スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★シプリアン・カツァリスのピアノコンサート

★シプリアン・カツァリスのピアノコンサート@浜離宮朝日ホール

今年はこのホールで、「ショパンとリストの夕べ」と「ビバ!アンコール」の2プログラムがあったのですが、グリーグの抒情小曲集を生で聴きたい、とそれだけの理由で「ビバ!アンコール」の方を選びました。
おかげで、短い曲ばかりものすごい曲数です。

プログラムは、前半が、

グリーグの抒情小曲集から5曲。
シューマンは「トロイメライ」など2曲。
ショパンは「雨だれ」と、おなじみの個性派「ワルツ嬰ハ短調作品64-2」。
シューベルト作曲リスト編曲の「セレナーデ」と「アヴェ・マリア」。
ワーグナーの歌劇でリスト編曲の「イゾルデの愛の死」。

後半はさらにあれもこれもで、

ミシェル・ソニーの「追憶」「ハンガリーのスタイルによる3つの練習曲」。
バッハの「トッカータとフーガニ短調」をカツァリス自身が編曲したもの。
モーツァルトの「おもちゃの交響曲」(キャメロン編曲)。
マスネの歌劇「タイス」より「タイスの瞑想曲」。
チャイコフスキーの「四季」から「秋の歌」
プロコフイエフの「10の小品」より「前奏曲ハ長調」作品12。
そしてお馴染みグラナドスの「アンダルーサ」作品37。
アルベニス「タンゴ」(ゴドフスキー編)。
最後に、アンコール曲っぽさナンバーワンの、ゴットシャルク「バンジョー」(もちろんカツァリス編曲)。

ここまでで、22曲。
さらにアンコールが5曲。
計27曲!!!

結論からいうと、魂を奪われるような感動だとか、背筋が寒くなるような壮絶な演奏、とかそういうのとはまるで無縁でしたが、心から楽しめるハッピーなコンサートでした。
前半、実は、「この人、どこまで本気で演奏してるんだろう」と思うような瞬間もありましたが、後半どんどん盛り上がり、最後のアンコールではもう拍手喝采。

アンコール2曲目なんか、日本の「さくら」をモチーフに自身で作曲したいかにもな日本風のメロディーを極めて創造的に展開してくれて、客席も大喜びでした。
アンコールも5曲目になった時、「最後の曲です」と宣言し、弾いたのがメキシコの作曲家アルフレッド・カラスコの「アディオス」。
この茶目っ気というか、サービス精神というか……。

(ご興味のない人もいるだろうから、以下は追記にだらだら書きます)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。