スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★凍 (著・沢木耕太郎)

★凍 (著・沢木耕太郎)

世界的なクライマー、山野井泰史さんと妙子さんというクライマー夫婦が2002年、ヒマラヤのギャチュンカン北壁を目指したノンフィクション。

心にくいっ、くいっ、と引っかかってくるものが多くて。
読み手のこちらがわのほうに、引っかけてしまう「突起」のようなものがそもそも多いテーマなのかもしれないけど、たぶん、それだけでなく、この本のクォリティーの高さによるものだと思う。

山野井さんが単独登頂直前に、雪と風の合間に見える一瞬の青空と頂をみつめながら、「早く頂上にたどり着きたい。しかし、この甘美が時間が味わえるのなら、まだたどりつかなくてもいい」と思うシーンなど、本当の意味では理解できないにしても、とても近付きたいというせっぱ詰まった思いにさせられました。
登頂した後の激しい疲労感の中で「無理をしすぎたかな」「生きて帰れるかな」「でもいい登頂だったな」と、ぽつんぽつんと思うあたりも。

でも、圧巻は、体調不良で頂上アタックはせずに下で待っていた妙子さんとの下降が始まる第7章「クライムダウン」からです。
雪崩に遭って、妙子さんが流されて、山野井さんとザイルでつながった先の妙子さんの生死が分からない状態で、山野井さんは「死んだのならザイルを切らねばならない」と冷静に考えるんですよね。でもザイルを残さねば自分も降りられなくなるから、妙子さんの死体のそばでザイルを切るしなかいな、と。
一方、意識がまだあった妙子さんは自分の意志で壁に張り付き、ザイルをカラビナから外し、「はずした先を見れば、山野井はすべて理解するだろう」と考える。実際、山野井さんは、引きちぎられたのではなく、外されたザイルの先を見て、「妙子は生きている」と確信するわけです。

登攀のパートナーであり、夫婦でもある、という関係って、私にはとても想像できないのだけど、何度も何度もため息が出てしまったのでした。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

おぐにあやこ

Author:おぐにあやこ
名前■おぐにあやこ
生年■1966年 ひのえうま
仕事■07年秋まで新聞記者。仕事を辞めて渡米。11年、新聞記者に出戻り。
趣味■読書、歌、旅
目標■ちょっと背伸びして、
 疑問符を感嘆符に変える事
苦手■勧善懲悪


著書■
▼「薬(ドラッグ)がやめられない 子どもの薬物依存と家族」(青木書店)
「ベイビーパッカーでいこう 赤ん坊とザックかついでスペインの旅」(日本評論社)
「魂の声 リストカットの少女たち」(講談社)
「いいじゃない いいんだよ 大人になりたくない君へ」(共著、講談社)
「アメリカなう。」(小学館)
「アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた」(径書房、ミズノスポーツライター賞)
「?が!に変わるとき  新聞記者、ワクワクする」(汐文社、読書感想画中央コンクール課題図書、高校生の部)

訳書■
「自傷からの回復 隠された傷と向き合うとき」(みすず書房)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。