加したことを、知り合いました。
だから、記事の主語に、「私たち」 を使っています。
たぶん、「私たち」 なんて主語を新聞記事で使ったのは、私にとっては、初めてのことだと思います。

もっと貪欲にそれぞれの参加者や、南三陸町の方々の話を 「取材」 していれば、
あるいはもっと貪欲に、より良い写真を撮影することに時間を割いていれば、
もしかしたら、もっと意味のある、人々に伝わる記事になったのかもしれません。
そういう意味では、またしても、プロ失格だよなあ、という思いもあります。
でも今回は、私自身が参加者の一人であることのほうを優先したかったんです。
それが自分の立ち位置だったし。
「ボランティアに行ってみたい。でも行っていいのかしら。役に立てるのかしら」 と悩んだり迷ったりしている人にとっては、今回のボランティア経験を通して、「記者として見えたもの」よりも、「ツアーの一参加者として見えたもの」という情報の方が、意味を持つのではないか、とも思いました。

100人いれば、100通りの出会い方があっていいんだと思います。
自分の目で見て、自分の手で触れたことで、あらためて、「被災者」なんて言葉で束ねられない、束ねてはいけない人々の思いと暮らしに出会うことができました。
受け入れてくださった現地のボラセン、志津川の漁師の皆さん、ホテル観洋さん、JTBの皆さんらにも感謝します。それぞれの現場で、一人ひとりが、単なる仕事に終わらない思い入れを抱えて、動いておられることを知りました。

私がここに書いたのは、体力に自信がなくても、筋力に自信がなくても、特殊な資格や能力がなくても、その人なりにその土地に出会い、そこに暮らす人に出会える、ボランティアの「最初の一歩」のようなものです。
次の一歩がどんなものになるのか、まだわからないけれど、少しずつ探していこうと思います。

このツアーの仲間に、一人の看護婦さんがいらっしゃいました。
「職場の若い看護婦が、その職能を活かしたボランティア活動をするために、今も被災地に入ってます。私は職場では、それの後方支援。でも、今回は、看護婦としてではなく、ただの一主婦として、ボランティアをしてみたかったんです」
私の心のとても深いところに響いた言葉となりました。

私もたぶん同じ。
新聞記者としてではない形で、できることを探していたような気がします。

去年のあの日、うずめることのできなかった7000キロの距離を、こうやって一つひとつ、詰めていきたいと思っています。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。