スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持つべきものは近所のレストラン?

先週は参った。
とある取材が予想をとんでもなく超えて長引いて、午後6時半を過ぎてしまった。
息子はこれまで、7時までしか一人で留守番したことがない。が、今から大あわてで帰っても帰宅が7時を過ぎるのはもう確実。
とにかく事情を説明しようと自宅に電話したが……誰も出ない。

一瞬、肝が冷えた。
どう考えても学童保育からすでに帰宅しているはずの時間なのに。
いったい息子はどこにいる?

携帯電話の履歴を見ると、見慣れない電話番号が。
とりあえず、返信してみると、同じマンションで同じ学年の女の子が「はい、もしもし」。
彼女に事情を聞いたところ、息子は自宅の鍵を学童保育に忘れてきたために、家に入れなかったらしい。「たぶん、学童に鍵を取りにいったと思うよ」と教えてもらったのだった。

息子には常日頃「鍵がなくて家に入れない時は、同じマンションのお友達のおうちで電話を借りて、母ちゃんに電話しなさい」と仕込んできた。仕込んだ甲斐あって、息子はちゃんとお友達のおうちで電話を借りて私に電話したのだ。
ただし、母ちゃんは取材中で、電話に出られなかったんだけれども。

次に大急ぎで学童保育に電話する。
「10分ほど前に鍵を持ち帰りましたよ~」と教えてもらう。
ならば家に着いているはずなのに。
不安がムクムクムクムク。
途中で怖くなってる?
交通事故?
も、もしや誘拐?

帰路を急ぎつつ、もう一度自宅に電話しようとしていたところ、携帯電話に電話がかかってきた。
「もしもし!」
意気込んで出ると、
「母ちゃん……」と涙声。
どうやら家にきちんと入れたらしい。よかった……。

「どこにいるの? 何時に帰ってくるの?」と涙声で問われ、このまま一人で留守番は無理、と判断。
「とにかく。あのパスタ屋さんで待ち合わせしよう」と打ち合わせる。
近所のパスタ屋さんのお兄さんが優しい人で、「息子さんが一人でお留守番するのが不安になった時は、うちで一人で来て食べながら、ここで母ちゃんを待っていていいから」といつも言ってくれているのだ。
(お店のお兄ちゃんはそういえば、私のことを、「母ちゃん」と呼ぶ……ちょっと複雑だ)。

レストランで落ち合うと決め、電話を切った後、今度は大急ぎでパスタ屋さんのお兄さんに電話。「……ということで、すみませんがよろしく」。
ああ、持つべきものは、近所のレストラン~。

それから25分後、私も店に合流。
息子は、さっきの涙声などとこへやら、一人でテーブル席を陣取り、トマトソースのパスタを元気よく頬張ってました。
「ごめんね~。一人で怖くなっちゃったの?」と尋ねたら、息子は一言。

母ちゃんが酔っぱらって交通事故に遭ってたらどうしようと思って

どきっ。
「ま、まさか仕事中に、しかもこんな夕方から飲むわけないでしょ!」と普段だったら言い返せるのに。
実はこの日、取材中に相手と盛り上がり、夕方4時から生ビール、そして5時からウイスキーをロックで飲んでいた私でありました。
私は私で、息子の交通事故をとても心配していたのだけれど。
息子は息子で、私の交通事故を、それも「酔っぱらって」の交通事故を想像し、本当に怖くなっちゃったわけで。

なんかちょっと反省。
お店のお兄さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。