スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不忍池をランニング・1

たぶん、ものすごくまずいんだと思う。
私の体脂肪率。
怖くて書けない。
でも、きっと、もっとまずいのは運動不足。

かつて息子を産んで数年間、ジムに通っていたことがある。
なぜか。
子育てに時間が取られ、今なんかよりずっと仕事に時間を振り分けられなかったあのころ、真剣に決意したのだったっけ。
「体力つけてやる! 今から体力をつけておいて、いつか子育てを卒業した時、萎えざる精神と老い知らずの肉体で、バッサバッサと仕事してやる!」

ほんと、切実な思いで運動した。
体脂肪率は今より5%低かったし、
体重も3キロほど軽かった。
何より腕に、太ももに、筋肉がついていて、多少歩いても、走っても、息が上がらなかった。

しかしっ。
息子が成長するに従い、仕事量は増えていき、段々とジムに通う時間まで仕事に取られていき、気付けば月1回しか通えなくなり、「おいおい、1回1万円のエアロビクスかよ……」というような事態に至り、結局、ジムを辞めた。

次に始めたのが自転車通勤。
これは1年半続けた。
が、もともと運動神経も反射神経も鈍い私だから、即座にブレーキを踏むとかできないのよね。
事故を起こした。
怖くなって、自転車通勤も辞めた。

それ以来、なんの運動もしていません。
ちょっと歩くと疲れる。
背筋も、腹筋も、どこの筋肉もふにゃふにゃ。
このままでは長生きもできそうにない。
夫より1日でも長生きして、「正義は勝つのだ、ガハハハハ」(意味不明)と高笑いするという目標も、果たせない気がする。
まずい。

……てなわけで、野球少年の息子に「ねえねえ、一緒にランニングしようよ」と誘ってみることにした。
一人じゃ3日坊主間違いなしだが、息子と一緒なら、母ちゃんの意地で乗り切れるかもしれない。

本日、小学校の保護者会で早い目に帰宅したので、早速走ってみることにした。
メンバーは私と息子。それに息子の同級生で野球仲間のSくん。
不忍池まで自転車でレッツゴー。
600メートルくらいのコースを軽く2周した。
息子とSくんの後ろを「こらー、歩くなー」「足動かせ、足!」とコーチよろしく怒鳴りながら走る。
手下が2人もいる気がして、ちょっとえらそうで楽しい。
少年2人は、最後の50メートルぐらいになるとダッシュする。野球の練習の時の癖らしい。
悔しいが、この「ダッシュ」だけはついて行けない。
が、長距離ならまだまだ負けないかも。
「へへ。もう1周なら楽勝だぜ」という感じ。

次回は3周走る予定。
問題は、私が明るいうちに帰宅できないこと。
夜、夕飯の前に走ったら、今度は家で夕飯を作る時間がなくなるし。
ランニングのたびに外食というのもなあ。
……なんてすでに、続けられない言い訳を考えている私。

いつまで続くかなあ。
すでに、3日坊主になりそうな予感。
スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。