FC2ブログ

アメリカ3度目の年越しは……

クリスマスツリー、ばっちし、で始まった我が家の師走。
今回も、キリスト教徒でもないくせに、思い切り派手にクリスマスを祝ってやるぞ、と張りきっていたのに。
なんだか、苦労の多い師走となった。

12日 電話会社が近所の配線工事をしている関係か、電話が不通になる。
    なぜかインターネットもつながらなくなる。

14日 インターネット接続会社の修理がやってくる。
    シューズカバーを靴につけてくれず、部屋の絨毯は泥だらけ。
    ネットは復旧するも、修理の6時間後、再び、ダウン。

15日 電話復旧。しかし、ケーブルテレビもまったく映らなくなる。
    テレビに続いて、息子が故障、いや不調。ウイルス性胃炎か?

16日 テレビもネットもひとたび復旧。技術者の派遣をいったんキャンセルする。
    息子、胃を抱えてうずくまる日々。

18日 テレビもネットも再びなぜかダウン。もはやうんともすんとも言わない。
    息子を医者に連れて行き、薬をもらう。

19日 ワシントンDC郊外、歴史的な大雪。
    息子は病人、テレビとネットは故障中。とほほな週末。

22日 インターネット接続会社の修理再び。「家の外のケーブルがいかれちゃってる。
    最近、このあたりで工事があったでしょう?」。

で、今に至る。
結局、電話会社の配線工事の途中で、我が家のケーブルテレビとネットのケーブルが傷つけられてしまったと思われ。現在、新しいケーブルの敷き直しを待っているが、インターネット接続会社に電話しても、「まだスケジュールは組めていません。決まったらこちらから連絡します」 の一点張り。おまけに、家の外はまだ雪深く、雪のせいで今年中の工事はとうてい不可能ではないか、と。

そんなわけで、
テレビもなし。
ネットもなし、の年越し。
紅白歌合戦、みられへんやんけ……ってアメリカだからどうせ見られないんだけど。
いや、日本にいたって、たぶん、見ないんだけど。
テレビは良いとしても、やっぱり、ネットは常時接続でないとすごーく不便だ。

まあそれでも。
息子が1週間以上かかったものの、ようやく胃痛から復活。
1週間の、お粥生活で2~3キロ痩せたそうだが、こっちは看病ストレスで2~3キロ太ったんだから、いってこい、でOK……なわけないだろーっ。ちくしょー。
(息子が元気な時は、シーズンオフのトレーニングに付き合って、私も週に2~3回は20分泳ぐか走るかしてきたけど、これも息子の病気で中断。あっさり太ってしまったのさ)。

息子の胃がまだ万全でなかったため、今年のクリスマスイブはトリの丸焼きもクリスマスケーキもなし、です。
我が家では、ツリーだけが、上品に、輝いております。

今夜から、我が家は念願のコスタリカ旅行。
病み上がりの息子と、逆に、一昨日から鼻風邪を引いた私と。
なんか先が思いやられるけど、
野生動物をいっぱいみて元気を出すぞ。
ナマケモノをいっぱいみて、ますますナマケるぞ……??

今年もお世話になりました。
来年もヨロシクお願いいたします。

おぐに

スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク