スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ今なお、向田邦子なのか、という記事

再就職して最初に与えられたテーマは、「没後30年 向田邦子さんブーム」 でした。
「没後30年、は夏の話なので、今さらもう遅いんだけど、まあ、読書の秋ってことで」 などとデスクからこのテーマを告げられたとき、ああ、これは、デスクの厳しくて温かい思いやりなんだな、とわかりました。

私が向田さんのファンであることは、当然デスクは知っていたはずだし、
だからこそ、再就職第一号の記事テーマとしてはふさわしい、と配慮くださったのだろうし、
一方で、「だからこそ、つまらん記事を書いてくるなよ」 という意図もビシバシと伝わってくるわけで、
これは大変な課題をのっけからいただいてしまったわ、というのが、私のホンネなのでした。

おまけに、夏にブームだった話を、はて、どうやって料理すりゃいいんだ? 

わけもわからず、夏の間に出版された関連書を読み漁り、ある方に取材依頼したけど諸事情あって断られました。
でも、不思議なことってあるもので、その方が、取材を断る電話の中で、私に言った一言が、結局今回の取材の方向を決めてくれたのでした。

「人はね、他人の記憶を頼りにしても仕方ないんだよ。
 自分自身の家族の記憶、生活の記憶が必要なんだよ」


それまで、「向田さんの作品を読むと、どうして、自分自身の家族の記憶がよみがえるんだろう……」 というところでとどまっていた私の前に、すうっと1本の道が開けたような気がして。
その向こうに、津波によって水と泥を被った家族アルバムと、それを懸命に修復するボランティアの学生さんたちが見えた気がしたのでした。

最初から絵を描いて、帳尻あわせのように取材してしまうのがイヤで、どこに向かうのか分からないまま、取材した今回の記事、どこへ向かうのか自分でもドキドキしましたが、最後はこんな記事になりました。

花こぼれ、なほ薫る 今も向田邦子作品--という理由


4年ぶりに新聞記者の仕事を再開するにあたって、言葉の持つ力について思いめぐらせることができたのも、貴重な時間となりました。
あれこれ戸惑うことの多い毎日ですが、また、ジタバタとやってみよう、と思っています。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。