スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの日」という記事

先日、新聞の憂楽帳というコラム欄にこんな記事を書きました。
ここのエントリー「おめでとうばかりじゃなかったよね」の後、紆余曲折を経て、この秋から数カ月間担当することになったコラム欄にて書いた、というわけです。

色々な批判を覚悟で書いた記事ですが、予想に反して、会社に寄せられた手紙、電話、メールのほとんどが好意的なものでした。
一方、先のエントリーのほうに何通か、「命の誕生を『おめでとう』と祝福することがいけないことですか?」などの批判をいただいてます。こちらもまた、いい勉強になりました。

今回の記事で書きたかったのは、祝福の是非ではなく、「街の声」という取材についてでした。
「おめでとう」の笑顔にも、その人その人で様々な祝福の形があったろうに、それをメディアの「街の声」取材はきちんと拾うことができていただろうか、という疑問です。
これは今回のことに限らず、私自身が新聞記者になって何度も直面した問題です。

社会部時代、何度も「街の声を拾って」とデスクに言われ、行き交う人に声をかけては、短いインタビューをしたものです。
是非が問われている問題では、賛否に偏りが出ないように談話を集めました。
渋谷では若者、新橋ならサラリーマン、山村ならば農業を営む人たち……その街の典型的な談話をつい探してしまう自分がいました。
せいぜい11字詰め10行足らずの談話は、「いかにも」の記号みたいなもので、その人でなければ語れない言葉だとか、その人が本当に語りたかった言葉を、とうていすくえてはいない、と痛感し、取材するたび、考え込んでました。
「街の声」をどう報道していくのかについては、私自身、まだすっきりと答を出せていません。

また、今回の記事を書くにあたって、一番、自分の中で最後まであったモヤモヤは、「メディアの中にいる者がメディアを外側から批判するような書き方ってどうだろう」という点でした。
でも、字数に限りがあったことで、その点に言及するのはあきらめました。今回、自分なりに自分の部署で書こうと努力を重ねた末に1カ月かかってようやく文字にしたように、こちらも今後の自分の宿題にしていくしかないなあ、と踏ん切りをつけました。

「命の誕生を『おめでとう』と祝福することがいけないことですか?」などの批判については、原稿を読んでくださると分かるように、私自身はまずは新しい命の誕生に「おめでとう」と思いましたし、誰かが「おめでとう」と思うことを抑えつけるような社会は私ももちろんいやです。
祝福の色々な温度差や多様性を受容できる社会であってほしい、とも思います。
また、「薄っぺら」だと私が書いたのは、主にテレビの「街の声」の報じ方のほうで、「おめでとう」と思った方々のことではありません。

反省点を一つ。
「社会も、人間ももっと多様だよね」「メディアに身を置くものとして、できるだけ紋切り型のコメントを並べたような記事ではなく、多様な人と社会を描きたい」という思いで書いた記事の中で、「メディア」と「女たち」をひとくくりにしたのは、失敗だったな、と今読み返して思います。
短い行数の中で、それでも「ひとくくり」をできるだけ避けてどう書いていくのか。これまた私の宿題です。

色々な人が、色々な思いを守り、生きている社会であってほしいし、
それを「わかりやすい物語」に頼らず描いていきたいなあ、と。
今回の記事にさまざまな反響やご助言をいただいたことで、よりそんな思いを強くできました。
ということで、みなさま、感謝!。
スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。